経済学名著50冊を1冊で

2019.03.15 Friday
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    「経済学の名著50冊を1冊でざっと学べる」本が出ています。

     アダム・スミスはもちろんマルクス、アマルティア・セン、トマ・ピケティ、ジョージ・ソロス、川上肇まで紹介されています。

     また、かなりくだけた表現でも自分の言葉にもかかわらず、科学的に紹介されていますので、大変面白く読ませていただきました。

     

     著者は、代々木ゼミナール講師、KADOKAWAで出版されていますが、私が読んだのはKindle unlimited版なので紙の本とは少し違いあるかもしれませんが、確認していません。

     

     それはさておき、この著者はマルクスの理解も敵対的ではなく反共的でもないところが惹かれます。もしかしたら、トロ(トロッキスト)かもしれません。でも、今は伏せときましょう。

     

     マルクスの理論の大切な点を概略的に示しているのではなく、感想的に述べています。『資本論』は「資本主義の仕組みを丸裸にする」本など、という表現で読者をひきつけます。「剰余価値」の搾取を簡潔な図入りでしめしてある点、数ある経済学本とは一線を画す読み応えがあります。

     そして、第3巻の資本流通の総過程の結論とでもいうべき「利潤率の低下の法則」を「資本主義は発展すればする ほど、資本家の利潤率が下がってしまうのだ」と説明しています。

     この考えは、実際の『資本論』では、「平均利潤率の傾向的低下」という章立てになっています。そこをこのレベルの著書で簡潔に説明しているというのがすごいところです。

     ところが、この理論を応用した「全般的危機論」は30年ほど前に論破されております。たとえば、「平均利潤率の傾向的低下」の法則は恐慌などとは関係のない話、利潤率の低下はあっても利潤の絶対量は増える、という考えもあるのです。

     その点の考慮が欠けているのがこの著書の難点かな、と思います。

     

     いずれにせよ、著者は『資本論』そのものは読んでいないと吐露しています。実際に読んだのはデヴィッド・ハーヴェイ の『 資本論 入門』だということですから、何をかいわんやですが、本当は解説する値打ちがないのですが、三次資料からでもこのレベルの解説ができる能力は褒めてあげたいと存じます。

     また、そのハーヴェイを引用して、「 今の時代だからこそ 面白い」と思える内容を見つけられるはずだ、と主張している点も著書の紹介者としては合格と言えますね。

     

    p.s.

     だいたいこの手の本は「マルクス」の理解のレベルを見れば、全体の解説レベルも分かります。

     また、「平均利潤率の傾向的低下」(ドイツ語からの直訳)は、マルクスが概略的に発見したもので真理は真理だけれどその意味を正確に解釈する経済学者はいまだ出てきていないのです。

     

     

     

     

    経済・税財政論・会計学|-|-|-|-|by ネコスキイ

    福島原発事故made in America

    2019.03.11 Monday
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

        みなさん

        「3.11」と検索して10円寄付しましたか?

       

       その検索の中で面白いことを発見しました。

       福島原発事故の責任はアメリカの企業にある。という論理が、アメリカの訴訟で語られています。

        東日本大震災で被災した人々を救援するための「トモダチ作戦」に従事した在日米軍人が訴えを起こし、それが裁判所で棄却されたたためにニュースになっています。 

        そのアメリカ企業とはGE(ジェネラル・エレクトリック)です。これは元はエジソンの会社、エジソンは偉い人でおなじみです。

        この裁判で使われた考えは、なかなか面白い論理明解性があります。

       

      GEは、1960年代、原子力産業で優位に立つため、安全の専門家が懸念するような、“標準よりも非常に小さく、安全性の低い格納容器を搭載した品質の悪い原子炉”を提供したこと、
      GEは、原子炉が地震や津波などの自然災害のリスクに耐えられない可能性がある設計であると知りながら、その原子炉を福島第一に設置したこと、
      GEは、当初、原発を海抜115フィート地点に建設する予定にしていたが、コスト削減のため、海抜が低い位置に変更、太平洋により至近に建設したため、津波などで起きる洪水のリスクが大きく高まったこと、
      GEが設計した原子炉は、放射性物質を拡散させるメルトダウンを引き起こしたが、それは原子炉の設計と建設場所を考えれば、完全に予測できるはずだったこと、また、事故に際して起こりうる放射性物質の拡散を防ぐための安全対策を十分にしていなかったこと、
      ➄GEは、現在まで、その行動と失敗が引き起こした莫大な経済的破壊に対して、全然弁償していないこと、

      (飯塚真紀子 在米ジャーナリストのボストン紙からの引用)

       

       われわれ日本人からすると、いや、アメリカの責任を問う事を忘れた人間からすると(日本共産党および良識派以外)、こういう考え方は出てきませんね。

       日本独占資本主義とアメリカ帝国主義という「二つの敵」論、現在では社会変革を阻む二つの要因が絡み合って起こされたことが、以上の報告によって鮮明にされています。

       

       この点で重要なのが、この二つの阻害要因になっている具体的表れが日本政府だということを認識することです。

       日本政府が、原発建設を容認しなければ、GEの営業とアメリカ技術者の苦悩はあり得なかったのです。

       

       ここに、「二つの敵」をアウフヘーベンした、高度な「一つの敵」論が生まれてきます。

       簡単に言えば、日本社会の害は、

       

       「日本政府にあり」!!

       

       と言えり。

       

       

       

       

       

       

       

       

      科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

      核兵器ある限り未来なし!!

      2019.03.03 Sunday
      0

        JUGEMテーマ:ニュース

         

          新聞の書き方が悪いのか、トランプ氏のしゃべり方がわるいのか。

          テレビでもラインニュースでも、

         

          核兵器ある限り「未来ない」

         

         とアメリカ大統領が語っています。

         耳を疑いました!ついにトランプ氏が核兵器を廃絶するのかと。

         

         主語をはっきりさせないと、反射的に自分のことになってしまう典型です。

         正しくは、「北朝鮮は核兵器ある限り未来なし」と言いたいようです。

         

         しかし、一種の皮肉にも聞こえて、これはアメリカにも中国やロシアにも言えることではないでしょうか。

         福島原発事故の反省で、「原子力の平和利用」という言葉を控える動きがあり、経済的にもペイしないので原発開発から撤退する企業や国も世界ではあらわれています。

         

         1万年後はどうかわかりませんが、当分の間は

         

         原子力発電所と核兵器ある限り「未来」なし

         

         とも言えるのではないでしょうか。

         奇しくもトランプ氏の発言も報道で「核」勢力の墓穴を掘った感じを受けました。

         

        p.s.

           「社会主義国」と言われるベトナムで米朝会談が行われ、両国関係の維持に「成功」?したのですが、肝心の北朝鮮の核兵器廃絶とアメリカの制裁解除の目的は達成されなかったようです。また、日本にとって拉致問題解決はまた遠のいたように見えます。

         それにしても、侵略されたベトナムが「社会主義国」であってもこんなに発展するのだよと北朝鮮に見せつけたことだけがクローズアップされています。金正恩とは別動隊の幹部はその現実を見せつけられたことでしょう。

         ここで大切な観点は、ベトナムは現在「社会主義国」ではないということと、北朝鮮が目指していたのは「社会主義国」ではないということを理解することです。ほんとうの社会主義国ならアメリカは付き合わないでしょう。

         

         

         

         

        歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

        平成天皇と殉死するもの

        2019.02.28 Thursday
        0

          JUGEMテーマ:読書

           

           夏目漱石は「こころ」で明治天皇と時代に別れを告げました。形態は主人公の自殺という比喩的仮託をとりましたが、それは間違いない文学観だと思います。

           

           さて、平成天皇は「崩御」ではないですが、これだけ「平成最後の・・・」と喧伝されれば、それなりに「殉死」する人や事柄が出てくるのではないでしょうか。

           茶会に招かれた方々を見ても、まさに「平成」を彩る人がずらりとならび圧倒されてしまいます。

           中村吉右衛門氏など畏れ多くてお話もできなかったということですから、万民平等の日本でも「天」に相当する人がいると考えていいのでしょう。

           「天は人の上に人を作らず」とは福沢諭吉の「学問のすすめ」の冒頭です。

           この「天」に相当するのが、今はもしかしたら「天皇」なのかもしれません。

           

           この「天」ともに「殉死」するものは何かないか考えていました。

           ふと思ったのは、もしかしたら「民主主義」なのではないかと。

           

           そう思うと背筋がぞっと冷たいものを感じ始めました。

           しかし、その伏線はいろいろとあると思います。それはこのブログで縷々述べてきたので読み返してください。

           

           でも、そうならないように努力するのが巨大な21世紀の人間なのです。

           期待しましょう。

           

          p.s.

             2019年5日1日、共産党系のメーデーは行われるのか、おこなわれないのか。That is the question!

           

          歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

          万歳せよ2019

          2019.02.25 Monday
          0

            JUGEMテーマ:ニュース

             

             今年の3月1日は、日本占領下、朝鮮半島の独立運動を始めた画期的な日だとされています。

             

             3月1日、「独立宣言」を読み上げ、万歳三唱したというのです。もちろん弾圧の対象でした。

             独立の宣言は、アメリカ大統領ウィルソンの14か条の影響のもと、民族自決が叫ばれた時期でもあったわけです。

             そのウイルソン大統領はレーニンの平和の布告に対抗するための平和原則を出さざるを得なかった経緯もありました。

             

              「吾らはここに、我が朝鮮が独立国であり朝鮮人が自由民である事を宣言する。これを以て世界万邦に告げ人類平等の大義を克明にし、これを以て子孫万代に告げ民族自存の正当な権利を永久に所有せしむるとする。」

             

             宗教者など33名が死をも覚悟のうえで、宣言し、タブコル公園を起点に数千人のデモまで行われた大衆的な運動でした。

             

             1910年 朝鮮、日本への併合

             1919年 3・1独立運動

             1945年 日本敗戦・朝鮮解放

             

             1910年よりも前からの侵略的・屈辱的な支配をしてきた日本に耐えかねた誇り高い朝鮮民族は、この日をいつも忘れず、自己改革していくことでしょう。

             西大門監獄やタブコル公園を訪ねてみて、人間の独立性、誇りを傷つけられた民族は必ずそれを取り戻す努力をすると確信しました。

             ここに民族の国際連帯の可能性を見る思いでした。

             

             2019年2月24日、沖縄の県民投票で米軍基地の辺野古移転に7割の力で「ノー」を突きつけましたが、投票率が5割しかないなどとケチをつける勢力とコメントしないアメリカもあり、日本政府はこの結果を無視しています。

             県民投票に法的拘束力がないとしても、法があれどもまもらない政府は、何を基準に判断しろというのか。

             ここで答えを出すべきです。

             国際連帯を期待します。

             

             

             

             

             

             

              

             

            科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

            桑田佳祐と「男はつらいよ」

            2019.02.21 Thursday
            0

              JUGEMテーマ:映画

               

               これまで何故山田洋次監督がオファーしなかったのか不思議なくらいです。

               それぞれが忙しく関係性をもてないまま、50年たったということでしょうか。

               

               「男はつらいよ」第50作。

               記念すべき映画です。

               思い焦がれてきた人と再会した!!というテーマはワクワクしますね。

               昔の「君の名は」です。

               何十年かぶりの同窓会という感じでもあります。

               

               さらに、桑田氏がテーマ音楽をつくり、出演もするというのですから、本当に興味あるものに仕上がるでしょう。

               「ひよっこ」にも出演し、音楽も担当したマルチな人ですから、何かやらかすでしょう。

               やっちゃえ、桑田!!

               

               型にはまらない人間性の発露、それが寅さんなのです。

               リチャード・ギアも喜びますね。

               そう、ついでにギア氏も友情出演したらどうかな。オランジーナでももって。

               

               ロケ地はフランス南部(ゴクミが住んでいたところ)、北海道富良野(吉岡のドラマの舞台)、湘南・茅ヶ崎(桑田の地元)、中国・大連(監督の少年時代に住んでいたところ)、東北東海岸(震災関連)などが面白いと思います。

               ・・・・叔父に似て放浪好きな甥(吉岡)が立ち寄ったのが富良野の村。昔から思いを寄せていた女性(ゴクミ)は夫の仕事の関係で南フランスに移住していた。奇しくも東日本大震災が発生。家族が心配で、甥も女性も東京に帰ってくるも、交通も仕事も大混乱。二人とも家族が福島にいると知り救援物資をもって駆け付ける。そこへミュージシャンとして名を成した桑田が芸能界に疲れ果てて「フーテンの寅」よろしく、震災のボランティアとして駆け付ける。皆に押されて「TSUNAMI」を歌っているところに、桑田のファンだった甥と女性が偶然立ち寄る。

               そこからドラマが始まる・・・・・・・

               

               というのはどうでしょうか。

               

               

               

               

              映画談義のパラディソ|-|-|-|-|by ネコスキイ

              ジョニー・デップと水俣病

              2019.02.18 Monday
              0

                JUGEMテーマ:映画

                 

                 ジョニー・デップはご存知、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」でも有名です。

                 「チョコレート工場」も見た人も多いと思います。

                 

                 アメリカの俳優は有名になると社会性を帯びた作品に転身することも多いので、デップもその方向に来たかなというイメージがあります。

                 今回、主演するらしいのは「水俣病」を写真に収めたジャーナリストを演じるというので驚きました。

                 世界の「ミナマタ」のなで、「ノーモア・ヒロシマ」と同じくらいの扱いなのでしょう。

                 

                 公害患者との対話を綿密にしてリアルな映画に仕上がるよう期待します。

                 内容はまだ不明ですが、「経済との調和」を謳った公害対策の悪徳を暴いていってほしいと思います。

                 

                 公開時期は未定です。

                 

                 

                 

                映画談義のパラディソ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                天皇の謝罪について

                2019.02.14 Thursday
                0

                  JUGEMテーマ:ニュース

                   

                   「従軍慰安婦」について、天皇の謝罪を韓国国会議長が求めている件について、時代錯誤と日本国憲法についての理解不足があると考えます。

                   まず、現憲法下で天皇は政治的権能を有さないので、たとえ謝り、手を握ったとしても政治的意味のないことなのです。

                   また、戦争責任も現天皇にないとは、誰しもわかっているので、韓国議長の発言は「怒る」のではなく「諭す」ことが大切です。

                   

                   ただし、この問題については、日本政府としては謝罪するに値するのです。このことを棚上げにして、天皇謝罪要求にたいしてだけ抗議するなら、責任逃れのカムフラージュとなるのです。

                   昭和天皇の戦争責任が追及できなかったことが、この流れを作ったのでしょう。

                   韓国人、朝鮮民族が「昭和天皇」憎しと思う気持ちが、韓国議長の行き過ぎた発言につながったと考えるのが自然です。

                   

                   韓国国会としても、この発言の背景を探るよう議論してほしいと考えます。

                   

                   

                   

                   

                  歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  なおみ節全集

                  2019.01.24 Thursday
                  0

                    JUGEMテーマ:スポーツ

                     

                     テニスの大坂なおみ選手のウィットとユーモアのあるインタビューは、世界の人々を席巻し和ませています。

                     なぜ、そうなるのか?

                     これから、ここに、大坂なおみ選手の言葉を列挙し、その哲学的意味を模索したいと思います。

                     

                     【2019.1全豪オープン】(朝日新聞デジタル1/24より)

                     〇「3カ月やそこらで自分が変わってしまったら、それは悪いこと。最大の変化は、私が一番広い会見室にいること」

                      この言葉で彼女は、自分を変えないという自己統一性・首尾一貫性を強調。変化は外に求める意志の強さを表現しました。


                     〇「知りたいの? 人の体重をそんな風に聞くべきじゃない。とにかく、分からないの」

                      マスコミが大衆の目と耳であることを捨象し、女性の人権とプライヴァシーを擁護した反権力の思想を表現しました。
                      

                     〇「優しく触れるのは苦手。間違って踏んじゃったりしそう。あの子たちはみんな、捕まえるのに慣れていそうだと思ったから」

                      コートに入った虫にさえ思いやりを持つ繊細さを持ちつつ、大胆に行動する気丈さを表現しました。

                      

                     〇「あなたが教えちゃったから、私はとっても意識してしまう。もう、これからは、悪いことなどはしないようにする」

                      スターをとらえるカメラにも気づかない集中力で、逆に意識過剰になって善業を積むという表現です。
                      

                     〇「私は握手というものに慣れています。誰でもハグをしようとこっちにくると、すごく困惑します。私のハグは最悪とも言われているの。本当にその人たちのことを知っていればいいけど、誰かをハグすることは私にとって理想的な状況というわけではない。本当に誰かのことを分かっているわけでもないの」

                      日本人的感覚をもっていて接触に敏感であり、欧米的感覚とは一線を画し、それが世界の一般とする常識に異を唱えます。

                     

                     

                     

                    スポーツしよう|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    超富裕層26人で世界分割

                    2019.01.22 Tuesday
                    0

                      JUGEMテーマ:学問・学校

                       

                       ダボス会議で報告された資料によると、たった26人の超富裕層が38億人分の収入を得ている、ということです。

                       そして、その富が一層集中しているとも言われています。

                       アマゾンのトップの財産の1%あれば、約1億人のエチオピアの保健予算が賄えるとも報告されています。

                       

                       このような世界に誰がしたのか?

                       税制がそもそもおかしいのは誰も分かっているはずです。

                       上位10%の人は下位10%の人よりも税率が軽いということも分かっていたはずです。

                       

                       各国の税制は国家主権ですが、国連の方でいっちょこの点を揉んでいただきたいものです。

                       1. 租税条約だけで十分でないということ

                       2.「所得上限」を定めること

                       3. 最低所得を決め、それを下回る場合は国際援助をすること

                       

                       来年のダボス会議でさらに富の集中がもし進んでいたなら、世界の政府の無能をさらけだすことでしょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                      科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ