<< 跳躍 マル・エン全集ノート1 ラインの黄金比率 | main | 跳躍 マル・エン全集ノート2 サグラダ・ファミリアの真紅 >>

ユーロドル日記5 フィッチ社に雨が冷たし

2011.09.20 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     9月20日21時52分、ロイターから格付け会社フィッチは、ギリシャがデフォルトに陥る可能性が高いとの見方を示したと、ニュースが舞い込みました。
     ほんの一週間前も、危ない!!と欧州で付け焼刃を打ったのですが、またかという印象です。ただ、ユーロ離脱はありえないということも付け加えています。ユーロ離脱の可否を問う国民投票をするとかしないとか、混乱したニュースも朝方飛び交いました。
     IMFは「数週間以内にデフォルトに陥る事態を回避するため」「公的部門の縮小」を要求しています。
     ユーロ/スイスフランが、1.2000の最低基準から1.2500にされるとの出所不明のニュースに振り回されて、急落するなど、噂や不用意な発言で数十万吹き飛ぶトレーダーもいるのですから気を付けてほしいのです。こういうのは風説の流布にならないのかどうか。
     
     いったいぜんたい。怒りの矛先は何処に向ければいいのか。
     やはり、資本主義の本質に向けるしかないのか。
     それにしても、スイス国立銀行は否定するのではなくコメントしないという立場ですから、これまた情勢判断しにくいところです。
     東京市場の株価は前日比マイナス140円安の大幅下落、一方、イギリス、ドイツは1%以上高ですから対照的な動きを見せています。
     こりゃ、ほんとうに方向性も見えない森に潜り込んでいます。
     今日のFOMCに期待が高まり、また、恐怖感も抱いています。
     22時30分、ニューヨーク市場がオープン。アメリカの成長率が予想より低かったことから小安く推移しています。ユーロ/ドルはまた下降に向っています。
       

     名古屋じゃ、100万人以上が避難勧告または避難指示!!
     名古屋市の人口の半分以上じゃないの?
      一体、どこに行けというのか。尼寺じゃなし。
     ユーロ/ドルもどこに落ち着こうとしているのか。
     
     おかまいなしに、雨は降り。

    ユーロドル日記comments(0)trackbacks(0)|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.12.06 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ