財前五郎、半沢直樹、そして?

2019.06.03 Monday
0
    評価:
    Array
    ---
    ¥ 324
    (2019-05-29)

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     最近、朝日系列のテレビで山崎豊子原作『白い巨塔』がリメイクされ新しいキャストでドラマ化されました。

     主人公・財前五郎は愛人のいる大学医師で妻は大学でなりあがるための政略結婚でしかありませんでした。

     内容は、テレビを見るか、原作を読めばわかりますのでここでは述べません。

     

     今回のドラマは4回目のリメイクのため、医学などの技術の進歩に応じた小道具になっていましたが、家族観がそのままなのでがっくり来ました。主人公は、田宮二郎、佐藤慶、唐沢寿明、岡田准一と変遷しましたが、家族は出世・蓄財の道具として扱われる構造は変化がなかったため、多くの人には受け入れられませんでした。

     

     大銀行の腐敗構造を描いた『半沢直樹』は、その主人公・半沢演じる堺雅人の「倍返し」が流行語大賞になるほど流行りました。半沢直樹は財前五郎と比較すれば家族思いなので、自分に降りかかる害悪や友人に降りかかる腐敗構造からくる犯罪に立ち向かい、無法と思えるほどの反逆をします。

     

     この財前と半沢の差は、「家族」観の変遷であり、いま「白い巨塔」を演じても、受け入れられないのは当たり前です。せいぜい、昔を懐かしむ老人の回顧として存在するだけでしょう。

     

     ところが、こんどまた来年「半沢直樹」を再演するようですから、この家族観の変遷に注意しないと不発に終わる可能性が高いと思います。

     「半沢直樹」でさえもうひと昔前の「家族観」です。

     悪いことしてまで家族を守ろうという考えは古くなっています。組織悪と闘う理由としての「家族」はもうないのです。

     どういう家族が今あるかというと、組織悪=ブラック企業には就職しない。大企業にも未練はない。就職した企業がブラックだったら即辞めることで対抗する。

     これらは、夫婦で働くという共働きから出る考えです。

     だから、財前、半沢ときたら、次は「X」という主人公が社会的に闘う姿勢をしめして、英雄となるでしょう。

     以上、近未来予想図でした。

     

     

     

    歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

    宇宙の時代と「令和」

    2019.04.01 Monday
    0
      評価:
      ジャクリーヌ ド・ブルゴワン
      創元社
      ¥ 1,728
      (2001-05-01)

      JUGEMテーマ:ニュース

       

       新しい元号が「令和」(れいわ)と決まりました。

       

       名前が「れいわ」さんという人は、きらきらネーム全盛のなか一杯いるでしょうね。

       よかったのか悪かったのか。

       

       さて、現在、民間でもロケットを打ち上げ、宇宙旅行しようという時代なのに、まだ元号にこだわるのは天皇への未練でしょう。

       ところが、いくら批判したとしても「天皇」ほど日本国を代表する人はいないのです。

       正確に言うと、代表ではなく「象徴」ではあります。

       

       シャネルのバッグをもっていても、シャネルのマークがないと意味ないのと同じ。しかし、その実態はシャネルの品質なのです。日本国でいうと国民がその品質なのです。

       

       西暦にせよ!と息巻いて正義を語ろうとする人もいます。しかし、イスラム歴やゾロアスター歴、仏教歴などというものもあり、西暦というキリストにまつわる暦に統一するのは忌み嫌う人もいます。

       

       ここで提案です。

       電波や気圧など世界共通の事象については、世界の統一がなされているのにその基本になる時間と起点が各国様々なのは、宇宙の時代にふさわしいのか、考えましょう。

       人類の始まりがアフリカのオルドバイ渓谷ならば、それを起点に考えて暦をつくってはどうでしょう。

       DNAに時間と歴史が刻まれているならば、もしその発見があるならば、そうすることもつまらぬ争いをなくすことになるでしょう。

       

       そうすると今日を、6,000,000年4月1日として、日割り計算するのです。((笑))

       

      P.S.

         あとで考えたら、世界暦会議を招集して、全員一致で決めた日の年をさかのぼって1月1日とし、その前後を紀元前後とすればいいのではないか。

       

      p.s.2

         ブラックホールを始めて撮影した功績に日本人研究グループが大きな役割を果たしています。4月10日付天文学専門雑誌に掲載されました。その先に何があるの?とまた問いたくなりまずが、「令和」でがどうの、「平成最後の・・」と騒いでいる日本が馬鹿らしくなりますね。

       この研究に携わった人たちが、宇宙年とかビッグバンとかの年齢を正確に定めてくれれば、暦の問題は解決するかもしれません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

      核兵器ある限り未来なし!!

      2019.03.03 Sunday
      0

        JUGEMテーマ:ニュース

         

          新聞の書き方が悪いのか、トランプ氏のしゃべり方がわるいのか。

          テレビでもラインニュースでも、

         

          核兵器ある限り「未来ない」

         

         とアメリカ大統領が語っています。

         耳を疑いました!ついにトランプ氏が核兵器を廃絶するのかと。

         

         主語をはっきりさせないと、反射的に自分のことになってしまう典型です。

         正しくは、「北朝鮮は核兵器ある限り未来なし」と言いたいようです。

         

         しかし、一種の皮肉にも聞こえて、これはアメリカにも中国やロシアにも言えることではないでしょうか。

         福島原発事故の反省で、「原子力の平和利用」という言葉を控える動きがあり、経済的にもペイしないので原発開発から撤退する企業や国も世界ではあらわれています。

         

         革命的に原子力を操作する科学が発達した未来ではどうかわかりませんが、当分の間は、

         

         原子力発電所と核兵器ある限り「未来」なし

         

         とも言えるのではないでしょうか。

         奇しくもトランプ氏の発言も報道で「核」勢力の墓穴を掘った感じを受けました。

         

        p.s.

           「社会主義国」と言われるベトナムで米朝会談が行われ、両国関係の維持に「成功」?したのですが、肝心の北朝鮮の核兵器廃絶とアメリカの制裁解除の目的は達成されなかったようです。また、日本にとって拉致問題解決はまた遠のいたように見えます。

         それにしても、侵略されたベトナムが「社会主義国」であってもこんなに発展するのだよと北朝鮮に見せつけたことだけがクローズアップされています。金正恩とは別動隊の幹部はその現実を見せつけられたことでしょう。

         ここで大切な観点は、ベトナムは現在「社会主義国」ではないということと、北朝鮮が目指していたのは「社会主義国」ではないということを理解することです。ほんとうの社会主義国ならアメリカは付き合わないでしょう。

         

         

         

         

        歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

        平成天皇と殉死するもの

        2019.02.28 Thursday
        0

          JUGEMテーマ:読書

           

           夏目漱石は「こころ」で明治天皇と時代に別れを告げました。形態は主人公の自殺という比喩的仮託をとりましたが、それは間違いない文学観だと思います。

           

           さて、平成天皇は「崩御」ではないですが、これだけ「平成最後の・・・」と喧伝されれば、それなりに「殉死」する人や事柄が出てくるのではないでしょうか。

           茶会に招かれた方々を見ても、まさに「平成」を彩る人がずらりとならび圧倒されてしまいます。

           中村吉右衛門氏など畏れ多くてお話もできなかったということですから、万民平等の日本でも「天」に相当する人がいると考えていいのでしょう。

           「天は人の上に人を作らず」とは福沢諭吉の「学問のすすめ」の冒頭です。

           この「天」に相当するのが、今はもしかしたら「天皇」なのかもしれません。

           

           この「天」ともに「殉死」するものは何かないか考えていました。

           ふと思ったのは、もしかしたら「民主主義」なのではないかと。

           

           そう思うと背筋がぞっと冷たいものを感じ始めました。

           しかし、その伏線はいろいろとあると思います。それはこのブログで縷々述べてきたので読み返してください。

           

           でも、そうならないように努力するのが巨大な21世紀の人間なのです。

           期待しましょう。

           

          p.s.

             2019年5日1日、共産党系のメーデーは行われるのか、おこなわれないのか。That is the question!

           

          歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

          天皇の謝罪について

          2019.02.14 Thursday
          0

            JUGEMテーマ:ニュース

             

             「従軍慰安婦」について、天皇の謝罪を韓国国会議長が求めている件について、時代錯誤と日本国憲法についての理解不足があると考えます。

             まず、現憲法下で天皇は政治的権能を有さないので、たとえ謝り、手を握ったとしても政治的意味のないことなのです。

             また、戦争責任も現天皇にないとは、誰しもわかっているので、韓国議長の発言は「怒る」のではなく「諭す」ことが大切です。

             

             ただし、この問題については、日本政府としては謝罪するに値するのです。このことを棚上げにして、天皇謝罪要求にたいしてだけ抗議するなら、責任逃れのカムフラージュとなるのです。

             昭和天皇の戦争責任が追及できなかったことが、この流れを作ったのでしょう。

             韓国人、朝鮮民族が「昭和天皇」憎しと思う気持ちが、韓国議長の行き過ぎた発言につながったと考えるのが自然です。

             

             韓国国会としても、この発言の背景を探るよう議論してほしいと考えます。

             

             

             

             

            歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

            中国共産党員 = 勲章!?

            2019.01.22 Tuesday
            0

              JUGEMテーマ:ニュース

               

                書くのが遅くなりましたが、先日のテレビ朝日の報道ステーションで、キャスターが中国IT企業ファーウェイのCEOにインタビューしていた内容が気になりました。

               今、問題になってるファーウェイ・カナダの副社長(CEOの娘)がアメリカ当局の要請で逮捕され軟禁状態になっていることとの関連でインタビューしたものと思われます。

               この中で、私はCEOの企業や逮捕に関連するインタビュー内容はともあれ、中国共産党についての発言が気に障りました。

               「中国共産党員」であることを強調してインタビューに応じるすがたは、“誇らしく”、世界に報道されることに自信をもっているという様子がよくわかりました。

               GAFAも恐れる5G技術をもつファーウェイの権力者であるCEOが「中国共産党員」である!!!

               しかも、それを活動の源泉とするような態度が、世界にないので驚きを隠せません。

               

               よく考えてみると、ロシア大統領だったエリツィンが旧ソ連時代にソ連共産党員だったことを隠さず語っていたのを思い出します。 

               マルクスの著作の一部を暗唱して入党したということでした。

               

               ところが。

               アメリカや日本では、「共産党員」であることは最大のマイナス要因であり、差別の対象になっています。その差別について永く裁判で争わないといけないくらいなのです。加えて、偏見の対象にもなります。

               もし大企業のトップが日本共産党員だったら!!

               テレビの「モニタリング」でも企画してほしいくらいの内容です。

               政府内、企業内、芸能界の「共産党員」はマッカーサーシズムの対象なのです。

               

               中国では「共産党員」であることが勲章であり、まるで紫綬褒章でももらったのように誇示し、国家に忠誠を尽くすのです。

               誰が共産党員であり、後援会員であり、サポーターであり、シンパであるか。

               それを暴くことは人類に対する罪であることを忘れてはなりません。

               それは思想信条の自由を保障する日本国憲法が最終的に擁護してくれるはずです。

               中国では、主張することで国家の擁護を期待しているのです。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

              西郷どんとラ・マルセィェーズ

              2018.12.17 Monday
              0

                JUGEMテーマ:芸能

                 

                 大河ドラマ「西郷どん」の最終回を見て、鹿児島城山で最期を迎える西郷吉之助と仲間の若者だちが、フランス留学経験がある新八の手風琴でフランス国家である「ラ・マルセィェーズ」を踊っているシーンが流れました。

                 ほんとうにそんな状況があったのかどうか、不明ではあります。

                 

                 「ヒー様」こと、一橋慶喜(徳川最後の将軍)はフランスに助けを求める代償に、鹿児島割譲を要求された事実から考えると面白い逆説でもあります。演出のうまみともいえるでしょう。

                 民衆の革命としての「フランス革命」だったはずの革命が、新興ブルジョアの政権になり、世界最初の労働者政権であったパリ・コンミューンも敗れたあとに、日本では西南戦争だったわけですから、この歌と曲はこの最後のたたかいを盛り上げるのに大いに役立ったかもしれません。

                 

                 反革命と見なされがちな西南戦争は、単なる下級武士が地位と名誉とカネを求めて立ち上がった民衆のたたかいであったともいえます。結局、ご一新とは、上流のみ救う改革になった一面もあるということです。

                 明治維新は、700年の武士の時代、封建時代の終焉ということで間違いないでしょう。

                 一農民、下級武士を救うことになったかどうかという点は深めるべきでしょう。

                 

                1番
                Allons enfants de la Patrie,
                Le jour de gloire est arrivé !
                Contre nous de la tyrannie,
                L'étendard sanglant est levé,
                L'étendard sanglant est levé,
                Entendez-vous dans les campagnes
                Mugir ces féroces soldats ?
                Ils viennent jusque dans vos bras
                Égorger vos fils, vos compagnes !
                行こう 祖国の子らよ
                栄光の日が来た!
                我らに向かって 暴君の
                血まみれの旗が 掲げられた
                血まみれの旗が 掲げられた
                聞こえるか 戦場の
                残忍な敵兵の咆哮を?
                奴らは汝らの元に来て
                汝らの子と妻の 喉を搔き切る!
                *ルフラン(リフレイン)
                Aux armes, citoyens,
                Formez vos bataillons,
                Marchons, marchons !
                Qu'un sang impur
                Abreuve nos sillons !
                武器を取れ 市民らよ
                隊列を組め
                進もう 進もう!
                汚れた血が
                我らの畑の畝を満たすまで!
                (Wikipediaより)
                歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

                資本主義の刑罰

                2018.12.10 Monday
                0

                  JUGEMテーマ:学問・学校

                   

                   以前、パシュカーニスというロシア法学の著作を読んだことがあります。

                   資本主義的所有論に基づく家族、私有財産論を論じていたと記憶ましす。

                   

                   たしかに、平たく言って、ゴーン氏のように金持ちになったのは搾取の結果に過ぎないということを主張していたように思います。

                   敷衍すれば、美術館も豪邸も宝石も搾取の賜物なのです。

                   ここから出てくる考えは、中国の文化大革命と同じになります。

                   はては、マオイズムの極限化であるカンボジアの「クメール・ルージュ」になりましょう。

                   

                   資本主義とその前史すべては「搾取」という原罪を抱えていることになり、それを清算しないと次の時代に移れないという矛盾を抱えることになります。

                   しかし、文化大革命にしろ、カンボジアの大虐殺にしろ、破壊の限りをつくしただけで、人間性や命さえも無にしてきたことは歴史的事実です。ユン・チャンの「ワイルド・スワン」や映画「キリング・フィールド」を見てもその惨たらしさはよくわかります。

                   資本主義による蓄積行為そのものを「罪」にすると破壊につながるのです。

                   

                   海外では、ゴーン氏の金商法違反による拘留はひどすぎる、社会主義の中国みたいだという意見が散見されます。

                   それは、資本蓄積「罪」のような資本主義否定の考えから来ている意識なのです。

                   本来の社会主義は「否定」ではなく「包含」であり、いわば資本主義の発展解消です。

                   物理学でいえば、アインシュタインの運動方程式(社会主義)がニュートンの運動方程式(資本主義)を含むようなものなのです。

                   

                   ですから、ゴーン氏の拘留についての「ひどい」という意見は、日本の和洋折衷的な法制度の賜物からくる様式に、「社会主義」についての偏見がからんでできた世論というべきでしょう。

                   蓄積分配だけから考えないで、生産力の拡大と貧困の除去から「社会主義」の意味を考え、ゴーン氏がどういう罪を犯したかを知るべきでしょう。

                   ちなみに、ゴーン氏は年収10億程度でしたが、ソフトバンクの外人取締役は年収100億だということも考慮すべきです。

                   

                   

                   

                  歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  朝鮮人徴用工訴訟原告勝利

                  2018.10.30 Tuesday
                  0

                    JUGEMテーマ:旅行

                     

                     韓国は韓流ブーム以来、旅行ブームであり続けていました。

                     しかし、今回の韓国の最高裁判決が新日鉄に徴用工に対する賠償命令を下したことにより、少し違う意味をもつかもしれません。

                     

                       政府は1965年の両国協定を持ち出して「解決」はなされたものと理解していたのに寝耳に水で、国際裁判に舞台が移りそうです。

                     国際司法裁判所で争われる事態になります。

                     

                     経済界も遺憾表明していますが、「徴用工」の歴史事実を明らかにする責任は負うと思います。

                     韓国政府は三権分立の名のもとに、最高裁判決を尊重するとしています。

                     

                     まだまだ、これから戦時中の財界の責任は追及されるでしょう。東京裁判では、天皇と財界の責任追及はなかったわけですから、今に至ってしっぺ返しがきているようです。

                     

                    p.s.

                      その後、日弁連有志はこの徴用工の問題について個人の補償請求権が消えたような政府の言い分は間違いである、と声明を出してことの本質は補償の他に人権問題であり奴隷的拘束のもんだいだと主張しています。

                     

                     そうです、そのとおりです。

                     国際司法裁判所に提訴しても、日本政府は敗訴するのが分かっているはずです。

                     

                    歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    西城秀樹と東条英樹

                    2018.05.17 Thursday
                    0

                      JUGEMテーマ:ニュース

                       

                       歌手の西城秀樹が亡くなりました。

                       

                       「君が望むなら 命をあげてもいい」

                       

                       このフレーズが心を揺さぶったものです。マイクパフォーマンスも、革命的でした。

                       

                       さて、少しは歴史を知っている人なら、このフレーズに込められた皮肉はわかると思います。

                       

                       「大君が望むなら 命をあげてもいい」

                       

                       これは、教育勅語や軍人勅諭の精神なのでした。

                       

                        1970年代の西城秀樹は東条英機とは180度違う意味を謳歌したのです。

                       

                       「ハウス、バーモントカレーだよ」「秀樹、感激」「YMCA」

                       

                       みんな、70年代の彼のおかげです。

                       

                      歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      リンク モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ