あらすじとイラストによる『資本論』解説

2011.01.01 Saturday
0
    評価:
    知的発見!探検隊
    イーストプレス
    ¥ 500
    (2010-11)
    コメント:いい感じ、いい感じ。

    JUGEMテーマ:学問・学校
      最近できた日本で一番大きい書店に行きました!!
       建築家・安藤忠雄設計らしいです。大阪の茶屋町付近にできた新築のビルで、まだ周辺の再開発が進んでいるので、大阪駅からのアクセスは悪いのが、ちょっと難儀なところ。
     丸善&ジュンク堂が一緒になって、まるで図書館のビューティフルを兼ね備えた書店になっていました。
     池袋や新宿のジュンク堂に似ているところもあります。レジは一階に集中して、買い物かごで書籍を詰め込み、一階で清算することになっています。店員の顔の引きつりが何を物語っているのかわかりませんが、開店したばかりなので緊張しているのでしょうね。
     大阪駅前のヒルトン・ホテル・ビルにもジュンク堂がありましたが、それはそれで継続しているようです。梅田地下街を上がれば旭屋、阪急電車のターミナルに紀伊国屋、茶屋町に丸善&ジュンク堂という“三国時代”ができました。
     電子書籍元年というれた2010年に、紙媒体中心の本屋がどれほど生き残れるのか?
      現在、そういう点も注目してみています。
     
     さて、そこで見つけた!本に、『あらすじとイラストでわかる資本論』(イースト・プレス)というのがあります。
     ペーパーバックの用紙に印刷された廉価な書籍でありますが、中身は凄い。小さい本屋ではなかなか手に入りにくいので、やはり本屋に行くことが大切なのだ、と思うのです。
     とにかく死ぬまでには『聖書』と『資本論』は読んでみたいという人にはなかなかためになるものです。
     こういう本はまずはパラパラと読むのが大切です。それは軽視していることとは違い、全体を概観することで、枝葉の意味が見えてくるのです。
     そのパラパラ読みで見つけたのが、「AKB48が搾取されている?」というページがあります。
     昨日の2010年紅白歌合戦を見ながら、この本のそのページを思い浮かべていました。
     
       「マルクスのいったとおり、今でも低賃金で長い労働時間を要求されている女性も大勢いるのが現実だ。 例えば現在世間を騒がせているアイドルグループのAKB48。『週刊文春』では彼女たちの月収がわずか10万円だということが暴露された。朝は始発で仕事に出かけ、夜は終電で帰ってくるという生活をほとんど休みなしで送っているのに、これでは少なすぎる」(p27)!!!!

      「少なすぎる」ということは、長時間労働を肯定しているように見えますが、全体の流れからいうと、女性や子どもの搾取の実態を告発したマルクス資本主義の本質を、現在的に象徴した表現だと考えます。
     これは、「いつの時代も女性労働者は泣きを見る」という章の一部。「女工哀史は平成の時代でも続く」との副題があります。
     NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、龍馬は皆が笑って暮らせる世の中をつくると希望を持たせましたが、女工哀史時代の賃金奴隷制度はまだまだ続いていて、笑えないことが多い世の中です。
     何故これが続くのか?この仕組みを理解するのには、『資本論』が最適なので、リーマン・ショック後にこの古典が流行ったのもうなづけます。
     
     最初の書籍に戻りましょう。
     パラパラ読みで、楽しいのは目次です。興味を引く、あるいは今までにない表現を見つけるとそこに飛ぶことができるからです。
     この本で引きつける目次は、「今こそ『資本論』が必要な世の中だ!」と強調している点。
     また、「資本を増やし続けた08年の金融業崩壊を予言!」、
         「労働者はどのようにみずからを守ったか?」、
         「(成長した資本家は資本家同士の戦いを起こしていく)副題」
         「(資本主義が発展するほど利潤率が下がっていく)副題」
     
     など、興味ある文言がちりばめられています。
     特に、『資本論』第三巻を8ページ分に凝縮されていますが、「平均利潤率の傾向的低下」については2ページにまとめられています。
     それが、資本主義が発展するほど利潤率が下がっていく、という内容なのです。
     ここでは、難しい議論を簡単にするために、「平均」や「傾向的」という言葉が削ってありますが、その部分もすこぶる重要で、総資本という全体を見ないとわからないのです。
     「平均」とは、利潤率を上げる会社や下げる会社もありますので、東証TOPICSのようなもので、上げ下げしながら全体として下がっていくのだ、というくらいにとらえるのがよいのでしょう。
     また、「利潤率」という率なので、100対1=10000対100になり、「利潤」そのものの総体は増えることにもなります。
     このあたりの理解がないと資本主義の発展的解消をつかみ損ねるのです。
     だから、人件費を減らすことや、搾取率をあげることで、利潤率をあげることになり、だから、「結局、労働者が苦しむ」ことになるとの結論は、あたっています。
     一方で、利潤が1から100になった場合、労働者数が一定で、搾取がなければ幸せを掴める構造になるのです。皆が笑って暮らせる社会の一端を獲得できるのです。
     いいところにはまで到達したのに、その点についての、“解説”がこの本にないのが惜しい点なのです。まるで、欽ちゃんの仮装大賞の判定で19点で落選のようなものです。
     でも、私が審査員なら、あと一点を追加して20点にして合格にしますよ。
     その経済構造が“共産主義”と言おうが、ポスト資本主義と言おうが、構わないのです。
     
     


     





     
     
     
     
    マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

    NHK「資本論」連続講座その3

    2010.09.30 Thursday
    0
      JUGEMテーマ:学問・学校
      「その3」となっているのは、その二回目をみそびれたからです。
      話の端々から前回は「剰余価値」の搾取で資本家は利潤を得ていることを解明したようですね。
      今回は恐慌。
      これが経済学でももっとも難しい分野でもあります。
      「資本論」第一巻の目次のどこにも書いてない!ではないか!ということは重視していないのではないかと言う堀尾アナウンサーの疑問符も納得できます。
      的場教授は、この疑問にたいして、資本論のあらゆるところに恐慌の本質となる文言がちりばめてあります、と答えています。
      そして、利潤率の低下が恐慌の原因と認識している資本論の一節を読み上げます。
      さらに、資本家の理想的な経済サイクルである「金ー商品ー金(+α)」から飛躍して、「金ー金(+α)」という“呪術的”サイクルを生み出します。
      これが株売買と言う現在普通の経済活動になっているのです。
      ここで、今をときめく浜矩子同志社大学大学院教授が登場します。
      資本論は英語で読んだ方が分かりやすいと豪語して、少しカチンときますが、労働者ではなく「市民」が搾取され、リーマンショックでマルクスが生きていたら「それ見ろ」って言うでしょうって、小憎らしいことも言います。
      ケインズが国家の助けで景気を操つれると考えていたのに、今、経済のレスキュー隊長である国家がレスキューされる事態になっていると彼女は説きます。
      その手助けが「資本論」の中にはある!とも答えています。
      マルクスの墓磨き学者よりはいい解答でした。
      ただ、「資本論」だけに留まらないさらに発展した考えを持っていたことが、不破哲三氏「マルクスは生きている」(平凡新書)で簡単に述べられています。
      「資本論」を書く前の草稿を調べて再構成すると、恐慌について新しい理論が産まれるというのです。
      市井の(とは言っても日本共産党の元トップ)人間が、これを発見するのは、アインシュタインがアカデミーを席巻したような事件です。
      しかし、ほとんどの人は見向きもしませんね(T_T)/~。難しいからですが、やがては日の目を見るに違いない仮説です。
      マルクスは剰余価値の発見ではダーウィンと同じ役割を果たしてと思いますが、恐慌論ではまだ成熟した仮説を展開できなかったのです。
      「平均利潤率の傾向的低下」!という章が資本論第三巻にあります。
      ぶっちゃけていうと、最高の技術と資本を投入すればするほど資本全体から見ると利潤率が低下するという傾向があるのです。
      なんだ、もうからないならやめたら!って言いたくなりますが、資本家どうし部門、業種どうしの競争の強制力が作用してやめられないのですね。
      ただ、ここで注意するのは率は減っても、利潤量が増えることにもなると意味について詳しく検討されてないことです。
      利潤=剰余価値が絶対的に増えることは、俗に言うなら有り余る生活が社会全体として堪能できることですから、搾取制度がなければますます富むことになり、需要と供給のアンバランスで産まれる恐慌とは別の世界の話になりますね。
      そこで、不破氏が解明したマルクスの草稿理論が生きてきます。
      それは、私のブログのカテゴリー「マイ・ディア・マルクス」に説明しています。
      マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

      NHK「資本論」連続講座その1

      2010.09.28 Tuesday
      0
        昨日から教育テレビで始まった「資本論」連続講座は、注目されてもおかしくないです\(^O^)/。
        一昨年あたりから、ドイツでは売れ行きが伸び、日本でもかなり解説などの発行が相次ぎました!
        その一端をこのブログで紹介していましたら、結構アクセスが多くてビックリしました。
        リーマン・ショックは資本主義の根幹を揺るがし、中国「社会主義」との対比で描かれ、原点に戻れとばかり、「資本論」に一足飛びに飛び火したようです。 中国で資本論を読んでいる人はどれほどいるのでしょうか。
        でも、その問は、愚問です。何故なら、この資本主義世界でどれほどケインズやアダム・スミスを読んでいるかを問うようなものです。
        昨日の番組では、神奈川大学の的場教授や経済評論家の森永卓郎が資本論の始めの部分を語りあっています。
        司会の堀尾さん(おっと!移籍したかと思いきやフリーで司会とは)は、学生時代に資本論を読み始めて挫折したとかカミングアウトしたりして、一般の目から見て、どうなのかを語り合います。
        大原研究所から出品されたマルクス直筆のサインのある初版(1867年)を見ながら、資本主義の細胞は「商品」であり、これを分析することから資本主義を研究するのだ!と言う有名な一節から、テレビの解説が始まりました!(数年前に法政大学で展示していたので、見に行ったことがあります!感動)
        それにしても膨大で読めなかった!という嘆きに対して、マルクスのフランス語版序文の「学問に王道なし」の引用をもって答えていく親切ささえあります(テレビでは王道とは訳されてませんでしたが)。
        商品を交換していくと、金ー商品ー金(+α)、と言う交換過程がある部分が見つかり、ここに貨幣が資本になる秘密があるところまで、説明があります。
        それが搾取であること、利潤が交換過程でなく、資本の生産過程で産まれる事実については説明がありません!これからでしょうか。商品ー金ー商品、という構図は労働者が労働力を売ることを抽象したものです。(^^)/▽☆▽\(^^)
        それにしても、1967年と言えば、龍馬が暗殺された年です。日本ではこれから本格的に資本主義にしようとしていたとき、その模範になるイギリスで早くも資本主義の没落とその後の未来社会を展望する書籍が発行されたとは。
        マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

        池上彰の「資本論」解説

        2009.07.31 Friday
        0
          評価:
          池上 彰
          集英社
          ¥ 1,365
          (2009-06-26)
          コメント:よく整理された解説です。なぜ資本論に行きつくのか。平和主義で投獄された人は資本論を読んでいた!!
          Amazonランキング: 500位
          Amazonおすすめ度:

          池上彰さんは、NHKの週間こどもニュースで、お父さん役をやっていたので、お馴染みの顔です。
          今流行の「資本論」についても高校生にわかるよう解説を書きました。
          タイトルは「高校生からわかる『資本論』」(集英社)です。
          講義形式で書かれています。第一講は、『資本論』が見直された、その背景から入ります。これから資本論を学びますが、結論を押し付けるものではないと結んでいます。
          この後、16講まで階段を上ります。
          資本主義は、そのままにしておくと、いかにひどい状況をもたらすかということを、マルクスの『資本論』は見事に指し示している、と指摘しています。
          ただ、資本の独占が革命をもたらすとか、マルクスの時代は恐慌が日常茶飯事だったとかの誤認があるように思います。
          それでも、若い高校生向きに、若い人が接する商品、SuicaやPASMOなどの卑近な例を挙げて、取っつきやすくしてますね。
          昔の日本の官僚が、戦争に反対したマルクス主義を勉強して、戦後日本を作り上げたという持論も、ある程度、説得力をもちます。 恐慌の運動論にまでは『資本論』は踏み込んでいないのですが、資本主義を理解するうえでは、この本はタイムリーですね。
          そのうえで、『マルクスは生きている』(不破哲三)をよめば、スッキリするかもしれません。

          ⇒マイ・ディア・マルクス参照
          マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

          「マルクスは生きている」を読む─欟温河3

          2009.07.23 Thursday
          0
            さて、マルクス恐慌論の最後です。といってもさらなる発展はあります。
            6温欧留親囲世任后
            言葉の使い方に違和感がありますが、世界初の解明ではないでしょうか。
            恐慌の可能性は「資本」にあり、その原因は生産と消費の矛盾にある!
            ここまでは解明されてきましたが、では、何故、繰り返すのか?という点は、アカデミックな経済学でも説き明かしていなかった点ですね。
            マルクスは、資本論草稿を書いてある程度まとめてはいて、「資本論」第二部の後に入れようと考えていた痕跡があるようです。
            これは不破説ですが、もっと勉強して発展させたいものですね。
            さて、古典派経済学では需要供給はつねにその均衡が破られますが、市場の調節作用で回復すると見てます。
            しかし、実体経済は、恐慌にいたる過程ではその市場の調節作用は働きません!ブレーキが利かないのです。
            マルクスが、この恐慌にいたる過程でのバネとして注目したのが、商品の売買に商人資本が入り込んでくることです。
            つまり、資本が商品を生産してお金を得るということは、銀行が一旦、商品を預かることでも成立するのです。
            現実の需要がなくても、商品を消費者の手に移す流通過程が完了する前に、次の生産に取りかかれるのです。これをマルクスは「流通過程の短縮」と呼んでいました。
            そして、現実の需要がしぼむ、つまり、購買力がなくなるとたちまち、「架空の需要」が瓦解して銀行は支払い不能に陥るのです。 すると生産資本に打撃が跳ね返り、そこに働く労働者に襲いかかるのです。
            昨年末の非正規切りは、こういう局面の本質の現象だったのです。
            マルクスはさらに、恐慌を大規模化する上で、「信用制度」と「世界市場」が特別の役割を果たしていることに注目しています。
            しかし、大資本はヤリ逃げ(下品!)をします。わが亡きあとに洪水よ来たれなのです。ひき逃げとでもいいましょうか。(T_T)/~なんとかせねば。
            マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

            「マルクスは生きている」を読むА欟温河2

            2009.07.23 Thursday
            0
              不破氏はマルクスの恐慌論を三つの段階で分析しています。
              すなわち恐慌を分析する視点を_椎柔、原因、1親阿吠けて考えます。 これはマルクスの認識の発展過程そのものでもあります。したがって、恐慌論の三つの構成部分ではなく、疑問を梃子にした理論の発達段階なのです。
              ゞ温欧硫椎柔
              市場経済のなかには、市場での経済活動の単位をなす個々の取引の全てに、確実に売れる保証は存在せず挫折する危険が内在します。これは価値実現問題、市場問題などと言ってます。
              恐慌の原因
              可能性はあってもまだ必然的に恐慌が起こる説明にならないため、さらに分析します。
              ひとことで言うならば、消費と生産の矛盾です。この両極はどちらも利潤第一主義が生み出すのです。
              資本主義的生産は、より大きな剰余価値の生産を至上目的として生産規模を拡大します。
              一方、この目的のために生産過程では労働者の搾取を強めて剰余価値を追求します。つまり、これが労働強化を生み出し、カローシや長時間過密労働となるのです。賃金カット、昇級停止、パート、非正規、男女差別賃金、能力賃金体系なども剰余価値搾取の変化形態です。
              つまり、おかしなことに労働者の購買力を押さえこまないとより大きな剰余価値を生めない矛盾をかかえます。
              ところが、現実の社会では、社会の消費購買力の主要な部分で、日本なら働く人の8割が労働者ですから、その購買力に多大な貢献をしています。
              この労働者が、モノを買わなくなる原因は、実は資本の側にあるジレンマなんです。
              ここに原因がありました!
              恐慌の運動論は次回。
              マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

              「マルクスは生きている」を読むΑ欟温河1

              2009.07.22 Wednesday
              0
                マルクスの恐慌論についてのワンダーを述べたいのであります。
                マルクスは恐慌を資本主義の死に至る病と解釈しています。
                さらに不破氏は、利潤第一主義がもたらす社会的災害だと言い切ります。
                ただ、マルクスはまとまった恐慌論を仕上げる前になくなってしまいましたが、「資本論」やその草稿にバラバラに書いてあります。それを復元して形あるものにするのは後世をあずかる私たちなのです。
                その再構成の概略を不破氏は「マルクスと『資本論』」でやってのけました!その梗概が、この著書にかかれています。
                一般的な恐慌論に入る前に、昨年からの経済危機、アメリカ発の金融危機の原因は、恐慌の論理がつらねかれていると言うことです。
                それは「架空の需要」にもとづくバブル的「好況」に支えられ、その手段が金融工学というエセ技術だったのです。
                金融工学には、アメリカの宇宙産業からあぶれた産業予備軍的な博士たちが、その数学的高知能を生かして、アインシュタインのブラウン運動などノーベル賞級の知恵を利用して、金融動向の分析に応用した「科学的」ギャンブルを発明したのです。
                しかも、それがまたノーベル経済学賞に輝くなど権威づけられて信頼を生むという害悪になっていったのです。ブラック・ショールズ方程式は、その一つとされます。この理論の数学的基礎は日本人学者が考えました!ただ、数学や方程式自体に罪はありません。
                それを違う方向で使用し、強制使用させた外的作用に罪があるといわねばなりませんね。ナイフや原子力と同じです。
                長くなったの恐慌論の中身は次回。
                マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

                「マルクスは生きている」を読む

                2009.07.22 Wednesday
                0
                  今回は、社会主義・共産主義の社会についての話をします。
                  この点は、ソ連が「社会主義」と言っている時代にはなかなか研究が進みませんでした!
                  社会主義とはソ連のことだったからです。
                  ところが、用心深い戦前の資本主義国家である日本は、社会主義国家ソ連と言えども、スターリンの演説を研究して、三国同盟に迎え入れイギリスの援助を受ける中国への侵略戦争を終結させることができると考えていました!
                  それほどに、スターリン国家は覇権主義であり、世界分割に爛々としていたのです。
                  振り返って、マルクスやエンゲルスの国家論は覇権主義侵略はもとより否定、革命に成功してもそれを他に押し付けるともとも子もなくなると警告するほどでした!
                  しかも社会主義になった場合は、国家という強制や国民を解放する政党はその意識を無くしてしまいます。まさに、国全体がアソシエーションな社会になるのです。
                  だから、今の中国は、国家から社会主義を目指すことを宣言する過ちを犯しているのです。このマルクス以来の国家論を中国共産党内でどれだけ理解されているのか疑問です。
                  平和のために武器をとれ!という命題と平和のために武器をすてる!という命題が対立するように、社会主義のための国家か、国家のための社会主義かの対立です。
                  マルクスはある人への手紙で社会主義について「解のない方程式を解くようなもの」と回答していると、「マルクスは生きている」に紹介されています。
                  この表現も目からウロコの一つです。
                  それは階級闘争の理論からすると至極当然で、社会は作っていくという観点から、社会主義社会の青写真はつくれないというのが正解なのですね。
                  マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  「マルクスは生きている」を読む

                  2009.07.21 Tuesday
                  0
                    この本は、出典になった著書のページ数が書いてないので、勉強不足の私には骨の折れるところです。
                    ただ、初めて聞くところや、知らなかった展開があり、突然最先端の部分が挿入され、目からウロコがとれて先が見えるようになりました。
                    一つ一つ説明しましょう。(^3^)/
                    まず、「労働の結合」論です。
                    マニュファクチュアから機械制大工業に資本主義生産が進んでいくにつれて、労働が組織化され結合されることを、「コンビニールト」とマルクスは言っているそうです。これは資本に強制された結合ですね。
                    一方、未来社会においては労働者の自発的な結合で生産するていう意味で、「アソツィエールト」という言葉を注意深く変化させているのです。
                    これを読んで、日本国憲法の「結社の自由」を思い出しました!
                    生存権を謳った憲法ならば、将来において結社の自由は労働の場においても使えるのではないかとも思います。もちろん、乱用は許されませんが。
                    この自発的な結合による会社とはどんな会社なんでしょう。資本の強制がないなら、それ以外の全てということでしょうね。
                    英語で言うと、コンビネーションとアソシエーションの違いですが、日本語でこの違いはどう表現するのでしょうか?
                    弱肉強食の資本主義内部に、このアソシエーション会社が成り立つのでしょうか。会社議会、会社本会議、会社常任委員会などの民主主義会社が労働時間短縮とともに現れるかもしれません。
                    実際はどうあれエコロジーを宣伝文句にする会社が増えているのに、階級的驚きと今昔感を感じますが、資本からの独立を宣伝する会社もやがて出てくるのでしょう。
                    そういう会社を「アソ」な会社とか呼んだりするかも。「アソウ」の会社は九州の会社、「アッソー」な会社は昭和天皇な会社ですね(笑)
                    マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    「マルクスは生きている」を読む

                    2009.07.21 Tuesday
                    0
                      石川啄木は「はたらけど、はたらけど、猶、わが生活、楽にならざり、じっと手をみる」と詠みました。
                      「マルクスは生きている」の第二章はこの歌から始まります。
                      この書き方は、金子ハルオ氏の『経済学上』(新日本新書)と似ています。搾取の仕組みを天才的に把握した歌人としての位置付けが見事です。
                      入り口がこの歌で、出口はこの歌を作らせる経済学的理由を理解することです。
                      芸術は、チャップリンの「モダンタイムズ」で絶対的剰余価値の搾取を描くように、経済学が目に見える効果をうむのですね。
                      ただ、一度、経済学に入り込むと難しくなりますが、まあ、聞いて下さい。
                      「剰余価値」は経済学の専門用語ですが、利潤、利子、地代のことです。
                      これを求めるのが資本の欲求ですが、あまりにもそれ以外を考えない、または、その異常な追求のなかで起こる災害を顧慮しないことが問題になっています。 では、そういう問題に注意を払って解決できるか、というと、国家または世界政府の強制がないとできない資本制度内部からの力が働きます。
                      つまり、資本の自己運動と外部からの強制が、現在の経済政策の表れです。
                      資本の自己運動は、私の特別な表現ですが、中世に資本が現れた瞬間に獲得した動きです。
                      つまり、労働力を使用して剰余価値を搾取した瞬間です。まだ大規模ではなく効率も悪かった時代にあっても現在の搾取形態の萌芽がありました!
                      それが工業を発展させる力にもなり、社会的にも肯定されたのです。
                      物質が存在を獲得した瞬間に運動も始まった、あるいはその逆であります。物質と運動は一体不可分ですから、内部の力といってよいような自己運動を行います。それが宇宙であり、何十億年後に崩壊する要因を作ってます(ただ崩壊は人間からみた主観です)。 この把握の方法論に似ています。
                      マイ・ディア・マルクス|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ