<< 水中花火パート2 | main | ブブゼラでボレロ >>

ジジェク「ポストモダンの共産主義」感想

2010.07.25 Sunday
0
    評価:
    スラヴォイ・ジジェク
    筑摩書房
    ¥ 945
    (2010-07-07)
    コメント:なんでこれが平積みか?

    JUGEMテーマ:学問・学校
    日経新聞の二面に堂々と宣伝されていたので、驚いて読んでみました!


    曰く、…
    社会主義はもはやコミュニズムの不名誉な「低次の段階」でなく、真の競争相手にして最大の脅威なのだ。

    曰く、…
    09年2月16日付Newsweek誌「われらはみな社会主義者」…はしごくもっともだ。経済リベラリズムの砦たるアメリカでも、資本主義は自らを守るために社会主義を再創造している。

    曰く、…
    歴史家のエリック・ホブズボームは最近発表したコラムにこんな題をつけた−−「社会主義は失敗し、資本主義は破綻、さて次は何だ?」答えはコミュニズムである。

    曰く、…
    1950年代の共産主義シンパの知識人は、2つの原則に従っていた。(略)「反コミュニストは犬である」。第二の原則は、知識人はけっして、どんな状況においても、共産党に入党してはならないこと。(略)シンパは精力的で、動きが速く、党を追い抜く能力があるのにつねに後方にいて実際はけっして追いつけない。
    (略)入党か敵対かだ。

    曰く、…
    反コミュニストごっこは、もうおしまいだ。そのことは不問に付そう。もう一度、本気でコミュニズムに取り組むべきときだ!


    と、こんなふうにコミュニズム論が続きます。社会主義と共産主義の違いを改めて発見したようです。
    ここには、3つの間違いがあります。
    ー匆饉腟舛失敗したのではないこと。「社会主義」という何物かが崩壊したのです。
    ⊆匆饉腟舛閥産主義の定義はマルクスらにとっては同じだったことの認識が欠如していること。
    2K修併駛楴腟舛魑制するのは「資本主義」政府であること。

    この論考に決定的に欠けて無視されたのは、生産手段の社会化が、社会主義・共産主義の決め手であることに触れられていないことです。
    数ある参照文献の一つです。けっして参考文献ではありません
    哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ