<< だんだん分かるスターリンの対日情報工作 | main | シロコロ >>

大佛次郎「スイッチョねこ」

2010.08.21 Saturday
0
    評価:
    大佛 次郎
    フレーベル館
    ¥ 924
    (1975-08)
    コメント:深く読めば深みにはまるゼ。
    Amazonおすすめ度:
    本屋で一目ぼれ
    大人も子供も、猫好きには永遠の名作

    知らなかった!
    大佛次郎が童話を書いていたなんて。
    フレーベル館から出ています。
    スイッチョという鳴く虫を飲み込んでしまったシロネコの話。
    鳴く虫を食べたいと思っていた猫が、あくびをした拍子に虫を飲み込んでしまい、お腹の中で鳴いて鳴いてどうしよもなくなる。
    静かにすればするほど、暗いお腹の中では虫も安心。でも、猫は静かに寝たいと思います。
    ここに矛盾が生じます。憧れを飲み込んでしまったら、吐き出したくなるくらい嫌なものになる!
    対自として憧れを見ることが、憧れの存在意義です。
    自然に対する愛情とか、そんな感傷で書かれた童話ではなく、社会変革を憧れとして見ることと、自らの運動として捉えることのギャップを描いたと見るのが正しいと思います。
    絵を描いたのは安泰さんという画家。あとがきに色々と書かれてはいますが、ある部分は正確だと思う批評です。が、しかし、市民運動を推進した大佛次郎の生涯を想えば、鎌倉の秋の夜、猫を抱きながら思いついた必然のように感じます。
    社会変革への憧れとそれを自分で推進するつらさ。
    あまりに辛いので、トラネコ医者に虫くだしをもらってお腹のスイッチョを殺してしまう!
    そばで見ていた母親ネコは、眠たさも手伝って、子猫の「病気」が治ることに「よかったね」と言葉をかける。死ぬほど苦しんだのに、微笑みながら喜んでくれた矛盾に何ともない苦さを噛みしめながら、自分をまどろみにみをまかしてしまいます。
    本当にそれでよかったの?秋の夜長の虫の音をうるさいという芸術家がいるのか?セミの声を静かと詠む俳人が賞賛され、鈴虫の「をかし」を理解し、カエルの歌を合唱する日本なのに!
    アダルト童話|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ