ウーマン村本の弁証法

2020.02.12 Wednesday
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     このブログでも注目しているウーマン・ラッシュアワーの村本さんですが、やはりテレビから干されています。

     M1優勝で政治的批判をするネタは大うけなのに、政権に支配されているテレビ局や許可官庁は「忖度」か「脅し」によって彼を出演させていないようです。

     

     最近、朝日新聞系列の「ハフポスト」のインタビューに答えて、アメリカ進出の意気込みや日本のお笑い界の多様性のなさを批判しています。

     そこで、するどい分析をしています。

    「(アメリカのコメディアンは)コメディを用いて、社会、世界、政治を監視してる感じがする。あと、本質的で、構造的な話をする。表面的にニュースを茶化すんじゃなくて、構造から説明して、理不尽なところを鋭く突くんです。」

     

     「存在」=社会、世界、政治 → 本質 → 構造 

     

     これは、ヘーゲルの概念論と軌を一にした認識です。

     これを基にして、「理不尽なところを鋭く突く」

     

     かれは、ここに「笑い」を発見したのです。

     さらに驚くのは、それを弁証法的認識論にとどめず、観客と共有しようと目論んでいるところです。

     

     世界に目を向ければ、イタリアの政党運動にコメディアンが活躍しています。ウクライナは大統領になりました。

     コメディアンが「活動家」であって何が悪いのでしょう。

     

     期待しましょう。

     

    P.S.

       2020年2月11日放送のNHK「LIFE」を見ました。

     コメディ番組で、うっちゃんが宇宙人総理を務め、「月を見る会」で追及される場面では大笑いしました。

     追及の仕方もパネルで年々招待者が増えている!!と「桜を見る会」と同様です。

     返答に困ると宇宙人らしい総理大臣が電磁波のようなものを発して反論を止めるのです。これも、理解しえない答弁を模したとかんがえていいでしょう。

     最近に無いコメディてはありますが、ウーマン村本氏の本質・構造論からすると「茶化した」コメディにしか映りませんよね。

      

     こういうところに現代人が自然に体得した弁証法を見ることができます。

     また、無神論的で、絶対理念の自己展開的な弁証法ではなく、概念的、構造的に物事を見るという見方をどの分野にも一貫するということの必要を感じます。

     その意味でカント、ヘーゲルの弁証法を再検討して、マルクスへ受け継がれた弁証法とその発展を現代的に構築し、実践することが今求められています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    真面目なメディア論|-|-|-|-|by ネコスキイ

    週刊新潮の反共主義

    2018.08.31 Friday
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

       週刊新潮9月6日号では矢部太郎氏の『大家さんと僕』の連載をしばらくお休みするという記事が出てニュースになっています。

       「矢部さんのマンガが載るようになって週刊新潮があかぬけた」と言っていた大家さんが亡くなったからです。

       

       その「あかぬけた」週刊新潮の記事で、しかし、もっと注意を引く記事もあり残念に思いました。

       それは、反共主義と偏見、無知に基づく下記の記事です。

       

        峩眤農」校歌“作詞者は共産党員”で『赤旗』小躍り

        この記事では、評論家の徳岡孝夫氏氏が「ゴルバチョフやエリツィンをして“失敗”と言わしめた共産主義という実験を今も一人続ける日本共産党」と言っています。

        旧ソ連は共産主義・社会主義ではなかったとの認識が不足して、彼は完全にうそを言っているのです。

        また、配達・集金もしたことない元共産党幹部の筆坂氏のコメントは愚の骨頂です。

       

       綾瀬・女子高生コンクリ詰め殺人、「鬼畜少年」を育んだ「共産党一家」のその後

        この記事では、表題からして共産党が殺人を犯したとでも言うようなフレーズになっています。まるで宮本顕治殺人者という特高プロパガンダのようなもので、古めかしい反共を感じます。

        記事の中身も「その後」という割にはほとんど書いていないため、国民に反共偏見を植え付けるためだけの情報操作なのです。

        騙されてはなりません。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       「矢部さんは戦争に取られたくない」と言っていた大家さん。

       この戦争に政党として正面から反対し、その根源である絶対主義的天皇制や経済体制を暴いてきたのは日本共産党であるということは、今はだいたい誰でも知っています。

       今話題の「昭和天皇の戦争責任」についても命を懸けて主張してきたのです。

       ソ連に対する認識を180度改めて、勇気をもって共産主義・社会主義でなかったと再認識したのも日本共産党でしたね。

       その点、この週刊新潮も早く考え直して編集方針を改めないと、読者から飽きられ、それこそ部数を激減させると思います。

       

      真面目なメディア論|-|-|-|-|by ネコスキイ

      NHK会長の首が飛ぶ!

      2009.07.13 Monday
      0
        都議選は、予想していたとおりの結果になっています。
        NHKの開票速報を見ていて、報道の仕方がおかしいと首を傾げる方も多かったと思います。
        〕薪vs野党という対決構図のグラフ、候補者がどんな政策かを報道しない、E選者も何をするか報道しない、など報道機関の体をなしていないのです。 これは、昔、オウム真理教を何の疑いもなく報道したのと変わりません。
        都議選は、本来、石原都知事の政策に対してどう対処したか、これからどう変えるのかを争う選挙でなくてはなりません。
        政策を語ってこそ選挙なのに、変える内容が響いて来ません。
        石原氏提案の条例などに対してー民党・公明党は100%賛成、¬閏臈泙99%賛成、6産党は60%程度賛成しています。
        野党の度合いは、この%ではかられますが、そのリトマス試験紙では共産党しか野党と言えません。
        しかも、なされた政策と言えば、福祉・教育の切り捨てだったのです。
        総務省のつけた福祉ランキングでは、10年前に東京は47都道府県中2位だったのに、今は47位最下位になっているそうです。
        どおりで、老人ホームに入りにくかったり、病院からすぐ出されるのですね。 かといって、10年前がよかったというとそうでもなく、日本全体の福祉レベルが下がるなか、相対的に下がったのでしょう。
        こういう言わば石原都知事の「悪政」に賛成した民主党は、まぎれもない立派な与党です。
        なのに、NHKは民主党を「野党」扱いしてます。
        国政では野党ですが、都政では与党なのに、NHKは誤報を垂れ流したのです。 これは裁判になるかもしれません。名誉毀損です。 会長の首が飛ぶほどの意図的な誤報、マスメディアクーデターです。
        やがて瓦解するでしょうが、皆さん、怒りましょう。
        PS
        国政でも基本政策では与党になって、「Newsweek」でも批判されていることを付け加えておきます。数年前の映画「選挙」では政策を語らないでカーネル・サンダースにまで握手をして支持を広げようとする日本の選挙をバカにしてました!今回も世界一奇異なお祭りでした!(`へ´)
        真面目なメディア論|-|-|-|-|by ネコスキイ

        戦争報道メディアの変遷

        2009.01.08 Thursday
        0
          第二次世界大戦の時はニュース映画、ベトナム戦争の時はテレビでフィルム、湾岸戦争の時はリアルタイム中継テレビ、イラク戦争の時はインターネット映像、そして、今回のイスラエル・ガザ戦争はYouTubeでインタラクティブ・オンデマンドです。ミリ秒あたり給料が話題にされるほど速さが金に直結される時代の報道になりました。地球の裏までこんなに速く悲惨な戦争状況を知ると、人間が長く生きる意味がむしろ問われてくると思います。ゲームで殺人をしているのと変わらず生きている本当の意味をつかむ努力がエキササイズのように必要です。それは、人間の本質としてのアソシエーションにもとめるべきでしょう。家族、会社、学校などコミュニティー維持基盤の発展的な再認識です。これらはすでにその原初的な意味合いを薄めているため、パラダイムの転換をはかりましょうね。その点、映像は役立たすずです。所詮、映像はプロパガンダの道具ですが、一度それを庶民が手にすると物質的な力とも知恵ともなります。
          真面目なメディア論|-|-|-|-|by ネコスキイ
           
          Others
          プロフィール サイト内検索
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << July 2020 >>
          新しい記事 アーカイブ
          カテゴリ
          リンク モバイル
          qrcode
          オススメ
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

          何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
          オススメ
          ジュエルズ(スペシャル・エディション)
          ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
          クイーン
          宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
          オススメ Others ムームードメイン
              

          ページの先頭へ