<< マルクス・ガール(6)M 監督の来日 | main | マルクス・ガール(8) サッカーの希望 >>

マルクス・ガール (7)消費税22%の圧力

2010.06.19 Saturday
0
      兄さんが北朝鮮問題にかかわっていたのは、5年以上前からのようで、30年近く秘書をやっている先輩から厳命で引き継いだのです。
     もともとパルタイ党と北朝鮮労働党は、他党より早く関係を断ち、大韓航空機爆破事件では哲学的観点から北朝鮮の仕業だとして批判していたそうです。
     拉致問題についても、北朝鮮の関与を確信して政府に迫って、官房長官の答弁をもって確実な情報をつかんでいました。
     そういう情報は、兄さんが「えへん、えへん」といって、すごい情報だっていってお父さんと話し合っているのですもの、じゃじゃ漏れですよね。
     ところが、この兄さんの情報は先輩の情報で、その情報はどこから手に入れたものかわからないのです。
     もしかしたら、北朝鮮から直接の情報かもしれなかったのです。
     その証拠に、兄さんの先輩は直接、公安警察にスカウトされ承諾までしているからです。
     これがパルタイ党の幹部に知られるところとなり、規律委員会にかけられ除名されることになったのです。兄さんはその先輩と連座したとして追及されました。
     でも、新人でいわば唯々諾々として従っただけだとして反省文一つで解放されました。
     ただ、パルタイ党内では、白い眼でみられ除けもの扱いで肩身の狭い思いをしています。
     毎日、毎日、いじけた性格になっていくのがわかるのです。
     ある日は、「登校拒否」のようになってしまって職場に行けなくなる精神状況になって辛そうでした。
     そんな時、IMFが日本の財政悪化を懸念して、消費税22%を提案してきました。
     するとすぐに、追い風とばかり自民党は10%の増税を言い出し、それに反応して菅総理大臣まで選挙公約に違反して10%増税を言い出しました。そのうえ、こうなるからには、国民の信を問う議論まで官房長官から噴出してきましたよ。
     一体、国民生活はどうなるのでしょうか。
     私は、家庭の中で、一体どういう態度で生活したらいいのでしょうか。
     パルタイ党の思想に振り回されて、無色・無垢で暮らしてきた私は、父や兄とは別の立ち位置にならざるを得なくなりました。
     それで、彼らのいつも基本としているマルクスって何?というところから勉強することになりました。
     でも、勉強するって、まず、高校の「政治・経済」でどうなっているか?ってところから、はじめよっかな。
     M監督に「ソ連は社会主義じゃない」と注進した私は、ほんとは社会主義のことについてはなんにも知らないのです、実は。兄さんの受け売りだったのが、M監督の勘に触ったので、こちらもちょっとうろたえただけです。
     英語だけは、早期教育である程度できるようになっていたから、身を助けたとでもいいましょうか。
     

     
     
     
     
    マルクス・ガール|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.07.12 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ