「アンナ・カレーニナ」 2

2018.06.28 Thursday
0

    JUGEMテーマ:読書

     

     歴史を紐解いてみましょう。

     まず、トルストイの三部作の執筆の始まりと終わりは以下のとおりです。

     

     1863年 「戦争と平和」執筆準備

     1869年 「戦争と平和」完結

     1973年 「アンナ・カレーニナ」執筆開始

     1977年 「アンナ・カレーニナ」完結

     1889年 「復活」(「コーニの物語」)の草稿を書く

     1899年 「復活」、国内、国外で同時発表

     

     これにロシアやヨーロッパ・世界の歴史を重ねると、「アンナ・カレーニナ」という上流階級の没落の過程と終わりの始まりが分かります。

     

     1861年 ロシア農奴解放令
       1863年 「戦争と平和」執筆準備
       1869年 「戦争と平和」完結
       1973年 「アンナ・カレーニナ」執筆開始
       1977年 「アンナ・カレーニナ」完結
       1877-78 露土戦争⇒1878 サン・ステファノ条約
       1881 アレクサンドル2世暗殺
       1889年 「復活」(「コーニの物語」)の草稿を書く
       1899年 「復活」、国内、国外で同時発表
       1904年-05 日露戦争

       1905年 血の日曜日事件⇒第1次ロシア革命(1905-07)

         ⇒ニコライ2世、十月宣言(国会開設を約束)
       1905年 ストルイピンの弾圧政策(1905-11)

         ⇒ミール(農村共同体)の解体
       1914年-18 第一次世界大戦に参戦
       1917年 三月(ロシア暦二月)革命(ニコライ2世退位=ロマノフ朝の滅亡)
                       ⇒十一月(ロシア暦十月)革命⇒ソビエト政権成立 

     

    "Все счастливые семьи похожи друг на друга, каждая несчастливая семья несчастлива по-своему."
    Толстой, Лев Николаевич. Анна Каренина (Russian Edition) (Kindle の位置No.543-544).  . Kindle 版.
    トルストイに学ぶ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    「アンナ・カレーニナ」 1

    2018.06.27 Wednesday
    0

      JUGEMテーマ:読書

       

       「アンナ・カレーニナ」は現代小説のお手本とされています。

       それを今読む意義はどこにあるのでしょうか。

       ロシア人と話すと「カラマーゾフ兄弟」が日本でベストセラーになったことが驚嘆すべきできことだ、と語ります。

       そう、本国では、あまり読まれない古典と化した古臭くて難しい本だからです。

       日本でいうと、夏目漱石か森鴎外のようなものなのでしょう。

       イギリス人と話したときも、シェイクスピアはあまり読んでいないのが一般のようでした。それもそのはず、同時代の近松門左衛門を進んで読む若者は研究者ぐらいしかいないので、当然と言えば当然なのです。

       

       「アンナカレーニナ」もあまり最近は読まれないとしても、人生を考える上では不可欠の一冊ともいえます。ロシアの貴族階級の話と片づけてしまえば、日本人とは関係なさそうですが、先進的なロシア貴族が解放された農奴の生き方に共鳴を見出すという点で、社会の発展を学べる内容になっています。

       

       「アンナ」の不倫がテーマと勘違いする人もいますが、当時の貴族階級の腐敗に対置した主人公レービンの精神の発展が最大のテーマなのだと思います。

       ただし、アンナがウロンスキーに恋い焦がれるシーンや、鉄道自殺する前の混乱と孤立が詳しく描かれていて長編なのに目が離せないところは、トルストイの小説手腕です。

       名目的結婚から、このやむを得ない精神発露としての「不倫」が存在した革命前のロシア、女性が不利な時代、対外戦争でセルビアに攻め入ることが当然とされた時代、この時代を把握することなしに「アンナカレーニナ」は読めないので、ある程度説明は必要です。

      トルストイに学ぶ|-|-|-|-|by ネコスキイ

      トルストイに学ぶ  崟鐐茲畔刃臓廖2

      2017.01.11 Wednesday
      0

        JUGEMテーマ:読書

         

         『戦争と平和』あらすじ

         

         1805年、アレクサンドル1世治下のロシアは、オーストリアと連合して、フランス大革命干渉戦争後、ナポレオン率いるフランスと戦争に突入する。元元帥のボルコンスキー公爵家の一人息子アンドレイは、この戦争で将校としての輝かしい栄光を夢みて、身重の妻リーザを父(元元帥)のもとに預け出征する。また、家計が傾いているロストフ伯爵家の長男ニコライも祖国愛に燃えて戦地に赴く。一方、世間離れした宮廷を中心とする貴族社会の生活はその戦争とは関係なく以前と変わりない華やかさで続けられている。アンドレイの親友ピエールは、莫大な財産を有するベズウーホフ伯爵の私生児にも関わらず、伯爵の死後思いがけなく全財産の相続者となり、社交界随一の美女エレンと結婚する。

         そんな中、戦局はロシアに不利になり、ついにはアウステルリッツ三帝会戦でロシア軍は致命的な打撃を受ける。この戦闘でアンドレイは重症を負い、戦場に倒れたまま悠久の空を眺めているうちに、自分の夢見た栄光のはかなさを悟る。彼が復員して帰宅した夜、妻は男の子(ニコルシカ)を出産するが、産褥熱で死ぬ。ピエールは妻の不倫の噂を巡って、ニコライの友人ドーロフと決闘し相手を負傷させるが、人生の醜さに絶望し、新しい生き方を求めてフリーメーソンの結社に入る。戦争や妻の死で人生に半ば自棄していたアンドレイは、ある時、ロストフ伯爵家の令嬢ナターシャと知り合い、その全く自己を飾らない天衣無縫で美貌の彼女の性格に強く心を打たれる。二人はやがて婚約するが、財産が少ない格下の伯爵家との婚姻のため父の反対あい、アンドレイは結婚を一年先に延ばす。また、ナターシャもアンドレイの妹マリアや父に嫌がらせをされる。その反動もあってナターシャは、その一年の期限が切れる直前、アンドレイの親友ピエールの妻エレンの兄アナトーリに誘惑され、婚約を破棄して駆け落ちを企てるが、未然に発覚する。ナターシャの心の弱点を誘惑したアナトーリは半グレの遊び人貴族だった。フリーメーソンとして責任を感じたピエールはナターシャに説明をすると同時に既婚者にも関わらず透き通った心の持ち主であるナターシャに恋心を抱く。

         1807年に一旦講和を結んだロシアとフランスの間は、大陸封鎖の履行を巡って再び険悪になり、ついに1812年に戦争が再燃する。ロシア軍は退却に退却を重ね、ついに旧都モスクワを放棄という前代未聞の非常事態に立ち至る。これに先立つボロジノの戦闘でアンドレイは重症、生死を彷徨うが、偶然、モスクワから脱出避難するロストフ家の馬車に救われ、駆け落ちしようとした過去を深く反省するナターシャとその兄ニコライを思い続けたマリアに看取られて逝く。

         一方、ヒューマニズムの観点からナポレオン暗殺を企ててモスクワで迎え撃つためとどまったピエールは、フランス軍の捕虜となり、軍とともに行軍を続け、モスクワ放火の疑いで処刑寸前になるが、ロシアのパルチザンに救出される。

         モスクワ放棄を戦略としたクトゥーゾフ将軍はアレクサンドル皇帝に叱責されるが、ナポレオンは逆にモスクワから退去し厳冬のロシアの中で敗走、ロシアはついにフランス軍を打ち破る。平和に戻ったモスクワでナターシャに再会したピエールは、彼女への深い愛を告白し、二人は結婚する。親友アンドレイの子ニコルシカは疾風怒濤の人生を送ったピエールの活動や思想に触発されて成長し、・・・。

        トルストイに学ぶ|-|-|-|-|by ネコスキイ

        トルストイに学ぶ  崟鐐茲畔刃臓廖1

        2017.01.05 Thursday
        0
          評価:
          ---
          NHKエンタープライズ
          ¥ 11,244
          (2017-03-02)

          JUGEMテーマ:読書

           

           トルストイの『戦争と平和』は、これを読まないで文学は語れないほど世界的影響の強いものはないでしょう。

           2017年からは多くの文学から人生の深淵や人間性の矛盾について現代的に考えていきたいと思います。

           

           

            慇鐐茲畔刃臓戮ら 

            もともと、「戦争と民衆」などというテーマで書こうとした形跡があるくらい、支配者から末端の被支配者までの登場人物を克明に記してあるリアリズムの権化です。ちょっと長いですが、長い人生の座右の書になるのは間違いないです。

           この小説のテーマはずばり、戦争に振り回されるのは民衆であり、その犠牲になるのはまた民衆であるということです。戦争のない社会と戦争を胎蔵する社会にも当てはまると思います。

           現在の社会が、さまざまな制約を孕みながらもトルストイの社会と決定的に違うのは女性が多く意見をもち主張していける社会が実現している点です。

           アリストパネスの『女の平和』は、セックス・ストライキで男の戦士を骨抜きにするという戦略で平和を実現しようとします。

           現代社会では、たぶん金融資本家ストライキ戦略で戦争させないことが重要になっているのではないでしょうか。

           しかし、戦争で儲けようとする輩が徘徊する限り、戦争はなくなりませんね。このことを深く考えているのは、管見ではありますが、マルクス以外あまり見当たらないのです(マルクスとマルクス主義者とは違いますね)。

           近年流行のアードラーやハンナ・アーレントなどもその流れではありますが、本質的な戦争消滅論になっていないような気がします。

           『戦争と平和』にも、戦争否定論を元元帥の老ボルコンスキーに語る理想主義者が出てきますが、否定の主体や必然性について語っていません。ヒューマニズムから語る時代はこの時代で終わりにして、それを乗り越えて具体的に戦争を終わらせる工夫の数々を民衆一般まで浸透させる必要があります。

           

           

           

           

          トルストイに学ぶ|-|-|-|-|by ネコスキイ
           
          Others
          プロフィール サイト内検索
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << August 2018 >>
          新しい記事 アーカイブ
          カテゴリ
          モバイル
          qrcode
          オススメ
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
          人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

          何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
          オススメ
          ジュエルズ(スペシャル・エディション)
          ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
          クイーン
          宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
          オススメ Others ムームードメイン
              

          ページの先頭へ