<< 政治経済学再入門 50 貸付資本 | main | 政治経済学再入門 52 株式会社 >>

政治経済学再入門 51 信用と銀行の役割

2010.12.06 Monday
0
     

    3.信用と銀行の役割

     

    他人に貨幣を一定の期間貸してやることを信用といいます。資本主義の信用には、商業信用と銀行信用という2つの基本的な形態があります。

     (1)商業信用とは、商品の取引にあたって機能資本家どうしがあたえあう信用で、取引した商品の代金の支払いを一定の期間さきにのばすことです。つまり、普通にいわれる掛売りまたは掛買いのことです。この場合には、買い手は売り手に対して、指定の期日にある額の貨幣を支払うことを約束した債務証書、すなわち手形を発行します。

    2)これにたいして、銀行信用とは、貨幣資本家(銀行家)が機能資本家にあたえる信用、つまり貨幣資本を貸付資本に転化させることです。

    銀行は、貨幣資本そのものを商品として取引きし、債権者と債務者とのあいだのなかだちをする資本主義的企業です。銀行は、まず手形の割引という業務をします。すなわち、すぐに現金が必要な機能資本家は、自分のもっている手形の支払い期日がくるまで待っていないで、その手形を銀行にもっていくのです。すると、手形をもらった銀行は、手形の額面金額から支払い期日がくるまでの期間の利子(割引料)を差し引いただけの貨幣を渡します。このようにして、銀行信用は商業信用と絡み合うのです。銀行は、つぎにその持参人に即時に支払う約束をした自分自身にあてた手形を発行します。それが信用貨幣といわれる銀行券です。

    私たちが日常使っている貨幣は、よく知られているように、実は国家から銀行券の発行の独占権を与えられている日本銀行が発行した銀行券です。しかも、現在では、日本銀行券は金と兌換(だかん)されない不換銀行券です。インフレーションは、独占資本が国家をつかって勤労者を追加的に搾取する強力な手段になっています。こうして資本主義の信用の発展は、これまでのべてきた資本の搾取をつよめ、資本の集積と集中をはやめ、資本主義の諸矛盾を著しくはげしくします。

    銀行の基本的な業務は、一方では、あそんでいる貨幣資本(および、現実には大衆の無数の小額の所得)を預金として低い利子を払って借り入れ、他方では、その資金を機能資本家により高い利子をとって貸し付けることです。このばあい、銀行資本家は、この借り入れの利子との差額という形で、実は生産過程でつくられた剰余価値の一部分を手に入れるわけです。

    そうして、銀行資本家は、この剰余価値部分から、(1)銀行の建物や設備などに支出した「物的経費」をうめあわせたうえ、(2)銀行労働者の賃金を支払い、(3)あとにのこっている剰余分を自分の銀行利潤として取得します。銀行利潤の大きさは、資本どうしの競争をとおして、平均利潤率によって規定されます。銀行利潤は利子の一部であり、したがってその源が生産過程でつくられた剰余価値であることはいうまでもありません。

    さきの商業労働者の搾取の場合と同じように、銀行利潤の成立の過程で、銀行資本家による銀行労働者の搾取がおこなわれます。すなわち、銀行労働者の労働は価値も剰余価値も生産しませんが、その労働のおかげで、銀行資本家は、はじめて利子の差額という形で剰余価値の一部分を手に入れることができます。しかし、銀行資本家は、その剰余価値部分から「物的経費」をさしひいた残りの全部を、そっくり銀行労働者の賃金として支払うことは決してありません。銀行資本家は、もともと賃金労働者として雇い入れた銀行労働者にたいしては、労働力の価値によって規定されている賃金を支払うにすぎず、あとの剰余分は自分の利潤としてただでとってしまいます。こういう形で銀行労働者も搾取されているのです。

    政治経済学再入門|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ