<< 図書及び図書館史 ノート2 | main | 図書館資料論 ノート2 >>

図書館概論 ノート2

2010.10.31 Sunday
0
    JUGEMテーマ:学問・学校

     図書館概論「日本の公共図書館運営のこれからについて」

     将来の図書館について検討する場合、文部科学省が設置した「これからの図書館の在り方検討協力者会議」が2006年3月にまとめた報告書『これからの図書館像:地域を支える情報拠点をめざして』(以下「報告書」)が、大きな流れを考える上で参考になる。
     その報告書は、公立図書館をめぐる現状を直視し、 これからの図書館サービスに求められる新たな視点、 これからの図書館経営に必要な視点を提言している。
     私は、このうち⊃渊餞朷弍弔防要な視点をテーマにして、「公共図書館運営のこれから」を論じる(/渊餞曠機璽咼垢魴攣襪垢襪錣韻任呂覆ぁ法
     この報告書では、図書館経営については、11の提案をしているが、紙面の関係で以下の 3つに絞る(注1)。

    1. 図書館の持つ資源の見直しと再配分
     「報告書」では、「従来行われてきたサービスを続けつつ、それと同時に、これまで不十分であったレファレンスサービス、課題解決・調査研究の援助、時事情報の提供、専門的資料の提供、勤労者へのサービス等を充実させるべきである。これらを実現するためには、図書館の経営方針や、資源配分の優先順位と比率の見直しが必要である」と言われた。
     しかし、「資源配分」の見直しの真意は、人・モノ・金=人員・資料設備、予算であり、言わば小さいパイの取り合いで解決を図ることを前提にしている。
     この努力は十分しつつも、一体何が適正配分なのかを行政全体や図書館政策の中で実践を通して考えることが、「中小レポート」、日野市立図書館の実践、『市民の図書館』からの教訓ではないだろうか。
     この点でドイツのように図書館有料制を導入していることを盾に、「中小レポート」以降の「近代公共図書館原理とポスト福祉国家型サービス原理を再度検討して、新しい経営原理を打ち立てる必要がある」(注2)とする有力な論者もいる。私は、地方財政論をまじめに検討すれば、この論は義務教育を有料制にせよと言う暴論で、歴史を後退させる。
     
    2. 利用者の視点に立った経営方針の策定
    しかし、「中小レポート」等の歴史的制約をむしろ発展的に展開していく上では、「利用者の視点」にたった柔軟な運営が必要な時代になっている。
    そこで、ビジネス支援で街づくりを成功させた浦安市立図書館のように図書館“管理”から図書館“経営”の手法が求められている。
    その一つの典型がNPM(New Public Management)である。NPMとは、仝共サービスに市場メカニズムを導入(民営化、民間委託、指定管理者制度、PFI導入)、∈睫害餬彑度と公務員人事制度の改革(発生主義会計や貸借対照表の導入、業績評価主義の導入、任期付職員登用など)、6叛喇床措衙,粒発、じ楜匱腟舛良顧屐紛ゝ襯汽ぅ匹ら顧客サイドのサービス評価)をいう(注3)。

    3. 図書館サービスの評価
    私は、2010年4月に科目等履修生になって以来、ヽ倉市立中央図書館(ホームライブラリー)、∋堽として日本最大の蔵書を誇る横浜市立中央図書館及び分館(栄区)、逗子市立図書館・藤沢市立図書館(鎌倉近隣市)、た斉狎邯立中央図書館、ス駑国会図書館、千代田区立図書館(セカンドオフィスとして有名)、港区立図書館、Ь消歛臙図書館(私の趣味の歌舞伎専門図書館)を訪れ、利用し、図書館学の観点から観察してきた。
    また、それまでに訪れた図書館では比較的最近では、東京都立中央図書館、杉並区立中央図書館、慶応大学図書館がある。
    館種で分類すると公共図書館(国、都・県、市・区)、専門図書館、大学図書館であり、学校図書館以外は“見学”したことになる。
    ここから見えてきたのは図書館は、コレクションすべてを背にして様々な課題が解決できる頼もしい存在であると、同時に、資料探索・情報検索のノウハウの専門家の必要だった。
    ネットワークが確立して膨大な資料が利用できたとしても、体系だったものや使用に耐えうる価値のあるものかどうか(著作権など含む)という判断はその道の専門家として司書が必要だということである。しかも、情報技術が発展するなかで、高度な情報リテラシーを備えた専門家がいないならば用をなさないのではないかという不安も出てきた。
    特に、近年利用が高まっている、上にも述べたビジネス支援分野では、「従来の図書館イメージを変えるのに役立つ」「公共図書館を課題解決型の図書館に変える契機となる」(注4)と言われているため、これらに対応する技術、図書館評価、予算配分をしないと図書館自体を見限られる。
      理念や必要性から言うと、公共図書館の意義は、\験恭惱支援、⊃諭Τ垢鼎り、“時代を創る”役割、L閏膽腟舛料置としての意味がある。以上のような「社会の要請」(注5)に応えることは憲法の幸福追求権の実現である。この面から図書館サービスは評価され資源配分さるべきである。
      

    (注1)『変革の時代の公共図書館  そのあり方と展望』日本図書館情報学会研究委員会
    編、勉誠出版、2008年、p49-p55参照
    (注2)同上、p19-p35参照
    (注3)『地域の情報ハブとしての図書館−課題解決型の図書館を目指して−』図書館をハ
        ブとしたネットワークの在り方に関する研究会、2005年
    (注4)『公共図書館の論点整理』田村俊作、小川俊彦編、勁草書房、2008年、p43
    (注5)『変革の時代の公共図書館 そのあり方と展望』日本図書館情報学会研究委員会編、
    勉誠出版、2008年、p51参照   

    図書館学私論|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ