<< 政治経済学再入門 49 商業資本と貸付資本 | main | 政治経済学再入門 51 信用と銀行の役割 >>

政治経済学再入門 50 貸付資本

2010.12.06 Monday
0
     

    2. 貸付資本、利子と企業者利得

     資本が回転する過程で、産業資本家の手元には、たとえば固定資本の償却基金などのように、一時遊んでいる貨幣資本ができます。また他方では、産業資本家は、たとえばまだその商品を売る前に現料を買い入れなくてはならないなど、急に貨幣を必要とするばあいがあります。そこで、資本家のあいだで、遊んでいる貨幣資本の貸し借りが行われます。

     【固定資本の償却基金】

     固定資本は、その価値を何回かの回転期間にわたって、それが消耗するのにおうじて、すこしずつ新しい生産物にうつしていきます。したがって、固定資本の更新のためには、資本の一回の回転期間ごとに、その価値が減ったのにみあうだけの貨幣額をつみたてておかなくてはなりません。その貨幣額を、固定資本の償却基金といいます。

     

     貸付資本とは、その所有者が一定の代償をとってほかの資本家にある期間つかわせる貨幣資本のことです。資本主義の発展とともに、銀行家のように、専門的に貨幣資本の取引を行う貸付資本家が、産業資本から自立します。そうなれば、産業資本家は、いつも自分の手元に多額の予備金をねかしておく必要がなくなり、また借入金によって自由に生産を拡大することができるようになります。貸付資本の特徴は、それを所有している資本家とそれを現実に機能させる資本家(=経営者)とちがうという点にあります。貸付資本にたいして、産業資本家と商業資本は、貨幣資本を現実に機能させますから、機能資本といいます。

     機能資本家は、貨幣資本をある期間つかわせてもらう代償に、自分の利潤の一部を貸付資本家に支払います。それが利子です。このように貸付資本は利子をうむ資本ですから、利子うみ資本ともいわれます。

     利子は利潤の一部分であり、したがって、利子のみなもとが生産過程でつくられた剰余価値であることはいうまでもありません。

     ところで、貸し付けられた貨幣資本にたいする利子の大きさの比率が利子率です。利子は平均利潤のなかかから支払われますから、利子率の上の限界は平均利潤率です。その限界内で、実際の利子率の大きさは、貸付資本の需要と供給の関係できまり、普通は平均利潤率よりかなりの低さになります。

     

    【利子率】

    たとえば、1950年〜1960年における日本の製造業の平均利潤率は、27.734.9%ですが(『経済』創刊号、p118、山岸一夫氏の推計)、これにたいして利子率は、5.58.0%でした(日本銀行調査月報)。

    現在の平均利潤率、利子率について調査・研究が必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     資本主義が発展にするにつれて、利子率は低下する傾向があります。というのは、資本主義が発展するにつれて、平均利潤率は傾向的に低下するし、また、のちに述べるように、資本家階級の寄生的性格がまして、貸付資本の総額がそれにたいする需要より急速に大きくなる(資金過剰)傾向があるからです。

     平均利潤の一部が利子になると、平均利潤は、図のように、利子と企業者利得との2つの部分にわかれます。すなわち、企業者利得とは、利潤のうち、利子を支払ったのちに機能資本家の手元にのこる部分です。

     貸付資本の運動はG-G’です。この運の形式そのものはまったく無内容であって、ここから、あたかもリンゴの木にリンゴがなるように、貨幣が自然に利子をうみだすようないつわりの外見がうまれます。

     ここにいたって、さきにのべた資本の物神的性格はまったく完成されるのです。ところで、このようにひとたび利子が資本の本来の果実としてあらわれると、つぎに今度は企業者利得が機能資本家(経営者)の指揮・監督などの企業活動への支払いであるかのようにみなされてきます。

     このように、資本主義経済の現象面では、ものごとの本質的な関係は転倒されてしまってまるで目に映らなくなり、資本主義の搾取は完全におおいかくされてしまいます。

     ブルジョア経済学者たちの「利子は節欲のたまものである」とか「利潤は企業家の高級労働に対する報酬(賃金)である」などという無数のたわごとは、彼らがいかに資本主義経済の現象面だけをなでまわしているに過ぎないかをよく示しています。

     

    政治経済学再入門|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ