<< マルクス・ガール(5) 父は元P | main | マルクス・ガール(6)M 監督の来日 >>

7人のシェイクスピア論

2010.06.18 Friday
0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ
    ビッグコミックスピリッツに掲載された大人漫画について。
    単行本になって日が浅く第一巻しか読んでないので全体ははかり知れませんが、ずいぶんスケールの大きさを感じさせます。
    何故、7人なのかがまだ分かりませんが、シェイクスピア好きには魅惑的な命名なので思わず買ってしまいました。
    冒頭からハムレットの劇中劇をぶつけてきて面食らうのです。でも、ハムレット脚本を絶賛したエリザベス女王は、ある中国人女性を所望した…?
    この謎が何なのかが、この後を読ませる原動力となるのです。
    「黒い女神」と言うキーワードがさらに第二巻を買わせる動機にもなってしまいます。ワクワク。
    シェイクスピアを語るとき、ダークレディと言う歴史に埋もれた謎を追いかけることが必要です。
    この謎にヒントを得たものになっているのかもしれませんね。
    映画「恋に落ちたシェイクスピア」では、ヴァイオラをめぐる恋物語になっています。そこに出てくるラブ・レターと言う言葉はシェイクスピアによる発明です。
    ユートピアを志向したトマス・モアを尊崇したシェイクスピア!
    つねに変革を求め続けた不敵な精神が、この漫画の表現に滲んで見えてきます。とくに、シェイクスピアの目の力強さに。
    マンガにメーション|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ