<< 跳躍 マル・エン全集ノート2 サグラダ・ファミリアの真紅 | main | ユーロドル日記7 走れトロイカ! >>

ユーロドル日記6 嵐の前のタイフーン

2011.09.21 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     日本列島を縦断しそうな勢いで予報円が北上しています。
     各地で獰猛な体をくねらせながら、心身と親兄弟を奪っています。
     いったんくるりと輪を描いて南下する風変わりなタイフーンが、すべてを飲み込んで轟音をたてて過ぎ去ります。
     日本の安全保障の中心は、地震・津波・台風など自然災害に対する防備のことだったと、あとで後悔します。
     北朝鮮が攻めてくる!中国が危ない!!と言われ続けている間に、災害で何人の人が死傷したことでしょう。
     
     経済災害も深刻です。あす未明(22日午前3時15分予定)に、アメリカFOMCの政策が発表される台風の目になっています。
     「予報円」の通りすすむのか、そうでないのか。
     それが問題だ!
       東証一部の日本株の売買代金が1兆円を下回る薄商いとなり、かなり様子見状態がわかります。大津波の前には潮が引き、台風の前には静かになる自然災害に似ています。
     株全体が下がり続け(今日の終値はマイナス前日比19.92安の8741.16円でしたが)、ある程度上がりを想定するか、暴落のショックを和らげるか、株取引自体をやめているか、という極限状態なのです。
     21日10時にいきなり、ドル/円は76.12円をつけて、さあ75円突入かと思いきや、76.35付近にまで戻し様子をうかがっています。
     ユーロ/ドルは9月17日朝の下げの窓開けで寄り付いた1.3700付近に落ち着いています。この数日は1.3700-1.3600間のレンジ相場で方向感がない状況です。
     
     この経済全体の「引き潮」はどんな災害を意味するのか。
     「金」(gold)だけが、全体として堅調です。この一年で6割も価値を増加させているのですから。
     世界経済を左右するもの、アメリカ雇用、EUの債務、中国の金利。そして、日本の復興が追加されました。

    ユーロドル日記comments(0)trackbacks(0)|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.12.06 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ