実践FXの記録 4-5月

2013.05.19 Sunday
0
    評価:
    星野慶次
    株式会社シーアンドアール研究所
    ¥ 2,940
    (2013-03-15)

    JUGEMテーマ:ビジネス

     今回は2カ月まとめて書きます。というのは、少し見通しが甘く4月は利益をあげたものの、締めの月半ばで含み損を抱えて

    いたからです。5月の今の締めの段階になってもなかなか含み損を解消できないでいるので、かなりイライラしています。
     とはいっても、元本を割るほどではないので、今のところ途中経過、様子見といったところでしょうか。
     なので、今回は手短に結論だけということにしましょう。
     
     4月から5月で、33日で売買。裁量売買231回、半自動売買21回、完全自動売買5回。
     利益109393円、損74411円、差引34982円。
     よって、3月からの利益は46087円。月平均15360円の利益になっています!!
     ドローダウン(アップ)で証拠金不足にならないよう元本を増やしましたが、大筋でユーロに対する不信は当っていました。今後のユーロ圏の動向と円安の傾向がどう進むかを注視する必要があります。
     が、自動売買の率(現在10%程度)を増やさないと忙しくてたまりません。

     
    今回の教訓と今後の目標  

    〆枸未犯昭動を繰り返し、売買回数を増やす。半自動と完全自動で50%目指す。  
    ⊂ない利益でもクローズする。  
    B膓匹任蓮為替情勢に敏感に  
    そ蕕瓩董equidistant channelを使った。  
    ヂ酸擇蠅和臙世  
    M1の裁量売買の時は、自動売買設定を外す  
    Д螢好を減らすため定期的に手動ロスカットする  
    ┘茵璽蹈奪兢霎把握のため、BBC、NYTimes、ロイターを使う。

    以上です。  

    実践FXの記録|-|-|-|-|by ネコスキイ

    実践FXの記録 3月

    2013.03.18 Monday
    0
      評価:
      地球の歩き方編集室 編
      ダイヤモンド・ビッグ社
      ¥ 1,785
      (2012-12-15)

      JUGEMテーマ:ビジネス

       今月はユーロ/ドルの下落が激しい月でした。
       とくにイタリア総選挙ショックがあり、ギリシャの悪影響を受けたキプロスへの財政援助への不安もあり、かなり冷や冷やした展開となりました。
       基本はヨーロッパ全体が2013年は好調ではないという認識のもと、.罅璽/ドルが大きく下がる、⊂し反転する、という繰り返しの波に乗ることが大切だったとおもうのです。
       それでも、テクニカル的には3月中旬には、日足のストキャスティクスが10を下回るところまで下がっていることを考慮すると実は売りにくい局面にはなっていました。
       後から思えば、あの長い上ヒゲまたは下ヒゲが1時間足の転換点だったのか、などと嘆くことも多かったのです。
       でも、日足で見ると下落傾向で、各銀行の分析も、買えとは言い難い、という評価だったので、基本的に「売り」を信じていました。
       ということで、半自動売買の結果は以下です。利益率約11.8%ですからまあまあでしょう。

      売買No. 月 OPEN 日 売買   損益   手動・自動   累積損益
      1      2  12    sell  ▲ 1,893   自動     ▲ 1,893
      2         12    buy     1,204   手動        ▲ 689
      3                13       buy         866     手動                177
      4                14       sell   ▲ 3,074     自動         ▲ 2,897
      5                15       buy      1,407     手動         ▲ 1,490
      6                15       buy  ▲ 2,101     自動         ▲ 3,591
      7                15       sell          103     手動         ▲ 3,488
      8                15       buy  ▲ 1,916     自動         ▲ 5,404
      9                18       sell   ▲ 1,935     自動         ▲ 7,339
      10              18       buy  ▲ 1,887     自動         ▲ 9,226
      11              19       sell          140     手動         ▲ 9,086
      12              20       buy         485     手動         ▲ 8,601
      13              20       sell          544     自動         ▲ 8,057
      14              20       buy         272     手動         ▲ 7,785
      15              22       buy      1,027     手動         ▲ 6,758
      16              22       sell       2,429     手動         ▲ 4,329
      17              22       sell     10,209     自動             5,880
      18              27       buy         596     手動             6,476
      19              28       sell       2,113     手動             8,589
      20        3      4       buy      1,430     手動           10,019
      21                5       buy     ▲ 168     自動             9,851
      22                5       sell       3,071     手動           12,922
      23                7       buy      1,958     手動           14,880
      24                8       buy      1,132     手動           16,012
      25              11       sell   ▲ 1,163     自動           14,849
      26              11       buy         547     手動           15,396
      27              12       buy  ▲ 2,635     自動           12,761
      28              12       sell   ▲ 2,341     自動           10,420
      29              12       buy           48     手動           10,468
      30              13       buy         325     手動           10,793
      31              13       sell       1,032     手動           11,825

                       合計  11,800 平均損益↓
                   プラス合計  30,938    1,473
                      マイナス合計 ▲ 19,113 ▲ 1,911
                          損益代金      50,051 

       


      売買NO.17まではマイナス損益が続き、暗澹たる気持ちでしたが、指標を信じて待った結果は正解でした。売買NO.24になると利益率が最高になりウキウキしていましたが、後は減らすばかりで気持ちも萎えました。しかし、銀行利子などと比べると1000倍近いので、そういうマクロで考えるとすっきりしました。


      今回の教訓と今後の目標 
      (数の指標がプラスならば損切り設定しない。 
      1時間で2%利益なら御の字 
      g叡紊覆蘿簀礇好肇奪廚睛益と見る 
      な振冤益を超えれば利確を検討する 
      ゾ,疎海韻襪里最も大事、資産は絶対へらさない。 
      指標から利確シナリオを描く 
      米雇用統計はH1に反応せず、M1〜M15で激しい興亡。 
      膠着売買の方法 = 0.5%利益で確定 
      局面打開売買 = 指標が反対の場合、手動でclose 
      急激な変化は裁量売買も合わせるべきか、検討要

      実践FXの記録|-|-|-|-|by ネコスキイ

      CyberAgentMT4によるFX売買(1月-2月)

      2013.02.08 Friday
      0
        JUGEMテーマ:コンピュータ

         EAのMovingAverageを少しカスタマイズして12月-1月のフォワードテストをしましたが、既報のように13.5%の利益率を確定しました。
         今度は、1月-2月です。
         今回は前月を若干上回って14.1%の利益率になりました。
         下表からわかる前回との違いは、ヽ亮造紡酸擇蠅鬚靴討い襪海箸函2%ルール)、大きな利益ではなく2%以内の利益の積み重ねであるということです。
         最後の売買No.33では、利益積み上げを焦って2000円近くの損切りを余儀なくされましたが、No.32で終了すれば16%の利益率をゲットできたのに・・・・、と嘆いています。
         しかし、これはいつものこと。そういうことも含めて受け入れるのがFX売買スピリットなのです。
         
         今回の売買の教訓や目標は、以下。

         ‘足で膠着状態のときは利益が少なくてもBB(ポリンジャーバンド)内でこまめに確定する  
         ⊂絏縞册阿300pips(3000円程度)は失敗しやすく、それ以上のトレンドに乗れば利益が大きい。  
         M益率が20%を超えれば自動売買を停止する。後は下がるばかりのリスクを回避し、最低10%確保を目指すため。  
         い覆里如△匹海納動売買をストップするかを判断するのが難しいが、前回を上回った時点が判断のしどころ。  
         ソ蟻のstochasticsが反転上昇・下落のシグナルが出ているときが利益が大きいように見える。  
         手じまいは手動の方が少ないながら確実な利益となる。7割以上が手動の手じまい。  
         Г修亮蠧絢蠅犬泙い量100%が利益になっている。つまり、自動OPEN×手動CLOSEがこのプログラムの攻略方法ともいえる。  
           

         

        売買No. 月  OPEN日   売買       損益    手じまい   累積損益   備考
        1           1 14 sell ▲ 1,285 自動 ▲ 1,285 
        2              14 buy    1,119 手動   ▲ 166 
        3              16 buy   ▲ 222 自動   ▲ 388 
        4              16 sell     1,032 手動      644 
        5              17 buy    2,068 自動    2,712 
        6              17 sell     2,429 自動    5,141 
        7              17 buy    1,018 手動    6,159 
        8              18 sell     1,808 手動    7,967 
        9              18 sell     2,815 手動   10,782 
        10            18 sell          54 自動   10,836 
        11            18 buy       242 手動   11,078 膠着状態のため
        12            21 buy▲ 1,905 手動    9,173 
        13            21 buy    ▲ 951 自動    8,222 
        14            21 buy     2,149 手動   10,371 
        15            21 sell      1,249 手動   11,620 
        16            23 buy ▲ 2,018 自動    9,602 
        17            23 sell ▲ 1,820 自動    7,782 
        18            24 sell ▲ 2,170 自動    5,612 
        19            28 buy    ▲ 781 自動    4,831 
        20            29 sell    1,822 手動    6,653 
        21            30 sell ▲ 1,819 自動    4,834 
        22            31 sell ▲ 1,922 自動    2,912 
        23            31 buy     2,327 自動    5,239 
        24        2    1 sell ▲ 1,864 自動    3,375 アメリカ雇用統計
        25              1 buy    1,244 手動    4,619 
        26              4 sell     4,239 手動    8,858 H4のstochデッドクロス
        27              5 buy       271 手動    9,129 膠着状態のため
        28              6 sell     2,090 手動   11,219 
        29              7 buy       693 手動   11,912 1時間足BB上限×遅行線が分厚い雲下
        30              7 sell     2,833 手動   14,745 ニューヨークがOPENする直前。利益前月超え。
        31              7 buy       945 自動   15,690 スイス時間2330/日本時間630メンテ直前open
        32              8 sell        345 手動   16,035 
        33              8 buy  ▲ 1,960 自動   14,075 判断ミス → 停止
               
               
           合計     14,075   
           内訳     プラス  合計   32,792   
                   マイナス合計 ▲ 18,717   

         

         

        実践FXの記録|-|-|-|-|by ネコスキイ

        CyberAgentMT4によるFX売買(12月-1月)

        2013.01.17 Thursday
        0
          JUGEMテーマ:コンピュータ

           少し専門的になりますが、・・・・
           MT4(メタトレーダー4)のEA(エクスパート・アドバイザー)のMA(移動平均)パラメータを少し変更しバックテストでいい結果を得たため、さらにフォワードテストを1か月間行いました(MAは、Moving Averageのことで、FX自動売買MQLプログラミングのこと)。通貨ペアはユーロ/ドルです。
           すると、以下の表のような結果となりました。

           今回の売買の半分がOpenのみ自動で行い、夜12時以降は完全自動売買、パソコン画面が見ることが出るときは、Closeのみ手動にした結果です。OpenしているもののすぐにCloseしないのが普通なので、指値と逆指値(損切り)を両方指定してあとは自動売買させる手法も使っています。利益確定の指値近くまで来ているのに元戻りだったり、反対に損切りに到る場合もあります。ストキャスティクス、MACDやポリンジャーバンド、一目均衡表も合わせて見ながらCloseのタイミングを計りますが、実際にはあまり気にしないで画面を見てプラスになっていればCloseすることにしました。それは、これまで指標の独自判断に裏切られてきたからです。
           裁量売買は利益が小さいときは成功するように見えても、大きなトレンドに飲み込まれて、それまでの小さな成功の10倍以上損することが多かったからです。

            損切りは投入額の2%、10万ならば2000円の損切りと機械的に涙をのむ必要があります。
           今回は、自動で損切りをきちんとしている場合と、そうでない場合があります。売買No.10と21がそれにあたります。
           No.10までは、累積損益が1万(投入額の10%)にまで到ったので、これはダメなMA自動売買だなと腹をくくっていたのですが、その後は快調に利益を上げ1か月で利益率が13.5%という驚くべき猗昭動売買瓩箸覆蠅泙靴拭
           
           

          2012-2013     
          売買No. 月  日  売買    損益      累積           備考
          1         12 13  sell   ▲ 1,880  ▲ 1,880 
          2              17  sell      ▲ 813  ▲ 2,693 
          3              18  buy      2,015     ▲ 678 
          4              20  sell       1,784      1,106 
          5              21  buy     ▲ 572         534 
          6              21  buy  ▲ 1,288     ▲ 754 
          7              21  buy     ▲ 581  ▲ 1,335 
          8              21  sell   ▲ 2,193  ▲ 3,528 
          9              25  sell   ▲ 1,990  ▲ 5,518 
          10            27  sell   ▲ 4,470  ▲ 9,988 
          11            28  sell       5,174  ▲ 4,814 
          12         1   3  sell       3,854     ▲ 960 
          13              4  buy      4,900      3,940   米雇用統計
          14              7  sell       2,258      6,198 
          15              7  buy         896      7,094 
          16              8  sell       1,041      8,135 
          17              8  buy     ▲ 167      7,968 
          18              8  sell   ▲ 2,095      5,873 
          19              8  buy     ▲ 980      4,893 
          20              8  sell       3,239      8,132 
          21            10  sell   ▲ 4,196      3,936 
          22            10  buy      3,115      7,051 
          23            11  buy      6,470    13,521 

           

          【結果】
          1.初期投入10万円に対して13521円獲得、利益率13.5%(委託保証金については今回述べません)。これは完全な複利ならば元本10万で、3年で1000万円利益を超える高額リターンなのです。
          2.Open・損切りは自動、利益確定は手動が多い。   
          3.1ヶ月あたり 15日 平均2日に1回OPEN(1日に何度も集中する日があった) 
          4.勝率 勝11 負12   47.8% 

          つまり、勝負ではなく、「利大損小」が大切な教訓であることがわかりました。
          米雇用統計が大きく作用したかどうかについては今後の調査に待ちます。

          損切りに成功していれば利益率17%になっていたことは確実なので、次回からは、損切りを確実にすることで、利益率をあげていこうと思います。乞う、御期待。

          (但し、自分で改変したMAのプログラミング・リストは非公開です。悪しからず。)

          実践FXの記録|-|-|-|-|by ネコスキイ
           
          Others
          プロフィール サイト内検索
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << March 2017 >>
          新しい記事 アーカイブ カテゴリ
          モバイル
          qrcode
          オススメ
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

          何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
          オススメ
          ジュエルズ(スペシャル・エディション)
          ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
          クイーン
          宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
          オススメ Others ムームードメイン
              

          ページの先頭へ