<< ユーロドル日記9 G20声明批判序文 | main | ユーロドル日記10 ドイツ連邦議会の判断 >>

跳躍 マル・エン全集ノート3  Fのテーゼとイデオロギー

2011.09.28 Wednesday
0
    評価:
    ---
    ヤマサ醤油
    ¥ 3,730
    (2011-03-11)
    コメント:この美味さは食べてみることの内にある。

    JUGEMテーマ:学問・学校

     1845-1846
     マルクスとエンゲルスは理論だけでなく、政治活動に深く入りこんで、教養ある人々や組織されたプロレタリアートとの付き合いも深めました。
     それまでの社会主義を科学に仕上げる任務とプロレタリアートをその信念の味方にすることとは、革命をすすめるうえでともに重要でした。
     というのは、前にも述べたように、社会変革を担う勢力はプロレタリアートだからですね(これ以後は、「働く人々」と呼称する)。
     
     すでに2人は同じ革命的世界観、ここでは「ラインの黄金比率」をつかんでいましたから、ブルジョア・プチブルジョアとのたたかいのなかで、それを研ぎ澄まして行きました。
     まずヘーゲルの客観的観念論、その弟子(青年ヘーゲル派)の主観的観念論とのたたかいが重要でした。
     そのたたかいの武器としては、フォイエルバッハの唯物論哲学が必要でしたが、実は、その武器も欠陥がありました。
     そこで2人は、弁証法と唯物論を結びつけることで、その欠陥を補い質的に新しい鉄壁の弁証法的唯物論を仕上げて行ったのです。
     
     『F(フォイエルバッハ)に関するテーゼ』は、短い箇条書きの文書です。それが、青年ヘーゲル派などとのたたかいの烽火となっています。
     そして、当時、それが人民を抑圧する勢力との思想闘争のフロントラインなのでした。
     
     そのうちの一つ、第11テーゼは最も有名です。
     「哲学者たちは世界をたださまざまに解釈してきただけである。肝腎なのはそれを変えることである」
     この意味は、哲学を全面否定することでなく、政治的実践のない観念論を打破する言葉で、理論と実践が不可分であるということを簡潔に述べた文章だということです。
     プリンの味は食べてみないとわからない。現在風に言えば、ポン酢ジュレの味はかけてみないと分からないのです。
     
     さらに、もうひとつ認識を深めるべきは、その実践的哲学的態度による人間解釈が前進している点です。
     フォイエルバッハは人間を抽象的に、非歴史的に考察しました。古代人も、封建時代人も、現代人も、全く意識の変化が無いものとしての解釈です。一方、マルクスは、人間を「社会的諸関係の総体」から考察しました。人間の社会的存在が人間の意識を規定するとのすでに認識を持っていたのです。

     この言わば「歴史人間」という哲学を完成させていた1845年、ブリュッセルでエンゲルスとともに2人の見解を練りあげました。
     この共同労作が『ドイツ・イデオロギー』に結実します。が、公刊することには成功せずネズミに原稿をかじらせていたのです。
     この著は、自然と社会の発展法則を明らかにしています。
     『Fのテーゼ』でもハッキリしていた人間観を、人間の社会的存在が社会的意識を規定するとした命題の根拠まで明らかにしている点が、前進している点です。
     では、その「社会的存在」とは何か?
      それは生産様式、生産力と生産関係です。これを抽象的にではなく、明確にしているのです。
     ただし、テクニカル・タームの問題があり、これらを「交通様式」、「交通関係」という用語になっているので注意すべきです。
     
     ともあれ、
     1.政治的およびイデオロギー的上部構造が、歴史的発展のその時々の段階に存在している経済
      的諸関係に最終的には規定される。
     2.「国家」の役割が経済支配の権力の道具となっている。
     3.実践的な意味で階級闘争と革命が歴史的発展の推進力である
     ということが示されています。
     
     「支配をめざすそれぞれの階級は、・・・まず政治権力を獲得しなければならない」
     と述べて、まず働く人々とその支持を受けた党・勢力が政治権力を握ることを強調します。けっして、一党独裁ではありません。ソ連的マルクス・エンゲルス全集の解釈には全く理解できません。
     政治権力と言っても、立法権だけとか、行政権だけとかとも述べていません。
     司法権と教育権については、この段階でマルクス・エンゲルスがどう解釈していたのかはまだ分かりません。
     日本流に考えれば、目立つ行政権≒政治権力になりますが、これではまだ足りないのです。
     ここで言う「政治権力」とは、行政権+立法権ということになりましょうか。
     ただし、行政権はサボタージュを許さない財界より国民に視線をあわせたものが必要です。立法権も現在よりも充実した立法調査権を行使できる質的・量的体制が必要です。司法権も日本国憲法を変えないならば、完全な独立性が保障されないし、教育権に到っては家永裁判はあるもののまだ国民の常識になっていません。
     その点で、歴史の大きな大きな流れからするなら、モンテスキュー以来の三権分立主義をはやく見直し、教育権を加えて四権分立主義を主張する時期に来ているのです。
     ただ、軍隊をもって侵略戦争(集団的自衛権)に加担しようという流れに抗して、日本国憲法を守ろうということも真理なので、今、声高に主張することは得策ではないのです。次の世代、22世紀が主張することかなぁ。でも、もう22世紀を生きるかもしれない赤ちゃんは確実に増えています。
     橋下大阪府知事の教育介入で少しは国民は目覚めるかもしれません。

     ちょっと、横にそれましたが、マルクスはそれまでの革命と働く人々の革命の違いは、「搾取の廃止」だと言うのです。 それは、生産関係が生産力の正確に必ず最終的には照応すると経済的法則から実現可能だというのです。
     そしてそれが共産主義だというのです。その担い手は働く人々だということは前に述べました。
     その生産力の発展ではじめて人間はあらゆる能力と素質を全面的に発揮する可能性を手に入れることができるのです。
     ということは、共産主義社会は良い社会だということです。マスコミが宣伝するのは嘘っぱちです。やくざと今頃手を切ろうというのですからネ。銀行も東京都もしかり。

     
     

    マルエン全集ノートcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.07.12 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ