<< 法哲学ノート  「正義論」を語る | main | 早朝の風 101 ホイットニー・ヒューストンの変死 >>

早朝の風 100 ホームヘルパーのミタ

2012.01.30 Monday
0
    JUGEMテーマ:モブログ
     「家政婦のミタ」は、昨年視聴率40%を超える大ヒット作のテレビドラマでした。
     もちろんタイトルは「家政婦は見た」のサスペンス作品のパクリです。
     中身は大分違いますが、「家政婦」という点では同じ女性が演じています。
     方や松島菜々子、方や市原悦子。
     
     この「婦」という言い方が、今風ではないのが気にかかります。
     たとえば、看護婦は看護師に、保母は保育士に、ボイラーマンはボイラー技士になっているご時世です。
     男性の多い職場に女性が進出し、女性が多い職場に男性が進出したことを証明しています。
     また、男女共同参画推進の方からも、命名方法に敏感になっています。
     
     ということは、「家政婦」ではなく「ホームヘルパー」と言った方が現代的です。
     つまり、このドラマは「家政婦」ということでまだまだ定着している職業だということの証明なのです。
     
     「育メン」だの、料理上手な男だのがはやる現在にも関わらず、奥底の潜在意識では「家政婦」ということが相場なのです。
     
     ホームヘルパーの基本的態度の一つは守秘義務があります。
     家族内部のことはたとえ知りえても外に出さない。
     家族内の虐待等を知っても、家族にいさめるのではなく、まずは、ヘルパー派遣の上司に相談し、専門家の共同で対処するよう義務付けられています。
     家族の意を受けて家族の敵にたいして私的制裁を加えることは、職業倫理違反のみならず犯罪となるのです。
     
     したがって、極端にいえば、家政婦のミタはホームヘルパーに対して偏見を持たせるドラマなのです。
     全国のホームヘルパーは介護者の味方ではありますが、常に社会的モラルを考えて、共同で対処する社会性のある任務なのです。
     
     えー、えへん。間違わんといてほしい。洒落がわからんと言われればそれまでじゃが。
     ホームヘルパーのミタさんは苦労しとるぜよ。
    早朝の風|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.07.12 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ