<< 図書館概論 ノート2 | main | 図書館サービス論 ノート2 >>

図書館資料組織 ノート3

2010.10.31 Sunday
0
    JUGEMテーマ:学問・学校

     資料組織化の必要性

    1. 「資料組織化」の定義
    作業の構成から考えると、「資料組織化」は、〇駑舛亡悗垢覽録の組織化と、∋駑措体の組織化から成りたち、図書館の内部的な間接サービスである。その方法として〔槝進埓法、請求記号の付与法、記述目録法、件名目録法、分類目録法がある。
     
    2. 公共図書館の活動とは
    そもそも「公共図書館」の目的は、図書館法第2条(注1)で、「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーションなどに資することを目的とする」と規定している。
    公共図書館の必要性から言うと、\験恭惱支援の意義があり、⊃諭Τ垢鼎り、“時代を創る”役割があり、L閏膽腟舛料置としての意味がある。
    それに対応して、現在の公共図書館は、三大要件(市民に公開、原則無料、明確な法的根拠)を備えており、‐霾鷁充匆顱∪験恭惱に対応するために、情報ギャプを埋める一つの力になる、⊂鐇づ栂百枋垢慮世Δ茲Δ法崔亮韻半霾鵑猟鷆 廚膿佑鮓討岾垢鼎りに貢献し(注2)、L閏膽腟舛里燭畸楼茲両霾鶺鯏世箸覆襪里任△襦また、そうなる努力が行政にも市民にも不断に求められる。

    3. 図書館サービスの展開
     図書館サービスには、閲覧、貸出、レファレンス・サービス、予約・リクエストサービス、読書案内、デジタル情報サービス、カレントアウェアネスサービス、レファレル・サービスなどがある。これらは、アメリカでも日本でも図書館運動を市民目線で行うことで歴史的に獲得されていったサービス内容でもある。都道府県立は県民への直接サービスと同時に、基本的には市区町村立図書館への支援・援助の役割が大きい。だから、日本では市区町村立図書館こそが、直接市民へのサービスを行う実施主体である。
    大串夏身氏は(注3)、この公共図書館の可能性について、
     住民が自分のライフスタイルにあわせて読んだり、楽しんだり、調べたり、学んだりすることができる。細部にわたって十分活用できる。
     さらなる図書館の図書の利用の促進、増加につながる。
     また、個人の知識の増加、文化・教養の向上、人間的成長に資することができる。
     読書を促進し、地域の課題の解決や地域の活性化につながる。
    このように、「図書館の可能性は人間の可能性でもある」と言えると述べている。つまり、図書館サービスは、人の可能性を広げる幸福追求権の主体的活動と言える。公共図書館の意義はここにある。

    4. 資料組織化の必要性
     日本図書館協会は,1979年の総会において採択した「図書館の自由に関する宣言 1979年改訂」において,「すべての国民は,いつでもその必要とする資料を入手し利用する権利を有する」こと,そして「この権利を社会的に保障することに責任を負う機関」が図書館であると主張している(注4)。
    ユネスコ公共図書館宣言1994には「いかなる年齢層の人々もその要求に応じた資料を見つけ出せなければならない。蔵書とサービスには、伝統的な資料とともに、あらゆる種類の適切なメディアと現代技術が含まれていなければならない」(注5)と宣言しているが、「蔵書とサービス」は、資料の組織方法を含めて「あらゆる種類の適切なメディアと現代技術」をもってするという意味でもある。
    このような理念から、利用者は、求める情報へアクセスする最新の手段として資料の組織化が必要なのである。
     また、公共図書館の必要性や、図書館サービスの在り方から、速度も競われる高度情報社会にあって、資料の組織化は〕用者にとってはアクセスの正確さ・速さ・円滑さが求められるため不可欠であり、⊃渊餞朶愀玄圓砲箸辰討盪駑祖鷆,凌彗さから必要であり、また、図書館サービスの一環としての図書館ネットワークの互換性のためにも必要となっている。

    (注1)図書館法 昭和二十五年四月三十日法律第百十八号 最終改正年月日:平成二〇年   
    六月一一日法律第五九号
    (注2)『浦安図書館にできること』(常世田良著、2004年、勁草書房) 参考文献
    (注3)『図書館の可能性』大串夏身著、青弓社、2007年、p158
    (注4)「公立図書館の任務と目標」まえがき(1989年1月 確定公表 2004年3月 改訂、日本図書館協会図書館政策特別委員会)日本図書館協会ホームページより
    『図書館サービス論』高鷲忠美著、角川学芸出版、2010年、p13
    (注5)ユネスコ公共図書館宣言 1994年 UNESCO Public Library Manifesto 1994(1994年11月採択 原文は英語)

    図書館学私論|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ