<< 『若者よ、マルクスを読もう』って? | main | 山あり、谷あり、泉あり >>

マッカーサーに声かけられたお嬢さん

2010.09.01 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:モブログ
     
     ほんとかなと思います。でも、ほんとみたい。
     マッカーサーが厚木基地に降り立った映像は、若い人でも知っています。
     サングラスでパイプを加えてタラップを降りるあの姿です。
     
     その厚木基地で働いていた「お嬢さん」は当時23歳!!今は88歳です。
     いつも行く定食屋さんで、私の隣に座っていたお婆さんは、昼間っからピールを飲んで優雅な生活です。それが、ふとしたきっかけで会話を交わすことになりました。
     
     お婆さんは、昔昔の話をしたがるものです。
     戦時中に食べるものがなかった時代に、厚木飛行場の将校の食堂に勤めていた「お嬢さん」は飢えたことはなかったそうです。
     戦争中でも空爆のなかった厚木基地は(アメリカは占領に備えて爆撃しなかったらしい)、その後、占領軍に接収されてアメリカ軍の基地になりました。
     占領後にも、引き続き食堂で働いていた「お嬢さん」は、ある日、マッカーサーに「お嬢さん」と声をかけられたそうです。
     その後、進駐軍の通訳をやっていた男性と結婚するも、早く亡くなってしまいます。
     どうしようかと考えていたころ、オイルショックが直撃。
     めげずに新聞回収で生計をたてました!!
     ところが、これが大儲け。一日30万円(当時)儲かったそうです。
     大仏次郎邸にも出入りし、「お嬢さん」だったころの話を「大仏先生」にすると、小説に書きたいと言われたそうです(ほんとうか?)。
     息子は苦労する母親の背中をみてそだち、今は、神奈川県警のエライさんになったということです。
     今は、APECの警備で忙しいのでなかなか連絡してこないと寂しがっていました。
     みんなは息子のことを評価して「貧乏人の息子なのに上品な顔をしている」と“ほめてくれる”ことが自慢のようでした。
     いつまでたっても、母親は息子のことが自慢なのですね。
     フィクションかもしれません。
     でも、にわかに作ったフィクションとは思えないビューティフル・ストーリーでした。
     
     
     
    日記だょん|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ