<< ルミネ10%オフを考える | main | 懐かしい「ウォール街」 >>

致死量についての考察

2010.09.14 Tuesday
0
    評価:
    傅奇,牟文遠
    マクザム
    ---
    (1995-07-07)
    コメント:人体実験で得をした奴ら
    この映画がショッキングなのは評判の残酷シーンのせいだけではありません
    動物愛護の見地からいくと絶対駄目
    人間って怖い

    JUGEMテーマ:モブログ
    今日は、機会があって一酸化炭素の致死量について学習しました!
    空気中の酸素は通常21%ありますが、19%に減ると燃焼が不完全になり、一酸化炭素が発生しだすそうです。
    そしてその1000ppmを吸うと、人間は1分間で死に至るそうです。
    数字はおぼろの記憶のため保証しかねますが、問題はそこにありません。
    着目すべきは、そんな数字を誰がどうやって測定したか、なんです。
    いままでも、致死量についてはどこかで折に触れて聞いたものです。
    一酸化炭素にしろ、青酸カリにしろ、ふんふんと耳に入れてきたつもりです。 今日は突然降ってきたように、この数字、致死量は誰かが人体実験した結果を延々と疑問もなく受け入れてきたのではないか、と思うようになりました。
    消防研究所で一酸化炭素という物質については研究するでしょうが、質的転換点としての、また、その過程を客観的に観察することは、人道上不可能です。
    すると、この致死量はどこかで人体実験をやらかして、非合法に数値を得たものに他ならないのです。
    だからその悪の原点は、日本軍かナチスかソ連ということになります。
    たしかに、その致死量については「…と言われている」と伝聞形になっていますから、ますます訝ります。
    人体実験の犠牲「マルタ」の上にたって、現在の防災計画がたてられている可能性があります。
    731部隊を扱った小説や映画・演劇はありますが、それと現在の防災をつなぐ視点を持っているものは皆無です(私はビデオで見ました!!!!!)。最近では、橋本功率いる演劇集団「円」でも好評の演劇でした。
    青酸カリより安価に得られて人を大量に殺害できる一酸化炭素について、旧日本軍が研究しなかったとは考えにくいでしょう。
    練炭集団自殺は、この一酸化炭素を効果的にしようしたものです。
    マルタ犠牲を真に活かすならば、防災の月に追悼することであり、死をもって生み出された致死量を、我が物として防災に最大の力を注ぐことです。
    安心・安全のために|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ