長生きは抵抗運動である!!

2017.03.01 Wednesday
0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

      この頃 都に流行るもの

      不倫に不義に 偽政治

     

     若人は都に憧れる

     長時間過密労働でもいいのか?

     最初からもう田舎に憧れる都会の青年

     なんにもなくていい 君がいれば

     そういう時代にパラダイムシフトしている

     覚醒せよ!

     電通の若者が犠牲者になった

     見よ!

     ピコ太郎のなした技を

     ネットで世界を席巻したのだ

     別に都会でないといけない理由なんて

     ないのだ

      

     偽政治にそれは理解できない

     

     老人は老人なのか?

       iPS細胞移植で一石を投じた快挙

     パラダイム転換

     弁証法がまた証明された

     長生きすれば、医療が儲かるのだ

     福祉社会論を狭義から広義に

     長生きは抵抗運動だ

     社会を進歩させる

       金がかかるから死んでほしい?

       いや、金を使って生きてほしい

     

     偽政治にはそれは理解できない

     

     為政者よ

     裸の王様はやめよ

     小島よしお、ハリウッド・ザ・コシショウ、とにかく明るい安村、アキラ100%

     裸四天王のように裸になれ

     

     答えは風のなかにある

     

     

     

     

     

        

     

    科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    障害者ホロコーストの罪と罰

    2016.07.26 Tuesday
    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

       戦後最大と言われる障害者殺人事件が未明に発生しました。

       犯人とされる本人は2月に法律にもとづき措置入院し、大麻の陽性反応が出ていたとされています。

       容疑者本人と事件の詳しい究明は警察や検察の報告に待ちます。

       

       いつも、犯人の罪に罰がついて終了となりますが、こういう事件はその社会的背景とその原因、そしてその断罪については司法も法律も追いつかないのが現状です。

       

       

       ◆自分は一番偉い、だからあいつらは殺してもいいのだ・・・・・・・

       こういう意識の克服は、ドストエフスキー『罪と罰』の大テーマであり、人類に現在も課された課題といえるでしょう。「デスノート」でも同じテーマを扱っていると翻訳者教授・亀山郁夫氏は言っています。

       そのうえ個人に巣食う社会の害悪の反映は『カラマーゾフ兄弟』にも描かれているように、国家や裁判でも裁ききれないテーマなのです。

       この分野の断罪で役立つのはやはり「文学」のリアリズムと言えます。

       

       

       ◆障害者は死んだ方が世界平和に役立つ・・・・・・

       そんな考え方は戦争時代のヒトラーのものであり、唾棄すべき対象といえるでしょう。

       ところが、小学校教員免許を持っているとされる容疑者は、文部科学省の認める課程や教員実習、ことに介護施設の研修をへたはずなのです。

       「頭がおかしい」から措置入院させられた、そんな人まで社会や国家に責任はないというでしょう。

       最近の障害者施設・高齢者施設での多くの虐待・殺人事件を見ても、その遠因を多くは「弱者への差別」があると識者は指摘しています。

       利益第一主義という観点で考えると、利益を生まない者は不要な人間になります。障害者はその範疇に大方が入ります。少し雇用に努力したとしてもです。

       こういう資本主義の風潮が全体を暗雲のように覆いかぶさっているところに、今回の事件を置いて考えてみようじゃありませんか。みなさん。

       

       

       今、ふと、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ『不協和音』が聞こえたように思います。

       

       

       P.S.

         障害者について科学的にこの問題を考えましょう。

       もし、この世に障害者がいなくなったら、障害者でない人だけの世界になるのでしょうか。

       その前に、障害者ってどんな人がというと、実は重度から軽度まであり、障害を持たないといわれる人にも遺伝子的に障害因子を持っているのです。単に、目に見える「障害」として発現したのが障害者なのです。

       また、それ以外にも、先日までスポーツ万能な若者が、事故で重度の障害を負ったとしたら、どうなるのか。

       人間の全人生と生物学的観点からみると、障害者=健常者ということになるのです。

       

       もし、介護がしっかりしていて経済的にも十分保障されているならば、障害者抹殺思想は絶対生まれてこないのです。

       多くの差別と偏見にまみれた障害者を救うには、温かい目と科学的思想とお金が必要です。

       

        

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

      ついに!!学者安保法制反対

      2015.07.21 Tuesday
      0

           学者としての私も反対します。
         芸術家としての私も反対します。
         宗教家としての私も、スポーツマンとしての私も、当然反対します。
         人としての私も反対します。

         私の敬愛する益川さんも反対しています。池内さんも反対しています。
         
         学者1万人としいう数字は多いのか少ないのか、わかりませんが、問題は数ではないので(笑い)。
         
         参議院での審議について、まだまだ時間はあります。
         前も言ったように、国会会期延長こそが、改憲勢力の最大の弱点なのですから、その弱点で戦いましょう。
         国会の数の力で安保法案を通そうとするのは、ファシズムだと指摘されています。
         また、安倍クーデタとも呼ばれています。
         その意味で、金子兜太さんの「安倍政治を許さない」というスローガンは的を射ています。
         
         もし、これを阻止すれば歴史的民主主義の勝利です。火と血の文字で教科書に書かれるでしょう。歴史に「もし」という言葉があれば、それは「今でしょ」。
         
         国際社会は日本国憲法の解釈をゆがめることを要請していますか。
         していないのです。

         アメリカだって、この問題について「ノー・コメント」としています。
         三権の一つでしかない行政府が憲法の従来解釈を変えるなどというのは、国際社会に恥じることです。

         アメリカで、アメリカ憲法解釈を変えると言ったら、大ブーイングですからね。
         自分の憲法を守れない日本を誰が信用するでしょう。
         昔、憲法もないような国とは対等に付き合えないと言われたのではないでしょうか。
         今は、憲法も守れない国と対等に付き合ってくれる国はあるのでしょうか。

         具体的闘いとして、
         〃鎧産業からの献金の有無を暴露すること、
         ⇒薪浹聴への説得工作、特に公明党と良心的自民議員を説得すること、
         それで、60日ルールを使っても否決できるようにすること、

          (もし、安保法制に賛成したら、公明党は平和の党と言えない大打撃をこうむります)
         

         このような、国民的包囲こそが民主主義を守り発展させるのです。
         学者のみなさん、国立大学法人法案反対の運動を思い起こしてください。日本を世界に誇れる平和国家にしましょう。恥ずかしがりやの学者にも声を挙げてもらいましょう。

           (ラップ調で)

         輝く太陽 青空を 再び戦火で汚すな

         われらの友情は 原爆あるも 絶たれず

         闘志は火と燃え、平和のために闘わん 

         立てよ、団結  かたく  ラララ わが行く手を守れ

        科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

        身代金ウイルスCrypt0L0cker

        2015.06.20 Saturday
        0

           パソコン内のファイルを開けなくしてしまい、金銭を要求する身代金ウイルス「Crypt0L0cker」の日本語版が流行しているそうです。
          検知名は、ウイルスセキュリティソフトで、Trojan ( 0040f9071 )  または  Trojan ( 004b74591 )
          スーパーセキュリティソフトなら、Trojan.agent.xxxx (xxxxの部分は任意の数字が入ります)
          クラウドセキュリティソフトなら、Trojan.agent.xxxx (xxxxの部分は任意の数字が入ります)
          というウィルスですので、みなさん注意しましょう。

          最近は、Passwordstealerというあからさまな名前のウィルスが毎日攻撃してきます。
          こういうコンピュータウィルスに感染すると、預金もなにもかも盗まれてしまう可能性があります。ソフトをいつもアップデートして対策をとりましょう。

          それにしても、盗むことが犯罪であるという倫理はこの世界ではいうことを聞かないのです。MERSやSERSも危ないですが、コンピュータも同時にチェックしましょう。

          科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

          STAP細胞研究についてのメモ

          2014.10.12 Sunday
          0
            評価:
            井尻 正二
            福音館書店
            ¥ 1,296
            (1976-02-01)

            JUGEMテーマ:学問・学校

             STAP細胞発見について、本来素早く反応すべきでしたが、少し様子がおかしいので静観していましたら、案の定大変な事態に進展し、組織的な問題になり、現場指導者の自殺にまで発展しました。
             
             そこで、団体として、組織として研究することについて、模索する苦しみ除去と目的達成というものについて、立ち入った提言をしている文献を見つけましたので、引用してみましょう。

             


             第1に、
             団体研究(以下、組織的研究と同一のものとして扱う=筆者)に際しては、各研究者が研究主題(目的・立場)を明確にして把握してかかることが、必要である。研究主題に対する理解の不徹底は、研究の終結にいたって、研究成果の不統一や混乱を招来する恐れが生じるのである。

             第2に、
             研究方法および研究手段の大綱(単位)を一応統一して、研究者間の有機的連繋を体系だてておく必要があるのである。研究方法や研究手段が研究者ごとに異なり、研究の単位が統一を欠いていては、全体的認識を把握することが不可能である。しかしながら、方法や手段を一応統一することは、研究者個人個人の独特の方法や手段をこれに追加することを妨げるものではなく、団体研究の過程(統一された方法・手段および単位)におけるこの種の個人差※(偶然性)こそは、むしろ、団体研究方法の重要な特色の一つを形成するものなのである。
             (※ 多数の専門家が集合する団体研究においては、個人研究におけるよりは、遥かに大なる研究の自己矛盾を内蔵し、多面的な偶然性が現出することは当然である。この著しい自己矛盾こそは、団体的研究方法の独創性の根源であり、このような多面的偶然性こそは、団体研究の方法論的質を決定する特質なのである。) 
             

             第3に、
             各研究者に分担された問題(材料・対象等)の要点は、全研究者が必ずものにそくして観察し合い、検索し合い・考究し合い・かつ、検討し合う必要があるのである。多数の目による観察は、観察結果(事実)をより客観的にすると共に、新しい事実の発見をもたらす可能性をあたえ、多数の頭脳による検索・考究・衆智を集めた討論は、問題の解決を容易にするのみならず、更に、新しい問題を提起して研究を進展させてゆくにいたるのである。

             第4は、
             研究過程において一研究者が新たに発見した事実、または、新たに発想した問題は、それが如何なる研究者によって発見され、発想されようとも、必ず、全研究者がこれを検索し・考究し・討論して、もしその問題が団体研究の趣旨に合致するものであったならば、従前の研究問題を廃棄しても、全研究者をあげてその問題を研究すべきである※。
             (※ ここで、個人研究の偶然性が淘汰されて、団体研究の必然性に発展的に転化するのである。)

             第5に、
             研究の統帥をつかさどるものは、年齢・学歴・地位にわずらわされることなく、研究主題の発想者が一応これに当たるべきである。しかる後に、研究の進展に応じて、合議の上で統帥者を選出すべきである。こうすることによって、若い世代の独創力・実行力と、年長者の綜合判断力・経験等が巧みに融合されるのである。なお、一たび選出した統帥者の指揮には絶対服従すべきことは、特に論ずるまでもないところである。

             第6に、
             団体研究に際しては、研究者の世界観・社会意識・特に思想の一致が、研究者の団結・研究の進展上に、最も必要であって、一人の異分子の存在は、団体研究を根底から瓦解させる結果となるのである。

             

             

             以上は、組織的研究についての提言です。現場での研究を踏まえての提言なので、ある種の現実味があり、STAP細胞の組織的研究と比してどうだったか、かみしめてみましょう。
             


             この研究提言をまとめたのは、国立科学博物館の井尻正二という科学者でした。野尻湖発掘を主導された先生です。参考にしましょう。
             引用文献は、『井尻正二選集 第1巻』(P126〜P129、1983年、大月書店)です。

             

            科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

            発がん性リスクとしての「シフト勤務」

            2012.11.03 Saturday
            0
              JUGEMテーマ:ビジネス

               簡単にいうと、これは、深夜交代制勤務が看護師などの発がんに影響を及ぼしている!!
               という、驚くべき事実です。これをWHOが認めているという、これまた驚くべき事実です。

               これはまだ日本では、知られていないし、国民的合意にも至っていないけれども、1965年のWHO総会で、発がんのメカニズム等の研究を行う組織として設立が決められた国際がん研究機関(IARC:International Agency for Research on Cancer)が出している発がん性リスク一覧表に環境要因として挙げられているのは事実なのです。
               「ヒトに対する発癌性がおそらくある (Probably Carcinogenic)、化学物質、混合物、環境」として列挙されています。
               他に、工芸ガラス製造、金属コバルト(タングステンカーバイドを含む)調製、美容・理容、石油精製に従事したり、日焼けランプの照射なども発がん性が爐そらくある瓩箸いΔ海箸砲覆辰討い泙后
               
               この認識はもっともっと広げないといけません。広がらない理由はそういう職場を経営している人々、いや資本主義全体が、公表を敬遠しているからだと思います。

               なかでも、「シフト勤務」。とくに、昼夜交代制勤務の場合は他と違って、何かの物質を吸入したり、放射線を浴びるという外部的物質的要因ではなく、人間の本来の生活リズムであるサーカディアン・リズム(注1 生体リズム、概日リズム)を乱すというまさに環境要因に起因します。そして、そういう「シフト勤務」を強いられる労働者が基幹産業や公務、報道などを支えている現実があります。
               これは遺伝子レベルまで研究されているようで、そもそも放射線が多い昼間の地球上に生まれた生物の遺伝子は夜に生まれ変わるという性質(代謝)から来ているとのことです(わかりやすく言えばです)。したがって、夜眠るのはそのためだということまで解明されているようです。
               
               ところが、夜に寝ない生活や太陽が沈んでから長く働き続けると、その遺伝子の活動が狂ってくるのです。それは夜に行われる遺伝子転写(いわば、生まれ変わり)の異常・突然変異が、ガンの原因にもなる、というのがおそらく発がん性があると結論された理由だと思うのです。
               
               こういう研究は基礎研究なので、iPS細胞の研究と同様もっと研究費を費やして研究してほしいと思うのです。
               しかし、iPSと違うのは、iPSが企業利益を見込めるのに反して、サーカディアン・リズムについての遺伝子レベルの研究が「シフト勤務」を制限せよ!!という結論に到った場合、企業の減益に直結するのではないかという懸念だと思うのです。そうなった場合でも、おそれず、そういう事実から出発して企業や社会の在り方を作り直すのが人間の歴史です。
               しかし、そのためには金融・投機規制と同様、世界政府による規制の必要性を感じます。そして、生物学(おそらく)が社会革命を起こす起爆剤となるのです(こんな言葉を使ったらエシュロンが探知してくるでしょうね)。
               ここは、だから、階級闘争を抱えた研究ということになるでしょう。
               水俣病やイタイイタイ病の原因研究を超えた質的にも大きなたたかいになると思います。研究者も井戸の中の蛙にならず、そういう闘争点を見極めて、社会科学的な接近をしないと、新たな理論上の突破口をひらけないのではないかと思うのです。
               
               科学的には遺伝子レベルの時計を研究する人たちと社会科学者の結合が、突破点をつくるのです。さらに、国民世論の形成が味方についてくれるはずです。天然痘の予防接種導入の際の偏見とのたたかいと同じです。この点で良心的に運動を推進する組合(日本医労連)などもあるので、日本も見捨てたものではありません。
               
               世界の科学者よ、団結せよ!!そのためにボクらは協力を惜しまないぜぇ。ワイルドだろぅぉ↑。
               
               「看護師の『雇用の質』の向上」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001fog4.html
              を厚生労働省が言うならば、きちんとその点での対応が必要だとも思います。
               
               意識しようとしまいと「恥ずかしがり屋の唯物論者」たちが大事にされ、当面多数を占めることを祈っています。韓国製ラーメンばかりに気を取られてもいられません。



              (注1) 
              http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%82%E6%97%A5%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

              科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

              iPS細胞応用ヒト・フェニックス計画!!

              2012.10.26 Friday
              0
                評価:
                山中 伸弥,益川 敏英
                文藝春秋
                ¥ 872
                (2011-01-19)

                JUGEMテーマ:学問・学校

                 2007年、山中教授が発表したiPS細胞には衝撃が走りました。あれから5年、当然のごとくスピーディーにノーベル賞を受賞されました。
                 
                 さて、その成果を受けて、今日、理化学研究所(http://www.cdb.riken.jp/jp/01_about/0101_mission01.html)が初の臨床応用に入る手続きをすると発表したので、一体どんな応用例があるか、どのような研究がなされているか、少し調べてみました。
                 理研は「加齢黄斑変性」の研究で実際の患者さんに網膜移植して経過を見る計画を立てています。
                 
                 他の研究について、文科省のライフサイエンス課の少し古い資料(http://www.lifescience.mext.go.jp/files/pdf/n457_01.pdf )によっても、
                 
                 |羶神経・感覚器系細胞・・・・・パーキンソン病(注1)、神経変性疾患等
                 角膜・網膜細胞・・・・・・・・・角膜疾患・視力障害
                 神経幹細胞・・・・・・・・・・・脊髄損傷(注2)・PVL(脳室周囲白質軟化症)等
                 た感攤挧ΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑ心筋梗塞(注3)・心不全
                 ゥぅ鵐轡絅螢鷸裟減挧ΑΑΑΑΑΑε尿病(注4)
                 骨細胞・・・・・・・・・・・・・重度先天性骨代謝疾患等
                 造血幹細胞・・・・・・・・・・・白血病(注5)等
                 ╋敍細胞・・・・・・・・・・・・筋ジストロフィー(注6)
                 血管細胞・・・・・・・・・・・・狭心症(注7)・動脈硬化症

                 これらの病気を治療または症状改善するためにiPS細胞を作成し、それぞれの特性の細胞を作り出し、再生させていくために、日々研究が進んでいます。
                 人の細胞は約60兆個、二百数十種類の細胞があると言われています。
                 研究が進んで、これら一つ一つがすべて再生出来れば、iPS細胞移植等で病気が治るか症状が改善する可能性が見えてきました。
                 もっと研究費用をつぎ込んで、すべてを再生できるようにしてほしいものです。

                 上記からわかるように、これまで難病、不治の病と言われてきた病の万能(薬)細胞としての期待が高まっています。
                 そして、iPS細胞研究所(CiRA =サイラ)によると、81歳の老人の皮膚細胞からでも、サラッピンのiPS細胞が出来ると言いますから、これは不老長寿の妖術のようです。
                 
                 極端な仮定で、お金のことと手術時間を度外視して考えると、81歳の老人のすべての細胞を入れ替えれば、20歳の体を取り戻すことができるのかと夢のようなことまで考えてしまいます。
                 
                 手塚治虫のマンガで「メルモちゃん」というのがありまして(笑 若い人は知らないと思います)、「赤いキャンディー、青いキャンディー」を食べると、大人になったり、赤ちゃんになったりするのです。
                 どの色がどうだったか忘れましたが、iPS細胞は、この赤ちゃんになる方のキャンディーのように思えます。
                  行き詰まったら基本に戻る姿勢が大切だということですかね。
                 「大発見」の思考とは、そういうもんなのかもしれません。
                 また、すべての細胞を死ぬ前に、「細胞バンク」に預けていれば、キリストでもないのに、また自分が復活することにもなります。映画「ジュラシック・パーク」の人間版てとこです。
                    
                  Imagine there's no heaven. (@_@;)


                (注1)wikipedia「パーキンソン病」より
                   2008年4月、新型の万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」から作り出した神経細胞を使
                   い、パーキンソン病のラットを治療することに、マサチューセッツ工科大学(米国)のルドルフ・ヤニ
                   ッシュ教授らのグループが成功した[36]。研究グループはマウスの皮膚からiPS細胞を作り、神
                   経伝達物質のドーパミンを分泌する細胞に分化させた。
                (注2)産経ニュース 電子版 2012.3.15
                   iPS新手法 マウスの脊髄損傷回復に成功 奈良先端科技大 2012.3.15 17:16 (1/2ペー
                   ジ)[人工多能性幹細胞(iPS細胞)]
                    さまざまな臓器や細胞に成長する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)から高品質な神経 
                   細胞のもとを効率よく作り、脊髄を損傷したマウスに移植して症状を改善させることに奈良先端科
                   学技術大学院大学(奈良県生駒市)などの研究チームが成功した。成果は米科学誌ステムセル
                   ズ電子版に掲載された。
                (注3)「家庭の医学」時事通信社HP参照
                   http://book.jiji.com/igaku2006/info/health_09.html
                   また、http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2010/kr7a43000003aqht-
                   att/100805_1.pdf

                (注4)糖尿病ネットワークHP参照
                   http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/019038.php 2012.10.26閲覧
                    2009年にハーバード大学の研究グループが、1型糖尿病の患者の皮膚細胞からiPS細胞を樹   
                   立し、培養皿の上でインスリ   ン産生細胞に分化誘導することに成功した。この細胞を使い、1 
                   型糖尿病の発症メカニズムの解明を行い、新たな治療法の開発研究へ進展できると期待され     
                   ている。
                (注5)日経新聞 切り抜き写真 2011.2.24
                   http://asinagaojisan1941-2.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/02/24/img_3827_edited.jpg

                (注6)鳥取大学HP
                   筋ジストロフィー患者由来のiPS細胞における遺伝子修復に成功
                   http://www.jst.go.jp/pr/announce/20091209/index.html 2012.10.26閲覧

                (注7)文部科学省iPS細胞等研究ネットワークHP
                   研究全体が見渡せる信頼できるホームページです。
                     http://www.ips-network.mext.go.jp/

                 

                科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                宅建試験の裏技は愉快犯

                2012.10.17 Wednesday
                0
                  JUGEMテーマ:モブログ

                   受験テクニックがありますが、基本は正攻法が大切です。
                   この正攻法とは、法令を理解するという単純なことです。
                   ただ、この単純なことが結構難しいのです。
                   とは言え、多くの人が経験していることです。

                   そういうことを大前提として、解法のテクニックというものが、立法の趣旨から出て来ます。
                   過去問を検討すると、あるキーワードだけで、正解できる可能性があるのです。
                   しかも、問題文の大半がわからないでも、解けるのですから、これはショートカットです。

                   そんな夢の解法があれば、何も勉強しなくてもいいかと思います。
                   こんな悪魔の方程式を得ようとする者は、資格を得ることが目的でもなく、また、仕事を目的とするわけでもましてないのです。
                   目的は、資格試験に対する冷やかしであり、愉快犯と変わらない行為です。
                   
                   
                   さて、その解法のテクニックとは、「原則と例外」です。そして、その例外も認めるということです。
                   これは立法としはて当然のあり方です。
                   それを利用するということです。
                   法律は全体を把握し、その特殊形態を認める形をとります。
                   卑近な例でいうと、「違法性阻却」の概念です。
                   殺人は犯罪ですが、死刑と正当防衛は仕方ない、という感じですかね。
                   
                   ただし、よく考えなければならないのは、これらの対立した概念の上位概念を把握するという法理です。
                   死刑廃止論もありますので、死刑については社会的議論が必要でしょう。
                   しかし、殺されそうになって殺してしまったという正当防衛論は、上位概念を検討するにふさわしい命題です。
                   その法理の基本は、人間性の保持ということです。
                   ここで、発展する概念として、「普遍」と「特殊」と「一般」とその関係性の概念論が必要です。

                   それらの概念を体現するキーワードとして、「常に○は△である」ということが、法律では間違いだとうことです。
                   すべての事態を総括できる下位概念はないということですね。
                   なので、立法の最初からその例外をも、その存在を予定しているのです。

                   したがって、その言葉と同等のキーワードも、同じ効果として、法律上は間違いとなります。
                   「必ず〜」「すべて〜」「〜の有無にかかわらず」「直ちに〜しなげばならない」などです。
                   それとその反対命題の「〜することがある」は、正しいということになります。

                   あとは、頻出条文の理解と暗記、数字のごろ合わせで解けますから、今度の宅建試験はこれで頑張りましょう。
                   わからない問いでは、鉛筆ころがしか、過去問の調査で「4」番が正解度合いが多いそうですから、なんとかなるでしょう。
                   
                  とは言え、以下の統計情報くらいは、頭に叩き込んでおきましょう。

                   ○不動産流通近代化センター
                   http://www.kindaika.jp/chosa/tokei

                    ○土地総合情報ライブラリー
                   http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/chika-chousa

                  科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  ドミノ倒しの危険物取扱者試験(乙種)

                  2012.10.14 Sunday
                  0
                    JUGEMテーマ:学問・学校

                     普通は化学工場やガソリンスタンドなど免許がいる職場のために、乙種第4類資格試験を受ける人が圧倒的です。
                     この試験は、年齢や国籍要件がないために、誰でも受験できる開かれた国家試験です。
                     先日も7歳の少年が乙種1〜6類、合格したというニュースが流れたばかり、四苦八苦勉強してやっと合格の大人もびっくりします。
                     子どもが受かったから簡単だ、といなかなか言えません。
                     試験の大まかな内容は、ー莪桂[瓠↓基礎物理・化学、J質の性質と消化方法、と別れています。
                     たとえば、(財)消防試験研究センター(http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/exercise.html)のホームページから過去の問題の一例を見ると、以下のようです。


                     【法令--共通】
                     次に掲げる建築物等から(危険物)製造所の外壁またはこれに相当する工作物の外側までの距離として、誤っているものはどれか。
                     1.重要文化財として指定された五重の塔・・・・70m
                     2.公会堂(収容人員1000名)・・・・・・・・・30m
                     3.同一敷地内の寮・・・・・・・・・・・・・・ 5m
                     4.医療法に規定する病院・・・・・・・・・・・30m
                     5.学校教育法に規定する小学校・・・・・・・・20m

                     【物理・化学--共通】
                     プロパン(C3H8)88gに含まれる炭素原子の物質量(mol)として、次のうち正しいものはどれか。
                     ただし、Cの原子量を12、Hの原子量を1とする。
                     1. 3mol
                      2.  6mol
                      3.  8mol
                      4. 12mol
                      5. 88mol

                     【性質と消化--第5類】
                     過酸化ベンゾイルの貯蔵、取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。
                     1.日光により分解が促進されるため、直射日光を避ける。
                     2.水と徐々に反応して酸素を発生するため、乾燥状態にする。
                     3.衝撃に対し敏感で爆発しやすいため、振動や衝撃を与えない。
                     4.火炎の接近により急激に燃えるおそれがあるため、火気厳禁とする。
                     5.加熱すると分解して爆発するおそれがあるため、加熱を避ける。

                     
                      これが小学低学年に解ける問題なのか。どうしてクリアしたのかわかりません。
                     まず、漢字が読めないと思うのです。また、molどころかmも習っていないのではないかと心配します。 さらに「原子量」なんて、高校生の教育課程じゃないか。ほんとうに、どうかしているとしか表現できません。

                     さて、危険物取扱者試験の乙種第4類で三分野をクリアすれば、後の類は「法令」と「物理・化学」は免除され、「性質・消化」分野の受験だけで、合格できます。問題は10問、試験時間は35分。
                     なので、4類クリアのあとはドミノ倒しに合格できる可能性が高くなります。
                     ただし、第1類(酸化性固体)はかなり物質の種類が多いので、ある本では「乙類最難関」と表現されています。
                     確かに、以下のような見たことも聞いたこともない物質の性質や消化方法を頭に叩き込まねばならないのです。

                    ◎塩素酸塩類
                     塩素酸カリウム (KClO3)
                     塩素酸バリウム (Ba(ClO3)2)
                     塩素酸カルシウム (Ca(ClO3)2)
                     塩素酸ナトリウム (NaClO3)
                     塩素酸アンモニウム (NH4ClO3)
                     
                    ◎過塩素酸塩類
                     過塩素酸カリウム (KClO4)
                     過塩素酸ナトリウム (NaClO4)
                     過塩素酸アンモニウム (NH4ClO4)
                     
                    ◎無機過酸化物
                     過酸化カリウム (K2O2)
                     過酸化ナトリウム (Na2O2)
                     過酸化カルシウム (CaO2)
                     過酸化マグネシウム (MgO2)
                     過酸化バリウム (BaO2)
                     過酸化リチウム (Li2O2)
                     
                    ◎亜塩素酸塩類
                     亜塩素酸カリウム (KClO2)
                     亜塩素酸ナトリウム (NaClO2)
                     亜塩素酸銅 (CuClO2)
                     
                    ◎臭素酸塩類
                     臭素酸カリウム (KBrO3)
                     臭素酸ナトリウム (NaBrO3)
                     臭素酸マグネシウム (Mg(BrO3)2)
                     
                    ◎硝酸塩類
                     硝酸カリウム (KNO3)
                     硝酸ナトリウム (NaNO3)
                     硝酸バリウム (Ba(NO3)2)
                     硝酸アンモニウム (NH4NO3)
                     硝酸銀 (AgNO3)
                     
                    ◎ヨウ素酸塩類
                     過マンガン酸塩類 過マンガン酸カリウム (KMnO4)
                     過マンガン酸アンモニウム (NH4MnO4)
                     過マンガン酸ナトリウム(NaMnO4・3H2O)
                     
                    ◎重クロム酸塩類 重クロム酸アンモニウム ((NH4)2Cr2O7)
                     重クロム酸カリウム (K2Cr2O7)
                     
                    ◎その他のもので政令で定めるもの
                     過よう素酸塩類
                     過よう素酸
                     クロム、鉛又はよう素の酸化物
                     亜硝酸塩類
                     次亜塩素酸塩類
                     塩素化イソシアヌル酸
                     ペルオキソ二硫酸塩類
                     ペルオキソほう酸塩類
                     

                     ということで、何度も言いますが、私は小学生がこれを覚える必要はないという立場です。そんなことを覚える暇があるなら、子どもらしい遊びを教育してほしいものです。
                     なんで、7歳が「重クロム酸カリウム」や「過酸化ベンゾイル」の性質が必要だというのか。覚えるのは早いが忘れるのも早く、必要性と結びつかないなら、意味のないことだけを詰め込んだ人間になってしまいます。
                     乙種のどれか4つをクリアすれば、甲種を受けられるように平成20年から法令改正されましたが、この甲種は大学レベルで計算もしないといけない代物です。昔は乙種資格と実務経験2年があれば、甲種受験資格が出来たのに、今は、飛び級のように乙種4つで受験資格ができるコースも開設されたのです。
                     すると、小学生でも甲種を受験できるのです。
                     ただし、以下の人たちと同レベルの試験を受けることになるのです。小学生が受かったら、天地がひっくり返ります。
                      大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者/大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者/修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻したもの!!!
                     ちなみに、これまで甲種合格最年少は高校生らしいです。
                     ふうー。なんか、ハラタツ。

                    姫路化学工場爆発事故の「危険物」とは?

                     「アクリル酸」。これのナトリウム塩は、水を効率よく吸収するため紙おむつのジェルとして使われます。
                     法的には、消防法に規定される、第4類引火性液体、第二石油類水溶性液体(法第2条第7項危険物別表第1)です。
                     ここでいう「危険」とは、消防法の規制による「科学的」危険性を言います。
                     それは、見た目が“危険”とか、宗教的に“危険”とか、放射性があるから“危険”というものを排除した規定なので、すべてを網羅した「危険性」ではないという絞り込みです。
                     ということで、事故を一つ見るにしても、ある種の専門性があると、消火の方法と安全管理の方法が正しかったかどうかを、自分の頭で考えることができます。
                     これが人助けににもなるのです。
                     

                     
                     
                     

                      






                    科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    ヒッグス粒子発見のあと

                    2012.07.04 Wednesday
                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース


                      ヒッグス粒子発見のニュースを聞いて、「血沸き肉躍る」思いを吐露したのはノーベル物理学賞受賞した益川さんでしたね。
                       ただ、「あるべきものがあった」ということで、発見自体驚くべきものではない!!と益川節を展開し、血沸き肉躍る思いを表現しています。
                       益川さんのすごいのは「今回の実験のデータを詳しく解析すると予想外の現象がたくさん含まれているはずで、それを考えると血湧き肉躍る思いがする」と言った点。
                       すでに、次の段階の素粒子を想定しているため物理学者の血が騒ぐのでしょう。
                       一般のニュースは「発見」に力点がありましたが、益川さんはその先をむいていることがハッキリした言葉でしたね。
                       この点がニュースと最先端物理の違いだということもはっきりしました。
                       すると「予想外」のデータを見て、その原因は何か追求していき、無限に真理に近づくのでしょう。
                       
                       ファラデーでしたか、ある議員に電磁誘導は何の役に立つのか?と聞かれて、子どもは将来何の役に立つのか?と反論したエピソードがあります。
                       「ヒッグス粒子」も、発見されたばかりで今は何の役に立つのかわからないけれども、マスコミがこれまで発見されなかった「最後の粒子」とか「神の粒子」とか言わなくなったとき、「ヒッグス粒子」の役割が大きくなってくると考えます。
                       
                       質量を与える粒子(この意味も素人では分かりづらいが)なら、もらう方の粒子は何なのか、という疑問がわきます。
                       すると質量の無い透明人間を先に送って、あとからペンキのようにヒッグス粒子を塗って形作ることもできるかも知れませんね。これは、瞬間移動です。
                       これができれば運送会社は不要、商品を現場からすぐに安く取り寄せられます。通信会社も不要、田舎とか都会の意味は崩壊します。とすると、むやみに瞬間移動する人や物があふれるので、法規制も必要になってきます。
                       つまり「どこでもドア」ができるけれども、使用できるのは許可のある行為だけというな規制が世界的にできます。為替も意味をなさないでしょう。お金の流通の意味が小さくなるからです。
                       真空中の透磁率や誘電率というのも分かりにくいです。真空の透磁率は「心配無い」(4×π×10-7の意)と覚えるそうですが、「ヒッグス粒子」の検証はなんだか「心配あり」ます。
                       それは、膨張宇宙に対する不安に似ています。膨張の外には何があるのか、心配なのです。そういう心配のことです。
                       
                       それにしても、ヨーロッパが経済的に苦しんでいるときに、世界を震撼させたビックニュースでした。

                      科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ