マクドナルドとウクライナと抑留

2014.07.29 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:モブログ

     マクドナルドの元の鶏肉が中国で生産されたもの確認できないとのこと。
     それほど流通経路はややこしいのです。
     マックナゲットも発売された当初から怪しい感じがしていました。まず、ドロドロにして固めたような食品は疑ってかかったほうが良いと当初から思いましたね。ただ、食べたらおいしい、というか今までにない食感でした。
     
     
     近くのマックに行きますと、マクドナルドでは中国産の鶏肉は使っていないと表示され、タイ産ですが念のため今は発売していません、という意味のことが書かれていました。
     
     
     ん!?
     これは、答えになっていませんね。
     タイ産だったとしても安全かどうか、衛生的かどうかということが大切です。
     今は、駅前にマックがない街は、無人駅のようなところしかなくなっている日本の現状です。
     「朝マック」という言葉が定着して何年になりましょうか。子どもの食べ物でなく、サラリーマン御用達の食堂になっています。良いか悪いか個食文化を発達させました。
     
     
     さて、ウクライナのマクドナルドの1号店を誕生させたのは、今回の騒動で記者会見した日本マクドナルド社長、サラ・カサノバさん(カナダ人)だそうです。騒動がなくても営業利益が5割減という現状を立て直すために、抜擢された人事でしょうが、泣きっ面に蜂です。
     現在のウクライナは東西に分かれて、世界を2分するかのような勢いですが、若者がマクドナルドに夜な夜な集まって政治議論を闘わせているのでしょうか。閉鎖されているのでしょうか。
     
     
     その昔、第二次世界大戦が終わったあと、多くの日本人がシベリア抑留にあって強制労働させられました。
     その流れで、収容所を転々とさせられウクライナにまで収容されて来た日本人たちもいました。ある資料では約5000人。
     そういう人たちは、肉だって満足に食べられず、餓死した人も数知れません。マクドナルドの味なんて夢にも出てこなかったでしょう。「ダモイ」が最大の願いでした。 

     
     嗚呼、多くの血と汗と涙で造られたウクライナです。
     マックとウクライナと抑留者の幸せを願います。
     

    人権ドロワ・ド・ロム|-|-|-|-|by ネコスキイ

    エンゲルス「住宅問題」を読む

    2009.02.03 Tuesday
    0
      食費の全収入に対する比率をエンゲル係数と言いますが、この率が高いほど貧困であると判断する指標の一つとして名高いです。が、そのエンゲル、ではなくて「エンゲルス」です。その彼が1872年に書いた論文です。今から136年も前にフランスの都市住宅問題解決のために採られた政策を批判し、ドイツに持ち込むな!という作品です。ちなみにエンゲルスは、マルクスの友人でタッグを組んで活動しました。「資本論」2巻、3巻は彼の編集作品です。さて、1872年は明治維新の3年後、フランスではパリ・コンミューン革命の一年後です。パリの街は、農村から出てきた労働者で溢れ迷路のように貧民窟となり「レ・ミゼラブル」や「自由の女神」に出てくるバリケードなどが組まれ、市民が政府の弾圧から自己防衛してました。それは、ビスマルクのプロイセン(今のドイツの一部)がフランスに戦争で侵略しようとしているのに、フランス政府が国民を守らなかったからです。そんな政府に国民が反発してたたかって自治政府を作ったのがパリ・
      コンミューンといいます。詩人ランボー、画家クールべらも戦いました。西園寺公望らもその中にはいたようです。ところが、卑劣にも敵のプロイセンと手を組んでこの自治体を壊滅したのです。街は荒廃したため、都市再開発のためオスマンという人を起用しました。それで造られたのがシャンゼリゼ通りをはじめとした区画整理です。つまり都市住宅問題を解決すると言いながら自治組織をなくし住宅から労働者を追いはらっのです。これを社会主義と称して思想的に「擁護」したのが、プルードンという人物で、この具にもつかない内容をエンゲルスが簡潔に批判したのが、「住宅問題」と言う著書です。家賃や地代、融資、建築組合の意味と資本主義的役割、建築投資の利子として家賃をとることなど、これ以後出版される「資本論」を踏まえた内容になってます。つまり、極論すれば彼は資本主義的住宅問題解決案を「オスマン」と呼び、その具体策は、儲からない借家人は「出ていけ」と言う意味だと断じています。今にも、通じる内容でした!
      人権ドロワ・ド・ロム|-|-|-|-|by ネコスキイ

      イスタンブール宣言

      2009.02.02 Monday
      0
        住居は人権だという思想を宣言という形で世界にアピールしたものです。住む場所があれば住民登録できて履歴書にも書けます。就職もできます。そういう人は300万人を下らないでしょう。衣食住、とはよく言ったものです。しかし、住居もないというところまで追い込む悪循環の鎖を断ち切らないと、根本的解決にはなりません。人が文化的に住む空間の面積と体積はどれくらいでしょうか。コルビジュエは、人間の平均的大きさを単位モデュロールとした居住空間を提唱しました。日本は畳一畳が基本単位になっています。双方、最低限を示してますが、「文化的」空間の大きさではありませんね。これは現代的課題です。西山ウゾウ氏や早川氏が何か言っていたようですが、また勉強する機会ではある情勢です。
        人権ドロワ・ド・ロム|-|-|-|-|by ネコスキイ
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        新しい記事 アーカイブ
        カテゴリ
        モバイル
        qrcode
        オススメ
        人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
        人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

        何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
        オススメ
        ジュエルズ(スペシャル・エディション)
        ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
        クイーン
        宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
        オススメ Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ