ユリアンとキンタロー。

2017.12.13 Wednesday
0

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

     

     ユリアンは「ゆりあんれとりばぁ」の略で、吉本所属の女性芸人。先日W1(女性版R1)で優勝した芸人です。

     キンタロー。はAKB48の前田敦子の卒業発表物まねで一世を風靡した松竹所属の芸人です(ダンス以外ないのですが)。

     

     ユリアンの得意は、アメリカ・アカデミー賞受賞者の感極まる物まねやピアノを奏でながら芸をすることで、爆笑を買っています。

     キンタロー。は、得意の社交ダンスを生かして、2017世界選手権で世界7位の日本人過去最高の位を獲得しています(相方の“ロペス”さんも称賛すべきです)。

     

     芸は身を助けるといいます。

     最近の芸能人はひな壇で面白い反応をして人を笑わせる能力にはたけていますが、この二人はネタに芸術を生かして笑わせるというかつてない才能をもっています。

     プロポーションが面白いので舞台に出てきただけで笑います。それは、一種の見下げ笑いではありますが、披露する芸は一流なので感心してしまいます。

     

     芸のためなら女房も泣かす〜♬

     という時代はもう遠くに去りました。芸の在り方に大きな潮流のうねりと革新を感じます。

     オカリナ・ゆいPコンビのようにセクハラを告発するネタやユリアンのようにセクハラを笑い飛ばす芸が増えています。

     女性ナンバーワンということ自体、アメリカではセクハラと受け止められる構造的矛盾を含んでいますが、それは社会全体で解決しましょう。

     いずれにせよ、以上の二人を含め、先日亡くなった染の助・染太郎の芸のように、一流芸と芸術で人を笑わせる芸が増えることを期待します。

     

     

    芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

    AKB総選挙名言集とシェイクスピア

    2013.06.16 Sunday
    0
      JUGEMテーマ:芸能


      名言集が数々出版されているのはシェイクスピアだと思います。
       一人であれだけの名言を創作できる人はそうざらにありません。
       
       さて、今回のAKB第5回総選挙でも、決意表明を伴った名言が生まれました。
       新興宗教の集会や政党の大会にも似ていますが、最終的な集団の決定はありません。
       そこに興味を持ち、その一端をシェイクスピアの格言から発言の意味を分析してみます。


      ◆「絶対にAKB48は壊しません!」【1位 指原莉乃(HKT48)】

        ・・・「皆が何かを演じねばならぬ人生という舞台で、自分の役は悲しい人物」(ベニスの商人、アントニオの言葉)
       (解説)
       皆に好意と敬意を寄せられながら、誰一人としてしっかり結びつく同僚のいないアイドルとして指原莉乃はAKBを支える決意をしたのです。


      ◆「おなかを抱えて笑ってしまう総選挙は初めて」【2位 大島優子(AKB48)】
          ・・・「俺は見えるとおりの俺ではない」(オセロ、イアーゴーの言葉)
        (解説)
        徹底した表裏、自己の二重性を自覚した大島優子は、したたかな自信をもって「指原は別ジャンル、本当の一位は私」と言いたかったのです。


      ◆「どのメンバーよりも、自分自身をAKB48に捧げてきた自信があります」【3位 渡辺麻友(AKB48)】
        ・・・「クルミの殻に閉じ込められようと無限の空間の王者の気持ち」(ハムレットの言葉)
        (解説)
        アイドル界という固いクルミの中で大島優子との二大政党争いだったけれども、クルミの外にいた指原に負けてクルミの存在に気付き、さらにクルミをやぶって前進したい気持ちを表現したものです。


      ◆「私、篠田麻里子はAKB48を卒業します」【5位 篠田麻里子(AKB48)】
        ・・・「平和を求めてひざまづくべきなのに戦いを仕掛け」(じゃじゃ馬ならし、キャタリーナの言葉)
        (解説)
        昨年「潰すつもりで来て」と後輩にたたかいを仕掛け、育てあげた辛い思いを篠田麻里子は卒業で表現しまた。さらに、「仕え、愛し、従うべきなのに、支配と優位と権力を求める」AKBからの卒業でした。


      ◆「成功への一番の近道は、成功するまで失敗し続けること。あきらめないこと」【8位 高橋みなみ(AKB48)】

        ・・・「そこで流す涙によって生まれ変わりたい」(冬物語、レオンティーズの言葉)
        (解説)
        「冬物語」では悔悟の言葉ですが、高橋みなみは成功しても更に生まれ変われるポテンシャルがありますね。


      ◆「少しでいいので速報前に投票お願いします」【9位 小嶋陽菜(AKB48)】
        ・・・「阿呆を演じられるくらい賢い」(十二夜、フェステの言葉)
        (解説)
        人々が酒か恋か自惚れに酔いしれる一夜の祭りの中で、実は道化のように冷めている小嶋陽菜でした。

      芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

      コメディエンヌとアイドル

      2013.03.07 Thursday
      0
        評価:

        わくわく製作所 (株式会社ハゴロモ)
        ¥ 1,000
        (2012-11-30)

        JUGEMテーマ:芸能

         イタリアからの風。
         イタリアの新党「五つの星」の党首はグリッロ氏というコメディアンです。フィナンシャルタイムズ(FT)では、イタリアの難局を克服するためにイタリア人は「ファシストよりもコメディアン」を選んでいると皮肉っています。
         さしずめ、ビートたけしが政治家転身のような格好です。


         さて、しかし、日本でもアイドルグループのAKB48総監督・高橋みなみ(たかみな)さんが、政治に興味があるらしいとネットで随分書かれています。それは、秋元氏と田原総一郎氏の共著が出される際に、「たかみな」のリーダーシップを話題にしたところから起こっているようです。
         
         先のグリッロ氏。FTでは「先行きが暗い時、怒りとユーモアを組み合わせるコメディアンの力は政治的に奏功する。コメディアンは、代わり映えしない政治のうぬぼれを覆す型破りな提案もできる。」と評価されいます。
         
         では、日本のアイドルはアジアに莫大な影響力をもつため、これは人寄せパンダではない力として評価してもいいのではないかと考えるものです。
         しかし、中身が古い自民党型だったりすると、がっかりしますけどね。そういう可能性も大であることは否めません。
         コメディアンから政治家に転身したのは、西川きよし氏、青島幸男氏とかコロンビア・トップ氏、大阪では船場太郎氏とかがいます。
          アイドル?から政治家に転身したのは三原じゅんこ、ですかね。
         トップアイドルからの転身は寡聞にして知りません。
         
         問題は政治の中身を抜きにして語られる風潮があるということです。
         ファシスト・橋下大阪市長は「私が嫌いなら選挙で落とせばいい」 
         コメディエンヌ・キンタロー。は「私のことが嫌いでも○○のことは嫌いにならないでください」
         
         この猝掌性瓩倭蠍澆傍嫐紳蠅里茲Δ忙廚┐泙后
         すなわち、キンタローは逆の政治家なのです。

         「先行きが暗い時、怒りとユーモアを組み合わせるコメディアンの力は政治的に奏功する」という先の言葉は、反撃の言葉となって響いてきますね。キンタロー。はAKB総選挙に出たいそうですが。
         子どもから大人まで反撃の言葉として使えます。キンタロー。は巧いモノマネを発見しました。
         
         スギちゃんが民主党の大胆と臆病を表現したように、キンタロー。は国民の反撃を表現しています。
         日本もファシストより、コメディエンヌを選んだほうがよろしいようで。
         面白い。


          P.S.
          その後のニュースで、高橋みなみさんは、石破自民党幹事長と永田町で対談しました。
         こういうのが、立候補のきっかけになるのですよね。
         





        芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

        キンタロー。は前田敦子の神性

        2013.01.26 Saturday
        0
          評価:
          ---
          (株)オガワスタジオ
          ¥ 1,848
          ()
          コメント:面白い商品。

           と、言えば、ええええっ!と反響しますかね。
           
           ところが、「前田敦子はキリストを超えた」というタイトルの新書が出ています。
           多くの英雄の幼少期は気の優しい臆病な子どもであることが多いのですが、成長した前田敦子もそうでした。
           そして、「私のことは嫌いでもAKB48のことは嫌いにならないでください」という名言は利他性の発露であることがこの本には書かれています。
           
           キリストはローマやその手先の迫害に抗することで磔刑にされ、政治的見せしめにされました。
           その姿と象徴が十字架であり、キリスト教の存在を示す武器になりました。
           その点では、前田敦子はまったく違います。
           以前からこのブログでも主張しているように、前田敦子は、政治抜きの「たたかい」の先頭に立っているのです。
           芸能界の軋轢や自分の限界とたたかっているのです。
           そのたたかいに全身全霊をあげている姿に多くの人は感動するのです。
           自分を捨ててAKBを守ろうとする健気な姿を人は応援しようとするのです。
           
           ただし、政治抜きだという点を忘れてはなりません。
           イエスは政治とたたかったのです。その点に大きな違いを見出さずに、キリストを超えた、と言えば不遜のそしりは免れません。
           もし、前田敦子にどうしてもキリストを超えさせたければ、沖縄で基地撤去闘争で旗を持たせ、反原発運動で首相官邸前で拡声器を持たせなければならないのです。現代の小林多喜二に匹敵するような活動をしないとキリストにはなれません。
           
           したがって、実は「不遜」という言葉も言い間違いで、行為を行っている場所が違うのです。
           たとえば、ニュートリノの世界と超銀河の世界の違いです。同じ法則で記述されないのです。
           ところが似ている点があるので、超えた超えないの評価になり、絶対性を侵したような不遜な話になり下がるのです。
           
           ところで、キンタロー。は前田敦子のモノマネでブレイク中。きっとR1グランプリで優勝し、スギちゃんのブレイク度を超えるでしょう。
           このキンタロー。を見るにつけ、死んだ前田敦子を見るようです。そう、キリストが殺害されてから復活したように、前田敦子もAKBのまま復活したのです。
           「第2章」に入ったAKB48との共演で、キンタロー。はフライングゲットの触りを踊りましたが、このダンスの質はAKBを超えていました。つまり、キリストが人間性を超え神の領域に入ったと同様、ニセの前田敦子も神の領域に入ったのです。
           まるで、パックのAKBの踊りがさぼっているかのように見えました。
           そういう意味でキンタロー。は「フライング」してしまったのです。芸能界では実力より人気が優先するためです。
           
           以上の論証により、前田敦子は犹爐鵑性瓩噺世┐泙后
           キンタロー。は“死んだ”前田敦子としての神なのです。ただ、4頭身になっています。
           そして、前田敦子は“死んだ”キンタロー。としての人間なのです。 
           『ヨハネ伝』の第12章24節のキリストの言葉。
           「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」
           前田敦子は犹爐鵑猫畭燭を実らせています。
          (敬称略)


          【キンタロー。の最近の主なTV出演番組】
           1.有吉反省会( 2012年12月26日、日本テレビ) 
              ---キンタロー。がブレイクのきっかけになった番組。有吉氏が「続けてください」と。
           2.とんねるずのみなさんのおかげでした(2012年12月27日、フジテレビ)
              ---とんねるずに気に入られた番組。ダンスのキレが凄いと。
           3.マバタキー(2012年12月31日、フジテレビ)
             ---カトパンにダンスが気持ち悪いといわれるも、瞬間爆笑をゲット。 
           4.新春レッドカーペット(2013年1月1日、フジテレビ) 
            ---前田敦子がアントニオ猪木と井上陽水のモノマネをやったらこうなる、かな。
           5.Shibuya Deep A(2013年1月11日、NHK総合)
           6.行列のできる法律相談所 (日本テレビ、) 
            ---手短にキンタロー。の芸がわかり、中尾ミエに認められる。東野に「頼もしい」と言われる。
           7.サンデージャポン(2013年1月20日、1月27日、TBS)
           8.火曜曲! (2013年1月22日、TBS) 
            ---極めつけ。本物のAKB48とフライングゲットをセンターで踊る。こじはるの物まね初披露。
           9.特報B級ニュース(2013年1月22日、テレビ東京)
            ---田原総一郎とやくみつるの前でフライングゲット。先輩芸人にいじられても芸で応える。
           10.ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (2013年1月27日、日本テレビ) 
            ---ダウンタウンの前で持ちネタ・パンキュパイとフライングゲットを踊る。
           11.演芸パレード(2013年1月27日、TBS) 
            ---前田敦子がビートたけしの「コマネチ」をやったらこうなる、かな。
           12.スタードラフト会議(2013年1月29日、日本テレビ) 
            ---サムとHIDEBOUの前でサンバTicoTicoとフライングゲットを踊る。

           5.と7.以外はいずれも、YouTubeで見ることができます。そしていずれも大爆笑です。
           個人的には、テレビではないチャーリー・チャップリンを模した芸やスタードラフト会議のTicoTicoが面白く、芸の底力を感じます。話芸の間(ま)を会得しているようですし、さらに技を磨けばたけしやさんまを超える女芸人になる素質をもっていると思います。
           「NEWSポストセブン」の記事が本物かどうかの確認はできませんが、深い悲しみを乗り越えたチャップリンに相当する笑いも感じます。
           人を見下げた笑いがないことと、女性の地位向上をはっきり言える「キンタロー。」を応援しましょう。

           2月12日のR1グランプリが楽しみですね。

          http://ameblo.jp/kintalotanaka/

          http://www.shochikugeino.co.jp/talents/03/kintaro.html


          P.S.
             R1でキンタロー。さんは優勝できませんでしたが、人気はウナギ登りです。
           前田敦子さんも3月16日からソフトバンクのCMで「フライングゲット」を決めています。
           「よくやった」「ふっきれたね」と周囲から言われています。
           お互いの交流が楽しみです。
           いつ、どういう企画で対面するのかな?
           キンタロー。が24時間テレビでマラソンに参加し、ゴールしたときのサプライズで前田敦子が出てくるとか。
           
            













          芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

          二股論の落とし穴--橋下編

          2012.07.22 Sunday
          0
            JUGEMテーマ:芸能

             いつか暴露されるとは思っていました。
             高級クラブのホステスとの関係は、これまでもよくあることです。アフターを楽しむために酒を飲み、口説くというのが普通の世界です。でなければ、家飲みで女房を口説いて二人で楽しむのがいいのです。でも、スチュワーデス姿にはなってくれないと思います。
             みのもんた氏も心痛いと自責の念を述べつつ、橋下大阪市長を擁護する猩誠忰瓩鯆イ辰討い泙后
             ヤフーに寄せられる意見も、橋下擁護の意見が多いらしく、ホステスは金もらって汚い、プロならべらべらしゃべるな、新地(大阪の高級クラブのある街)もレベルが低下したな、などと非難ごうごうです。中には、週刊文春の取材陣・経営陣も同じことをやっているだろ、という挑発的な書きこみまであります。
             公的な立場だからダメで、そうでない立場なら許されるという姿勢が、この問題の落とし穴です。
             クロートとの不倫なら社会的には良くて、シロートとの関係なら許せない、という前提倫理がここにはあります。そのうえで、公的か私的かという分類がかかる集合関係の「結び」部分が、橋下不倫問題なのです。
             一方、女性団体の反応はどうでしょうか。あまり報道されませんが、程度が低すぎてコメントできないということでしょうか。しかし、この前提倫理については深くコメントすべきでしょう。少なくとも、それが全く女性団体のホームページにはない。倫理的道義的責任を問う政党もなさそうです。
             マスコミ報道も内規に比して、偏り過ぎています。
             橋下氏も、刺青という個人的な問題を調査を調査したのであれば、男女間の不倫について一斉に調査したらどうでしょうか。
             不倫の回答があった役人は、人目に付かない業種に異動するくらいのことをやれる実力をもっているはずです。
             「6年前の浮気ぐらい大目に見てよ〜♪」と嘉門辰夫が大阪市役所主催のイベントで歌いました。おみごと、見事的中です。これぐらいの皮肉で揶揄する度胸が芸能人には必要です。
             塩谷氏にしても、原監督にしても、どうしようもない下半身の持ち主だということですが、それで週刊誌等が売れて儲ける会社と人間がいます。また、上手くしてそれで有名になり大金持ちになるきっかけをつかむ石田純一氏などもいるわけです。
             「英雄色を好む」という諺は男性だけでなく女性にもあてはめることはできます。儲かるからエロを売るという利益第一主義が、女性が敗北して以来続いています。
             今も、総理をやる人や松下幸之助氏など企業のトップも不倫関係や愛人を持つことは、暗黙に社会的に許されてしまっています。
             それも甲斐性があるからだという人もいるでしょう。小沢夫人の手紙問題を反故にしてしまったマスコミも許されません。
             ましてや、これが風俗だったら全く問題にならないのです。
             だから、今回発覚した橋下氏の行動は正しいかという論理は通用しません。他にも猴昇甅瓩呂△襪任靴腓Α
             選挙で審判されると豪語しているようですが、勝ちますよ、こんな情勢では。女性もある程度はゆるすでしょう。
             といっても、それが不倫問題を解決し、許諾を与えたことには全くならないのです。
             元大阪府知事のノック氏は、若い女性の下着ごしに下腹部の中に指を入れて生理の血を舐めたことがハッキリしたため、断罪されたセクハラ事件です。 
             こういうセクハラが悪くて、プロとの不倫関係が社会的に許されるのは解せない論理です。シロートとの不倫についても、判例は2分しています。
             これも、多くは力関係で決済される道徳です。
             今回の二股は、相手がシロートかクロートか、本人の職業が公的か私的かで争われているだけで、ことの本質に触れない報道となっています。
             相手がスチュワーデス姿かどうかは、センセイションにしかならないのです。
             
             (不倫関係許容実態図)

                  │公的   │私的 
             ---------------------------------
             素人  │     │
                  │×    │○
             ---------------------------------
             玄人  │○    │◎
                  │     │
             ---------------------------------
             風俗  │◎    │◎
                  │     │
             ---------------------------------

            芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

            堂本光一氏の頑張り

            2010.08.19 Thursday
            0
              あんなに頑張っているとは知らなかった!
              顔を血だらけにして階段落ち。息をつかさない殺陣。
              堂本光一氏は、今、帝国劇場で「ショック」というミュージカルを座長として公演してます。
              毎回毎回、ぶっ倒れるほど頑張っているのです。
              NHK特集でその勇姿を見ましたが、支える人々もよく描けてます。
              Show must go on!
              が、そのミュージカルの基底にある思想です。
              その実践が堂本光一氏ミュージカルでもあるのです。
              どこかで聞いた名称だなと考えていたら、クィーンのナンバーにもあります。 ショーの世界の非情を歌うのです。
              身体のアチコチが傷ついても、身内に何があっても、ショーは続けなければならないのです。哀しい職業ではあります。
              堂本光一氏は以前テレビで安保がないとダメとか言っていたので、あまり好きになれなかったのですが、座長としての成長で精神的にも大きくなり、好感を持てるようになりました!
              でも、何故、そのミュージカルをそこまでしてやるのかの深めに不足しているとも思いました!
              止めると皆に迷惑かけるからというのは本質的な理由じゃない。
              「ショック」という中身に理由があるのだと思いますが、それが見えなかったのが残念です。
              マイケル・ジャクソンの「This is it」の演出家が誉め揚げていたのは、本当はどの部分だったのでしょう。
              ショーは興行として商業的に成功しないと誉められないのです。
              いくら芸術的に高度であれ、儲かるかどうかなのです。
              儲からないと、ショーは続けられないのですから、ショー・マスト・ゴー・オンは、「儲け」の哲学に他ならないのです。
              ショーをする労働者にとっては間接搾取甘受の「哲学」です。
              奇しくも週刊東洋経済は儲ける「哲学」を特集しています。
              矮小化されたる哲学を。 これをして矮小哲学と名付けてしかるべきかな。
              芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

              裸になって何が悪い倫理観

              2009.04.26 Sunday
              0
                人間は裸で生まれます。裸でないとセックス出来ません。裸でないと風呂に入れません。だから裸になって何が悪いのでしょうか。
                人類が衣類を身にまとうようになって、公衆の前で局部を見せるのは自分にとっては恥ずかしく、他人にとっては不快になりました。そこに自制心と法律が成立した背景があります。
                だから、まず裸になるということは幸福追求権というプライバシーであります。一方、公共の生活からすると公序良俗を侵害することになってしまいます。公序良俗の観念は、スカートが許されない国や時代があるように、時代と国によって違います。
                未開地域の裸族やヌーディスト村は、公序良俗として、公然と白昼堂々と裸になるのが許容されてます。 でも、日本では許されていないのは、江頭を見ても明らかでした!ネットの2チャンネルでは、くさなぎ事件は創価学会のしわざとか、大麻をラリッていたの権力を使って泥酔ということで落着させただの、口さがない迷妄が横行しています。
                しかし、何故、あんな時間に、取り巻きの多い芸能人が、裸で騒げたのか?それが不思議、不思議です。定額給付金や補正予算の不備をカモフラージュするテレビ世論操作でしょうか。反国民的な二大政党政治を目隠しするためでしょうか。そんな高度な事件でもないように思います。
                夜寒くて裸になれないホームレスや派遣切りもいる公園で、裸になってなぜ悪いと言う兄ちゃんもいる。 だから、裸になるのは基本的人権です。公序良俗のもと、大志を抱け!
                芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

                チョナン・カン

                2009.04.23 Thursday
                0
                  SMAPの草薙剛さんのことです。韓国ではそう呼ばれています。
                  素っ裸で公園で騒いだとかで逮捕されました。先日私の行った六本木の公園です!
                  地デジ大使になってますので総務省もカンカンです。しかし、六本木は大麻取引もあれば、なんでもありのところですから、注意しないと行けませんね。
                  芸能界やテレビの世界は朝まで飲んだり騒いだりはあたり前田のクラッカーですから、有名人でなければ公然猥褻は日常茶飯事に思えます。その土壌にこの事件があると思います。
                  裸で捕まった尾崎豊や海に飛び込んだ宅八郎、バイクで飲酒事故のたけしなど、一杯事件がありますので、このままの社会性のない芸能界なら支配者にしやすい世界に一層なることでしょうね。
                  芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  ルー大柴のルーツ

                  2009.02.07 Saturday
                  0
                    ルー語を操るルー大柴のお祖父さんは長崎の貧しい農民の子どもでした。10歳で時計屋に丁稚奉公に出ました。その後、ウラジボストクへ進出、時計屋をやりながらロシア語を修得、ロシア革命を経験、ハルビンに転居しました!堪能なロシア語を活用して時計屋の商売を拡張し成功しました。当時の絵葉書に描かれるほどのランドマーク的店舗になりました。その財力で子どもたちには良い教育を受けさせ、英語、中国語、ロシア語を習わせ、音楽にも家庭教師を付けました。そういう教育を受けた次男(ルー大柴の父)は、日本の大学に学び、陸軍に入隊、満州に出征。ハルビンの実家はソ連兵士にトラック3杯分の時計宝石を略奪されました。一方、次男はシベリア捕虜、強制労働、通訳としても働きました!ハモニカが得意でその演奏で捕虜を励ましました。1949年舞鶴に帰国。その後、1954年、ルー大柴が生まれたのです。人に歴史あり!日頃知らないルー大柴が、ここにいました。ルー自身も知らない歴史がありました。泣いてました!ルーが変な英
                    語を使う背景にはお父さんの影響がありますね。お父さんは「マイ・サンがいつかテレビジョンにでる」と言っていたそうです。財力と教育と世界大戦がルー語のルーツですか。深い番組でした。
                    芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    キューバのアイドルだった石野真子

                    2009.01.29 Thursday
                    0
                      チェ・ジウ、イ・ヨンエと言えば、韓流ドラマのアイドルです。小林綾子はインドの「おしん」の爆発的人気でアイドルに、高倉健は「君よ憤怒の河を渡れ」で中国のアイドルになったそうです!そして、なんと、石野真子はキューバのアイドルになっていたそうです。かつてのNHK大河ドラマ「いのち」で地域医療に命を懸けた主人公の妹役で出演、キューバにも放送され、視聴率80%!だったそうです。カストロの姪からファンレターも来たぐらい。医療問題で視聴率が良くなるキューバは、ゲバラの影響かも知れません。
                      芸能を正しく見る〜と|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ