来た!! ボヘミアン・ラプソディ

2018.11.12 Monday
0

    JUGEMテーマ:映画

     

     この映画は最近公開された世界でも有名なロック・グループ「QUEEN」の結成から、ボーカルのフレディ・マーキュリーの死までを描いたものです。

     個人的には、経歴について色々と知っていたので、もっと大河ドラマっぽいのを期待していたのですが、あまりそれを求めないにしても社会性に乏しい映画になりました。

     ラストの方で、ゾロアスター教の父に善き事をせよという言葉どおりに、アフリカ・エイド・ライブに出演、大きな共感を呼びました。

     このブログでも漫画家の松本零士氏が絶賛している「ボヘミアン・ラプソディ」のCDを宣伝しているように、私の基調に流れる精神というか通奏低音は、この社会性であることは間違いありません。

     

     テレビの映画紹介では、最後の20分はみんなロック会場にいるほど興奮するぞ、という前宣伝でしたが、観客層は壮年が多く(QUEENはそういう世代のスターでしたが)落ち着いた雰囲気でした。だれしも、ビートルズの集団音楽に飽き、フレディー・マーキュリーの高音にしびれた世代なのです。

     

     そして、彼の名を高らしめた社会性のある「ボヘミアン・ラプソディ」は、謎に満ちつつ、英国の現実社会を色濃く反映した含蓄がありました。

     

     一人の青年が銃で人を殺してきたと母親に告白する

     刑務所に行く際の心境

     その現実と向き合い気がおかしくなる

     優しい「ママ」、ううう!

       もうみんなと会えなくなる

     夢うつつかもしれない

     ガリレオ、フィガロ、マニフィコ・・・・いやいや

     何言ってんだ!俺

     

     「オペラ」を超える何かを求めた彼らに、社会性あるオペラティズムを作らしめたのです。

     音楽会社EMIはそのリリースを認めず、理解されないプレッシャーがQUEENにはありました。

     

     ビートルズもそうですが、社会性が曲に出てきたら終了!!

     これがショー・ビジネスの限界です。

     それより向こうは死んでから他人が作るのですから。

     

     この作品についての感想は以上です。

     

     

     

     

     

     

     

    映画談義のパラディソ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    米国中間選挙考

    2018.11.06 Tuesday
    0
      評価:
      ---
      ファーストトレーディング
      ¥ 300
      (2011-02-16)

      JUGEMテーマ:ニュース

       

       これほどまでに米国中間選挙が報道されたことはないと思います。

       ひどい中傷合戦に、事実と違う報道もなされています。

       

       米国議会において大統領を支持する議員が多数を占めるかどうかが、世界の大問題であるかのように報道されています。

       トランプ政権はSNSを駆使して劣勢を覆すように涙ぐましい努力がなされているようです。

       

       アメリカの民主党が「社会主義」を唱えているようなことを言い出したり、国民皆保険制度が「社会主義」制度であるかのような話を聞くとヘドがでそうな気分になります。

       トランプ氏が出てから人に対して悪口を言ったり毒づいたりすることが当たり前のことになってしまいました。

       大統領になってからそのことがお墨付きのようになっています。

       この事態を憂慮する報道がNHKでもなされました。

       

       アメリカ国民のみなさん

       良識(コモン・センス)を発揮してください。

       アメリカ政府の敵は「民衆」であり、「民衆の敵」はアメリカ政府になっていることを早く気づいてください。

       権力を持てば「正しく」、野に下れば「悪い」ということではありません。

       「多数」が正しく、「少数」が悪いという証明はどこにもありません。

       

       アメリカの意向でイランからの石油を止めたり、北朝鮮と対峙したり、そういうことは独自の外交であることを一般論として考えないといけません。もしそういうことができるならば、アメリカ第一主義、保守主義に従え!!ということになるのです。すごい矛盾です。

       Society is produced by our wants, and government by our wickedness; the former promotes our happiness POSITIVELY by uniting our affections, the latter NEGATIVELY by restraining our vices.
      Paine, Thomas. Common Sense (Wisehouse Classics Edition) (p.6). Wisehouse. Kindle 版.

       

      そして、

       

      あらゆる種類の誤解に対する
      最も強力な武器は理性である。

      私はそれ以外の
      武器を使ったことがないし
      今後も使うつもりはない。
      そのままでいる方がずっと楽である

      トマス・ペイン

       

       

       

      世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

      朝鮮人徴用工訴訟原告勝利

      2018.10.30 Tuesday
      0

        JUGEMテーマ:旅行

         

         韓国は韓流ブーム以来、旅行ブームであり続けていました。

         しかし、今回の韓国の最高裁判決が新日鉄に徴用工に対する賠償命令を下したことにより、少し違う意味をもつかもしれません。

         

           政府は1965年の両国協定を持ち出して「解決」はなされたものと理解していたのに寝耳に水で、国際裁判に舞台が移りそうです。

         国際司法裁判所で争われる事態になります。

         

         経済界も遺憾表明していますが、「徴用工」の歴史事実を明らかにする責任は負うと思います。

         韓国政府は三権分立の名のもとに、最高裁判決を尊重するとしています。

         

         まだまだ、これから戦時中の財界の責任は追及されるでしょう。東京裁判では、天皇と財界の責任追及はなかったわけですから、今に至ってしっぺ返しがきているようです。

         

        p.s.

          その後、日弁連有志はこの徴用工の問題について個人の補償請求権が消えたような政府の言い分は間違いである、と声明を出してことの本質は補償の他に人権問題であり奴隷的拘束のもんだいだと主張しています。

         

         そうです、そのとおりです。

         国際司法裁判所に提訴しても、日本政府は敗訴するのが分かっているはずです。

         

        歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

        カショギ氏と安田君

        2018.10.24 Wednesday
        0
          評価:
          ---
          ビジネス社
          ---
          (2018-02-09)

          JUGEMテーマ:ニュース

           

           カショギ氏殺害がもしサウジアラビア国家の組織的犯行と断定された場合、日米は「テロ国家」と断定し国交は断つべきだと思います。

           (この事件は、録音等の内容から限りなく黒い真実だと思います。しかもこの殺害はトルコ国内でなされたのです。日本国内での金大中事件を思い出しますね。その判断の根拠は、大韓航空機爆破事件の犯人判断基準とおなじ哲学です。サウジがカショギ氏を殺害したとなれば北朝鮮と同じだし、政府に不都合だからと言って日本政府が安田君を外国で殺害したと同じことになるので事態の深刻さが分かろうかと思います。)

           

           しかし、サウジアラビアの石油に大きく依存している日米関係では経済的に切れないでいる現状なのです。

           そういう、先行き不透明感から株価は乱高下しています。

           

           そこで提案。

           

           1.政治的には断交。

           2.石油等の経済往来はクウェート、イラクなど第3国経由で輸入する。

           3.ロシア、ベネズエラなどからの購入比率を増やす。

           4.イランにも第三国輸出を考えてもらう。

           5.国家的節電を呼びかける。

           

           アメリカはINF条約撤退問題でロシアと、核開発問題でイランと対立してきているなかで、今後の行く末を決定するようなサウジ事件が起こってましいました。

           これは、アメリカの中東に対する二重基準による世界統治の結果であるようにも見えます。

           これからもアメリカがこの不均一な中東外交を続けるならば、経済的にも大混乱を引き起こすことになります。

           サウジ国内の民主主義の発露を待つとともに、アメリカの"サウジ特別扱い"をやめるように主張します。

           

           現在、解放されそうになっているジャーナリストの安田君ならば、サウジの民主主義とその運動についてレポートしてくれそうな気がします。安田君、元気ならば休息をとって「真の戦争」であるサウジの民主主義闘争を報告してください。

           ならば、君は「アラビアのロレンス」ならぬ「サウジのヤスダ」になれます。

           

          P.S.

            2018年10月25日、安田君は日本への帰途についています。

           どうか、「自己責任論」のバッシングだけはやめていただきたいと思います。

           惨たらしい首切り死体とともにあった写真などを想像すると、かなりひどいPTSDになっているかもしれません。

           多くの大手マスコミが行けないところに行き、レポートして来ようとして、またそれをマスコミが利用しようとしたわけですから、マスコミと政府あげてバッシングへの対処を怠らないようにしてほしいものです。

           かつてのイラクの人質と同じ運命をたどってほしくないのです。

           

           

           

          世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

          しんぶん赤旗主催「新人王戦」

          2018.10.18 Thursday
          0

            JUGEMテーマ:ビジネス

             

             皆さん。

             比類なき能力を発揮し続けている将棋界の藤井聡太さんは、「新人王戦」で森内9段の記録を抜き31年ぶりに最年少記録を塗り替えました。この新人王戦は、羽生善治氏、渡辺明氏も経由してきた歴史があります。

             これはネットを始め、ニュースになっていますので、ご存知の方が多いと思います。

             

             ところが、ほとんど書いていない大事な内容が「主催 しんぶん赤旗」だということです。

             このことを抜きにして将棋の新人王戦はありえないのに、藤井聡太さんの記録ばかりを書くとはニュースの手落ちと言わざるを得ません。

             大坂ナオミのスポンサー企業を「日清食品」と添える慣例があるにもかかわらず、この事実一つみてもマスコミにはまるで「日本共産党除外」規定があるかのような様相を呈しています。

             

             共産党を除外することが公平性を期すこことだ、という昔の椿発言の亡霊がまかり通っているのです。

             公務員給与を安く抑えるために利用した神戸市の「闇専従」についてニュースになりましたが、そのとき市長はマルクスの「共産党宣言」の冒頭を引用して「亡霊が徘徊している」とノタマッタのには笑いが止まりませんでした。

             自分たちが利用した組合を「亡霊」と言っていたのですからね。

             

             マスコミも、科学的に社会を見る練習をしないと、敵でもないものを敵とし、「悪事」を見抜けないでしょう。

             良いことをやっているように見せかけ、「悪事」に科学を利用するのはかつてからの常とう手段です。

             

             

             

             

            科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

            世界同時株安の原因

            2018.10.11 Thursday
            0

              JUGEMテーマ:ビジネス

               

               日経平均が一時前日比1000円を下回ることになり、世界同時株安の様相を呈しています。

               この原因は、ファンデメンタルではないと言われますが、実は、今年はリーマンショック後10年の年であることを忘れてはなりません。

               株式における「調整」とは10%下落のことをいい、ここから買いあがることを「押し目買い」とも言っています。

               今回、10年目ということで超長期の売買では利益確定売りが進んでいるということやFRBの金利上昇による経済停滞の心配があると思われます。

               

               個別株はよく見る必要がありますが、ETFやVIXは敏感に政策と景気動向を反映するので、飛びつきやすい商品となります。

               明日にニュースのトップはこの日本株の大暴落となるでしょう。そして、その理由をアナリストやストラテジストが云々することでしょう。

               

               景気循環論という考えがあって諸説ありますが、この2年間の大波は「バブル」に近いと考える人も多いと思います。

               国民は二極分化で苦しんでいるのに、一部は民間人の月旅行に若い女優がついていくかどうか、を夢見ています。

               

               風の中の昴、砂の中の銀河、街角のヴィーナス

               みんな出てきてくれ。上しか見ないヒラメ状態のボンクラどもの頭をストームしてくれよ。

               

               

               

               

              経済・税財政論・会計学|-|-|-|-|by ネコスキイ

              アレンジ教育勅語

              2018.10.03 Wednesday
              0
                評価:
                谷口 智彦
                悟空出版
                ¥ 1,620
                (2018-07-30)

                JUGEMテーマ:学問・学校

                 

                 安倍新内閣改造について一言。本人は「全員野球内閣」です。

                 

                 しかし、野党は、「閉店セール内閣」「在庫一掃内閣」「面白くないかく」と表現しました。

                 

                 ところが、こういう批判は当然としても、核心を突いた内閣表現はないものかと考えていました。

                 そのとき出てきた新文部科学大臣の発言に、内閣の本質を見ることができます。

                 

                 もともと弁護士出身の大臣ですが、悪名高き「教育勅語」をアレンジしようとしています。

                 

                 これは何度も議論したところですが、「教育勅語」の徳目と絶対主義的天皇制は切り離せないというのが当時の文部省の『国体の本義』に書かれているわけですから、どう言い訳しようと「失効」しています。

                 わざわざ、戦後すぐの国会で教育勅語失効の決議を衆参両院でやっているわけですから、三権の一つである立法府に対抗しようとするのが、弁護士で国会議員の文部科学大臣なのです。

                 

                 その辺をよく見て任命したのかどうか。見識が疑われます。

                 かつて侵略した国々から奥深く信頼されない理由がここにあるのです。

                 

                 が、しかし、戦前の徳目とは関係なしに、徳目を列挙する場合はどうなのでしょうか。

                 簡単です。行政府など選ばれる方が徳目を決め、推奨するなど本末転倒と言わざるをません。

                 憲法「改正」でさえ、国会議員が言うべきことではありません。ましてや、内閣から言い出すのは専制政治です。

                 この点で、アメリカからは憲法も守らない政府と揶揄されているのは当然です。

                 

                 今回の内閣を表現すると「憲法無視内閣」!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                学習・教育・文化論|-|-|-|-|by ネコスキイ

                オプジーボに賭けた小野薬品

                2018.10.02 Tuesday
                0

                  JUGEMテーマ:ビジネス

                   

                   免疫療法でがんを治療する薬「オプジーボ」。

                   この薬に使う分子を発見した本庶佑氏がノーベル賞を獲得しました。

                   

                   さまざまな情報を総合すると、原理が分かっても大量生産する会社を探すのにはノーベル賞級の努力が必要だった、ということです。並々ならぬ政治力をもつ本庶さんしかできなかったかもしれません。

                   これで革命的にがんを治療できるようになりました。

                   

                   日経新聞が2014年10月24日付で、この「オプジーボ」開発、治験、医療にまでできた経過を概観しています。

                   そこに注目すべき記事がありました。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

                   

                   小野薬だけが“しぶとく"開発を続けてきた背景には「機能が分からなくても、珍しい機能を持つ分子を見つけ、何らかの治療薬につなげるという企業文化があった」(粟田浩開発本部長兼取締役)という。

                   もともと小野薬は極めて研究開発志向の強い会社だ。売上高(14年3月期は1432億円)に対する研究開発比率は国内製薬メーカーでは断トツの30%台だ。しかもがん治療薬は初めて参入する分野で、「かならず成果を出す」という研究者の意欲も高かった。

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                   研究者と開発者側の努力はもちろんですが、発見の偶然と必然、開発者のおしりに火という点は教訓とすべきでしょう。

                   大企業が開発できなくて、中小でしかも収益率が減っていた小野薬品が開発できた歴史を見て、政府も基礎をおろそかにすることの愚かさを早く知るべきです。

                   

                  社会保障・医療|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  脱「池田大作」を語る

                  2018.10.02 Tuesday
                  0
                    評価:
                    池田 大作
                    聖教新聞社出版局
                    ¥ 1,337
                    (2018-06-01)

                    JUGEMテーマ:ニュース

                     

                     「新・人間革命」の連載が終わるというので、これは創価学会の変革の時期かという考えになりました。

                     奇しくも沖縄知事選で自民・公明支持の候補が敗れたのと軌を一にするので、それとの関連を考えています。

                     池田大作氏は、核も基地も要らないと主張していたはずで、今回の沖縄知事選挙では創価学会を支持母体にする公明党は面従違背していたのかもしれません。そこが、公明党と創価学会の違いだという人もいるでしょうが。

                     

                     新興宗教としては「平和」を打ち出すのが当然で、それを抜きにして戦後の創価学会は語れないのです。その体現者が池田大作氏なのですから、沖縄問題は一つの試金石だったのです。

                     自民党は既成組織の変化で手足になる人が少なく地域での公明党・創価学会の活動量におんぶにだっこ状態なのは政治関係者ならだれでも知っています。その手足を借りるのに、基地・核問題で地方と中央とのねじれ状態にある公明党を利用した自民党は許しがたい政党と言わざるをません。

                     公明党も幹部と地方の末端とはずいぶんねじれていますが、反共産党という固い地盤では団結できたのです。にもかかわらず、選挙の敗北を喫したのですから、この団結の絆自体を見直す時期が来たと思います。

                     

                     今回、単行本はいつでもベストセラーになる池田大作氏の連載が終了したとなれば、地方末端の組織と心は離れていくでしょう。

                     中央と地方の組織が主張することが違う旧・維新の党のような組織になる可能性が大きいと思います。

                     

                     創価学会員の皆様、反共産党を捨てよ!!

                     

                     さもなくば、政治的な命脈が途切れることになります。

                     「池田」氏についていくなら「人間革命党」とすべきです。

                     政教一致は憲法違反という簡単な事実が分からないことでは、政治は務まりません。

                     公安調査庁も、もっと池田文化会館などでの「政治活動」を協力者を組織して暴いてほしいものです。

                     

                     

                      

                     

                     

                    宗教の時間でございます|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    首相功なり、農業枯る

                    2018.09.27 Thursday
                    0
                      評価:
                      山内 良一
                      ミネルヴァ書房
                      ---
                      (1997-04)

                      JUGEMテーマ:ビジネス

                       

                       朝から日米首脳会談のインタビューで、落ち着かない時間がありました。

                       簡単にいうと、

                       

                       「農業を差し出し、自動車を守る」

                       

                       ということなのです。

                       今回は牛肉、豚肉、コメの関税を下げてその上、中国に買ってもらっていた大豆、トウモロコシを買うようにしようとしています。

                       ここに、アメリカと中国の“関税貿易戦争”のあおりが日本に押し寄せています。

                       北朝鮮と戦争を回避し、拉致問題で口をきいてやったんじゃないか、それくらいしろよ。

                       

                       と言わんばかりなのですから、首相も苦しいと思います。

                       拉致問題とリンクした交渉は「卑怯」と言わざるをません(神奈川県議会ではありませんが 笑)。

                       

                       「防カビ剤」添加を表示しないようにするとか、そういうことで商品を売りやすくするという姑息な手も考えられていますね。

                       10月2日の経済産業大臣、文部科学大臣などの人事を注目しましょう。

                       それは、この日米合意を推進するためのコマとなって働く大臣をすえることですから。

                       

                       それにしても、これによる政治的農業被害は2兆円ともいわれていますから、農業が廃れる方向も見えています。

                       

                       農業を基幹産業に!!

                       

                        これこそ、亡国の道を止める政策です。

                       

                       

                       

                       

                      世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ