推定無罪にできない政治家たち

2017.03.23 Thursday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     久々の証人喚問で面白く聞いています。まずは、参議院。

     

     生々しく密室で「100万円」を渡されたという事実が籠池氏から出てきました!

     しかし、小学校設立申請認可に政治的な力が働いたということについて、それは法的な証拠より、基準の規制緩和や法外なダンピングの事実という状況証拠が決め手ではないのか、と思います。

     でも、このままでは現在の訴訟手続きでは、証拠不十分で「推定無罪」という不条理な結果になりますので、何としても証拠を挙げないといけません。

     刑事的には明恵総理夫人が森友学園理事長室に入った証拠、たとえば室内に落下した髪の毛、渡した封筒の指紋採取などを捜査すればいいのではないかと思うのです。そこまですれば、封筒の中身について明恵夫人も白状せざるを得ないでしょう(そこまでしないと出てこないとは恥ずかしい限りですが)。

     

     

     自民党議員の質問は「恫喝」ですが、それは政権維持のための叫喚なのです。むしろ、その方が自民党がうさん臭い証拠なのです。共産党は安倍政権は脆いと評価したことがありますが、明日にも辞任会見があるかもしれませんね。

     

     ところで。

     新たな口利き疑惑の政治家名が出てきました!!

     北川、柳本、東氏です。北川氏は安倍内閣の一員、柳本氏は中曽根元総理の秘書の大看板があり、東氏は恫喝の効く名うての政治家です。

     それに直接ではないが松井大阪府知事を恨んでいる様子も明らかになりました。また、籠池氏の息子は日本会議から派遣された、山谷えり子議員の選挙スタッフです。

     こう考えると、内紛の解決に野党が駆り出されているように思います。「不当利得」を守る大義はない!と自民党が意気込んで証人喚問でブタ箱に追い払えという茶番劇にも見えます。

     

     名前が挙げられた政治家は、早く事実を明らかにしたほうが身のために良いと思います。

     

       籠池氏がんばれ!!

     

     

    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

    「『森友学園』の火薬庫」という記事

    2017.03.15 Wednesday
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

       週刊新潮の記事には、川田という森友学園PTA役員が、政治家に“口利き”したという記事が出ています。

      本当かどうか。

       本命が、鴻池議員➡麻生副総理というラインであることで、それを暴かないためいろいろと策を練ったということです。鴻池氏が共産党に面談記録を渡し、記者会見したのもその一つなのでしょうね。

       

       元理事長の外国特派員協会での会見が延期されたのは、このことが原因なのかもしれません。

      佐川急便事件のような一大スキャンダルの様相を呈してきました。ただし、金儲けではなく教育勅語的な思想教育を推進するために金を出した、というような事件です。

       森友学園元理事長が怒り、その息子が面談記録が共産党に渡る!!ということに腹を立てるのも当然です。

       元府知事の橋下氏が小学校設置基準の規制緩和のミスを認め、デヴィ夫人が100万円カンパし、・・・・有名人がこぞって応援しているにもかかわらず、今になって、なんだ!!ということでしょうね。

       これは彼らのいうように、まさにトカゲの尻尾切りです。

       

       

      今そういうスキャンダルについて、菅野完氏が直接インタビューしている「ゆるねとニュース」が面白い!!    

      http://yuruneto.com/sugano-kagoike/

       

       

       

      P.S.

      ちょっとその前に、MEGA地震の兆候がある!!というのも気になるニュースです。

      政界と地殻の大変動があるかも。

       

       

      日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

      世界一への執念と少数派

      2016.09.27 Tuesday
      0

        JUGEMテーマ:ニュース

         

         安倍首相の臨時国会所信表明の最初の言葉が、民進党代表・蓮舫氏への当てつけのような言葉でした。

         しめくくり演説でも挙げられた蟹かまぼこが世界のトップシェアを誇るようになるまでの道筋は、NHKの「プロフェッショナル」のような苦難の道があっただろうと容易に想像できます。

         しかし、こういう問題は、どの点からみて、トップとか一位という評価が与えられるかが問題です。

         SMAPの歌にもあるように「NO.1にならなくてもいい、もともと特別なONLY1」というのは、評価軸が違うところからきています。

         安部氏の表明は、当然ながら2020年オリンピック・パラリンピックを見据えての発言でしょうが、それを経済分野のシェア一位にすり替えた発言だと思うのです。

         科学技術も一番に発見しないと最先端には行けませんが、だからと言ってそれがシェア1位を獲得するとかとは関係がありません。

         

         振り返って、軍事費1位とか、核兵器保有数1位というのは良いことがどうか。

         「幸福度」ナンバーワンというのが先進的なのかどうか。

         これは「多数」ならば正しく、「少数」ならば間違っているという考え方に近い、過去の過ちです。つまり、なしてはならない歴史上の汚点なのです。

         

         今回、自衛隊や海上保安庁についての演説をしているときにスタンディング・オベーションだったことがニュースになり、それが素晴らしいとか、反対に恐ろしいという評価が下っています。「人殺し」予算と発言した共産党幹部への批判としての群衆心理がここにも表れています。国会はかなり危ないことになってはいないか、国民は相当チェックする必要があります。

         この事態について、かつてのファシスト党や現在の北朝鮮を思い浮かぶ筋もありますが、この「少数・多数論」を歴史上の教訓として議論すべきときが来たのではないかと思います。

         そして、それが現代民主主義を論ずる上で中心点として本質的議論がなされる問題なのです。

         

         

         

         

         

        日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

        気をつけよう 甘い言葉と 自民党

        2016.06.14 Tuesday
        0
          JUGEMテーマ:ニュース

           ついに安部氏は墓穴をほりました。
           「気を付けよう 甘い言葉と 民進党」「気を付けよう 甘い言葉と 共産党」
           どこかで行った演説の言葉です(共産党の方は報道されていない、と思います)。

           しかし、これらの標語的演説はむしろ自民党に当てはまるのです。
           多くの国民は、「三本の矢」に始まる甘い言葉に乗せられてきました。
           財界さえアベノリスクに振り回され、彼らが期待していた消費税増税も延期になってます。
           期待していた舛添東京都知事にも裏切られています。
           裏切られた公明党は、トカゲの尻尾切りならぬ、頭切りで参院選を乗り切ろうとしてます。
           乗り切ろうとした参院選も、この言葉で、戦前の暗黒標語で、良心的保守派も離れました。
           離れてしまった小舟であるヒトラーばりの反共主義者としての安部首相は、さらに追いつめられるでしょう。
           追いつめる主体は国民共同の意思です。

           安部首相は思うでしょう。
           「リーマンショックなみ」は使ったから、「大震災級」の自然災害は来ないかなぁ。
           そしたら強権発動して勝てるのになぁ。
           
           私たちは交通標語の内閣総理大臣賞を知っています。
           最近ものを拾って、政治的に読んだら内閣総理大臣に批判的になっていることに気づかされます。
           

          にっぽんを じまんしようよ 事故ゼロで

          いい老後 元気生きがい 交通安全

          いそいでも かならずかくにん みぎひだり

          車にも 乗せようマナーと 思いやり

          行けるかな 渡れそうでも 待つ勇気

          安心を 光で届ける 反射材

          渡れそう 今なら行けるは もう危険

          広げよう どうぞの気持ちと 車間距離

          油断せず いつも心に 初心者マーク

          思いやる 心ひとつで 事故はゼロ

          まぁだだよ 信号青でも 右左

          自転車も 飛ばせば怖い 暴走車

          その違反 小さな瞳が見つめてる

          青だって 油断大敵 みぎひだり

          広げよう ゆとりと視野と 車間距離

          迷ったら 渡るな走るな 次を待て

          無理しない 用心深さも 年の功

          止まるはず 老いの甘えが 招く事故

          はしらない! ぼくもきゅうには とまれない

          とび出す一歩に とびつく危険


           
           


           こんな危険に対抗するのは憲法と国民主権の発動なのです。みなさん。どうでしょう。



           
           
           
          日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

          自民「文化芸術懇話会」と文化レジスタンス

          2015.06.26 Friday
          0

             ここまできたら、反ファシズム統一戦線を組みましょう。
             文化レジスタンスです。
             
             安保法制の審議がままならないので、沖縄タイムスと琉球新報が憎いと言いたいだけでなく、マスコミ全般に攻撃が向きました。
             国会会期が150日と定められているのは、1年365日のうち週休1日を引いて約300日、国民の現状を聞くために150日、それを踏まえての国会審議が150日ということでしょう。
             その内に法案が議決されないのなら廃案であって、それが民意なのですから、本来それを受け入れるのが筋なのです。
             なのに強行日程を決め、安保法制を「決めるときは、決める」などと答弁するのは、これファシズム以外なにものでもありません。
             (これまでも、延長日程を容認してきた一部野党にも責任はあります。)
             
             件の懇話会では、若手議員から「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」などという発言がありました。
             井上貴博衆院議員(福岡1区、当選2回)は、「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、広告の提供(スポンサー)にならないということが一番(マスコミは)こたえる」と、マスコミをたたいた“前科”を認めました。
             
             では、テレビと新聞をまっ黒にしてみてはいかがですか?しかもゴールデンタイムに。困るのはどちらでしょう。
             いや、それぐらいマスコミは自主的にレジスタンスすべきです。

             憲法は、嫌がる政府への請求書なのです。そういう意味では「押しつけ」憲法でもいいのです。今でも、日本国憲法は生きています。
             「文化芸術基本法」でも、その論議の過程では「表現の自由」は当然守ることが政府答弁でも明らかなのです。
             そういう法制の根幹も覆して、なぜ、安倍政権は暴走するのか?

             そこには、アメリカの圧力があるとしかいいようがありません。官邸近くには米大使館があり、六本木には米将校の住宅があり、いつも政府を見張っています。「憲法を守らない」野蛮な日本を「憲法を守る」アメリカが重視するわけないでしょう。

              法科学生学習必携の「砂川事件」判決は、地裁で「米軍違憲」、高裁飛ばして最高裁で「米軍合憲」でした。
             これは、アメリカ公文書資料で、アメリカからの圧力で変更されたという歴史が暴露されています(注1)。

             今回は、広告料で成り立っているマスコミに対する最大の挑戦が来ています。
             戦前、戦争に協力したマスコミの不十分な反省のつけが今来ているように見えます。
             でも、今回の事態を乗り越えたら、その罪は許されるでしょう。
             
             自民の若手議員への抗議を強めましょう。武器を持たないという勇気こそ最大のたたかいなのです。
             若者よ、デモを起こせ!!
             この夏は、「東京・夏の陣」です。
             立ち上がれ民衆よ。



             (注1)
             
            「米軍違憲」破棄へ圧力 砂川事件、公文書で判明

             米軍の旧立川基地の拡張計画に絡む「砂川事件」をめぐり、1959年3月に出された「米軍駐留は憲法違反」との東京地裁判決(伊達判決)に衝撃を受けたマッカーサー駐日米大使(当時、以下同)が、同判決の破棄を狙って藤山愛一郎外相に最高裁への「跳躍上告」を促す外交圧力をかけたり、最高裁長官と密談するなど露骨な介入を行っていたことが29日、機密指定を解除された米公文書から分かった。

             「米軍駐留違憲判決」を受け、米政府が破棄へ向けた秘密工作を進めていた真相が初めて明らかになった。内政干渉の疑いが色濃く、当時のいびつな日米関係の内実を示している。最高裁はこの後、審理を行い、同年12月16日に1審判決を破棄、差し戻す判決を下した。

             公文書は日米関係史を長年研究する専門家の新原昭治氏(注2)が今月、米国立公文書館で発見した。(共同)                      2008/04/29 20:58   【共同通信】

             

             
             
             (注2)
             新原昭治氏 =1931年生まれ。福岡県出身。国際問題研究者。日本平和委員会理事、非核の政府を求める会世話人 

            日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

            キム家と安倍家は同じ

            2015.06.15 Monday
            0

               これは面白い表現です。また、最高の批判的皮肉です。
               ということは、保守派も一緒になって安保法制を批判し、廃案に追い込めるということです。

               たとえ、国会会期が延長されたとしても、むしろ悪行が暴露されるだけであって、なんの得策でもありません。
               焦っているのはアメリカ政府でしょう。
               南沙諸島に対する中国の戦争準備は、アメリカも見過ごせない事態だからです。
               

               小林節名誉教授は、なかなかウィットにとんだ表現を、外国特派員協会でなさいました。
               これは、ありがとうという感謝をしないわけいにはいきません。
               私の先生でした。
                
               詳細は、以下。
               http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000001-jct-soci

              日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

              「守銭奴」発言とモリエール

              2015.01.07 Wednesday
              0
                JUGEMテーマ:ニュース

                 またまた、喜劇役者・麻生氏のおもろい発言が話題を呼んでいます。
                 自分たちの言う事を聞かない人たちをこき下ろすのが大得意なのでしょう。

                 この発言は、内部留保を貯め込む企業に対して、いわば罵倒したものと受け取ったほうがいいでしょう。
                 内部留保を数パーセント吐き出して、賃金を上げようというアベノミクスが上手くいっていないなかで出た発言です。


                 このブログで前にも述べたように、内部留保を減らす企業努力を求めるのはかなり無理があるのです。
                 企業の内部留保貯め込みは資本主義の競争原理だからですね。

                 したがって、これはある程度は豊かな国の国是として確立することが大切です。
                 そのためには、非核三原則のような国会決議、全政党の申合せ、法制化によるルール作り、といういわば強行規定が必要なんです。
                 
                 そういう方向性や展望もないなかで、麻生氏はアベノミクス成就に対する焦りが見えます。
                 トリクルダウン方式を待望しているので、子どもが言うことを聞かないので、怒鳴ったような行動でした。
                 
                 そういう意味で、麻生氏はバカ正直な善人です。

                 「守銭奴」と言えば、名高いモリエールの喜劇作品を思い出します。
                  恋に金を使うことさえ嫌うのです。
                 麻生氏は、アベノミクスに恋してますが、強行規定に予算はいらないのです。
                 政治姿勢が必要です。それで、アベノミクスは、アベコベミクスと呼ばれるのです。

                日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

                SMバーで乾杯!!笑

                2014.10.23 Thursday
                0
                  評価:
                  安田浩一,岩田温,古谷経衡,森鷹久
                  オークラ出版
                  ¥ 1,620
                  (2013-10-04)

                  JUGEMテーマ:ニュース

                   小渕氏と交替した宮沢氏の地元秘書が、下着姿の女性を縄で縛りつけるショーなどを見せるSMバーに行き、その代金を政治資金から拠出していたという事実がわかりました。
                   領収書だけでは分からないという言い訳ですが、飲み食いを政治資金で拠出していることが常態化しているから、領収書だけで拠出することになるのです(「クラブS&M」という領収書だったのでしょうか。S鈴木、Mまゆみの共同経営とか)。
                   個人の趣味は別として、それを「接待」と付き合いで、政治の金を使うという構造を無くさないと、こういう破廉恥な会見はなくなりません。
                   こういう記事を女性アナウンサーが読まされることは、公共的セクハラともいうべきでしょう。
                   ローバー・ミミも真っ青です。
                   

                   さて、小渕氏の後援会が行った明治座には、中曽根後援会も以前行っていますが、こちらはどうなんでしょうか。
                   観劇会の後は、SMバーでも行ったのでしょうか?
                   ノーパン喫茶はもう古いですが、今もあまり実態は変わっていないグータラ政治には飽き飽きです。
                   
                   かといって、会うべきでない反社会的勢力に自ら面会して、内容の無い言葉の暴力的応酬だけをしている橋下市長には愛想がつきます。あれは、橋下市長の策略で、逆に、反社会的勢力におかしな「箔」を付けるだけです。
                   そして、マスコミも放送事故に相当する映像を流すという倫理違反を犯しました。
                   A級戦犯は橋下市長、B級戦犯はマスコミ。「在特会」は暴力団と同じ扱いでいいと思います。
                   人権侵害している個人・団体に表現の自由はありません。
                   不法行為を守る必要はないからです。
                   違法な博打をして大負けをした人を助ける必要がありますでしょうか。
                   それと同じ。

                  日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  脱原発政権発足--小泉院政政治

                  2013.10.23 Wednesday
                  0
                    JUGEMテーマ:ビジネス

                      ホントによくやるなって感じです。
                     小泉氏は日本のある部分については深く考えをもっていらっしゃるようです。
                     日本は脱原発に進むべきだというのですから、自民党員として政策不承認なのです。
                     党内でずっと議論すべきなのが、先にマスコミに出して議論を追い込んでいく。そういうやり方は自民党の常套手段です。

                     たとえば、党首選挙でも街頭宣伝するのですから、お笑いとしかいいようがありません。
                     ある程度、党内の民主主義があっても意見の集中がないため、起こるべくして起きた小泉発言です。

                     まあ、自民党もなかなか巧妙で、安倍総理は国会答弁で、将来は原発依存度を下げる約束をしているとも反論していますね。ただ、どれほど下げるかということが明記されていないし、「パーセンテージ」を使うと分子が同じでも分母が大きくなればパーセンテージは下がりますが、分子の絶対値は変わらないという魔術があることに気づかなければなりません。
                     たとえば、現在50/100の率で原発を使っていれば、将来、様々なエネルギーが開発されて原発割合が50/150となったとしたら、率は50%から33.3%に下がったように見えます。でも、使っている原発エネルギー量は前後変化なしということですね。
                     つまり、原発による危険度は変化がないという結果になります。

                     だから、小泉氏の脱原発発言を応援するとともに、アメリカやそれに関連する原発企業との関係を断つ根本的政策が必要になってくると思うのです。
                     小泉氏のねらいは、一方で反原発勢力を自民党に取り込もうということであり、できないならば細川元総理と気脈を通じて反原発政権を発足させようということかもしれません。
                       また、それは、反共産党連合政権の狙いがあるのかもしれません。前回のブログで書いたように、日経世論調査ショックがあって、共産党は支持率2位というのも自民党勢力からみれば腹立つことなのです。かつての社会党が共産党勢力を抑えるカナメとなったように、そうなる勢力を財界が望んでいる証拠かもしれません。

                     小泉氏が視察したというフィンランドの核最終処分場がどんなものかわかりませんが、日本にそれを作れる地盤がないのは間違いないでしょう。ダイオキシンの処分でも困るくらいですから。
                     小泉氏の議論がちょっと弱いのは原発そのものの危険性に触れていないところと政治勢力獲得の手段として語られていることです。
                     
                     しかし、ことはそんな小さいことでしょうか。
                     現実に原発放射能の被害があり、それをいつまでたっても克服できない現実があるのです。いつまでたっても除染できず、それも不十分で、安心して住めない家族が一杯いる現実があるのです。
                     全国に放射能漏れ事故や、活断層問題があるのです。
                     原発はアンダー・コントロールではなく、アウト・オブ・コントロールといわざるを得ません。

                     作家の浅田次郎氏は、あるインタビューに答えて、原子力の平和利用とか言っている時代ではないとも言いきっています。
                     ほんとうにそういう時代として小泉氏が認識し運動するなら応援しますが、たんなる人寄せ政策としての奇策ならば、君子危うきに近寄らず、です。
                     今後の動きに目が離せません。

                    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    共産党に負けるな!?

                    2013.10.18 Friday
                    0
                      JUGEMテーマ:モブログ

                       日経新聞の9月末世論調査によると、日本共産党支持率は前月比2ポイント増の6%、自民党の55%に次いでなんと2位になったことは、世間をアッと驚かせました。民主党は同2ポイント減の5%で共産党を下回っていました。
                       国会では、民主党の代表質問中に「共産党に負けるな」とのヤジが飛ぶ始末だそうです。
                       それほど民主党の退潮傾向は激しくなっています。
                       一方、自民党は安倍政権で一気に息を吹き返したような勢いがあります。

                       しかし、ここで暴走する安倍政権をよく見て考えようというのが、今回のヤジです。
                       消費税は上がり、年金支払いは上がり、支給は下がる。株価は上がっても雇用に結び付くかどうかは不明。物価は上がることは確実です。
                       前から言っているように株価は上がっても下がっても儲かる仕組みになっていますので、特にアベノミクスが成功したとは思われません。雇用も解雇がしやすい法案を提出しようとしたところに表れているように、雇用を大切にしようと思っていない節もあります。
                       集団的自衛権も、それを行使したのはベトナム戦争やアフガニスタン戦争だったことを外務省が認めています。なので、尖閣列島に中国が侵略した場合、日米安保の約束でアメリカ軍がまず集団的自衛権を行使して狷本を守り瓩泙后C羚餬海ら米軍が攻撃されて、もし日本の集団的自衛権が行使されるならば戦争に加担します。
                       
                       こんな国にまでしてしまったのは自民党だということをよく考えて民主党はたたかっていただきたいのです。
                       ところが、この間の民主党政権でその頭と足が違う政策を露呈してしまったのです。
                       そういうところが日経新聞の世論調査に表れました。

                       「共産党に負けるな」とヤジった議員は「共産党頑張れ」とは言わなかったでしょうし、心でも思わなかったでしょう。
                       何故なら、自民と民主は友人であり国民を欺く協力関係にあるからです。
                       「二大政党」が作れなくて悲しんでいるのは自民党です。
                       いっそ、原発廃止を小泉流に発信したら、共産党以外は全部与党になることでしょう。
                       そういう翼賛性を国民はよく見ているので、小泉元総理の発言は大きな力となるでしょう。
                       「積極的平和主義」の議論で決定的な差を見せるのは共産党とその他の政党でから。

                      日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ