<< 政治経済学再入門 51 信用と銀行の役割 | main | あらすじとイラストによる『資本論』解説 >>

政治経済学再入門 53 地代と「農業問題」

2010.12.06 Monday
0
     

    13章 地代と「農業問題」

     

    1.差額地代と絶対地代

     発達した資本主義諸国では、資本主義生産は、工業の部面だけではなく農業の部面をも支配しています。資本主義農業においては、まず地主が、「近代的土地所有」といって、広大な土地を私的に所有しています。そこで、農業資本家は、地主に借地料を支払って一定の期間その土地を借り受け、また自分の資本をもって一方では耕作機械や種子などを買い入れ他方では賃金労働者を雇い入れて、農業生産をおこなうのです。この場合の借地料が、資本主義の地代です。

     ○地主 

    土地所有者のこと。封建社会における地主(封建的地主)階級は、農民階級を搾取していましたが、資本主義社会における地主(近代的地主)階級は、資本家階級とともに、労働者階級を搾取しています。地主階級は、それらの社会では、社会的生産とその発展になんの寄与もせず、ただ寄生している点で、社会進歩に対して保守的反動的な性格をもっています。

     ○農業資本家

     工業資本家に対して、農業に資本を支出した資本家をいいます。しかし、農業資本家も、産業資本家であることは、工業資本家とかわりありません。工業資本家にたいする農業資本家の特徴は、地代を支払って地主から土地を借りる点です。ですから、農業資本家のことを、厳密には借地農業資本家といいます。

      たとえば、アメリカ合衆国、イギリス、フランスなどの資本主義諸国では、土地の大部分は近代的土地所有のもとにあり、商品である農業生産物の大部分は、このような資本主義農業を行う大経営によって生産されています。

    政治経済学再入門|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ