<< ユーロドル日記 14 ギリシャ問題テクニカル分析 | main | どこ吹く風 1 311アレクサンドラ・スタン >>

ユーロドル日記 15 東証・トピックス2%アップ

2012.02.15 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     今日は、久々、2%アップという暖かい恵みをいただいた東京市場でした。
     東証株価指数は9260.34円とトピックス802.96円。
     このまま1万円の大台に向かうことを期待します。震災復興需要と世界的サプライチェーンの回復だけでは、なかなかうまくいかないのです。
     欧州株価が日本に影響することはあっても、日本株価が欧州に影響することはないという、一方相撲なのです、最近は。
     
     現在、世界経済の震源地はユーロ/ドル相場でわかります。それが、多くはアメリカ経済に波及するのです。その余波が日本に来るという寸法です。
     ユーロが下がればドルが上がる。ドルが上がれば円安となる。その逆も可なり。
     そこで、ドル/円とユーロ/ドルはペアで売買し、リスクを相殺する手段をととるのが普通です。
     しかし、ドルを買い、ユーロを売るべき形勢で、ドルを売りユーロを買うというポジションをとってしまうと、目も当てられないとこになってしまいます。
     なので、常にIFOという自動売買にたよります。
     ある程度狙う方向と違う動きをしたら、損切りで早めに方をつけて、トレンドの大きい方に乗り換えるのです。
     ところが、トレンドがわからないときが大半であって、たとえばユーロ/ドルを同時に反対方向に売買し、MACDがゴールデンクロスかデッドクロス、RSIが70%/30%を超えれば、決済するというルールも大切です。
     でも、RSIが70%を超えたからと言って、売ってしまうとさらに大きな波に乗る機会を逸してしまうか、逆に大損をすると言ったこともたまにあるのです。
     1時間足と4時間足、日足、週足をにらみながら、もし失敗した場合でも1日待てば帰ってくるという範囲でトレンドを見極めることがたいせつです。
     日足などは、じっーと見ててもほとんど動かないので、夜はつまらないのですが、たまに見ると大きく動いているので、どのタイミングで売買するのがいいか、どこまで委託金保証金が許されるのかを考えつつ、過去の最大下落率を考慮して、売買しましょう。
     最初に売買したとき予想とは反対に動くことがあるので動揺すると損します。トレンドさえしっかり読めば、その仮の損を乗り越えて大きく益あげる可能性があります。まさに我慢大会みたいな賭けがFXの醍醐味といえるでしょう。

     3月20日はギリシャ国債償還期限日です。元日銀総裁の岩田氏はデフォルトを予言しています。
     ギリシャではゼネストで国民が傷ついています。
     日経コラム氏も言うように、ギリシャ国民の責任は小さく、ヨーロッパの銀行が投資ではなく投機に走ったというところをもっとほりさげないと、今後も同じ危機が再燃するのです。
     
      ギリシャ人をエスケープゴートにして、欧州問題を解決してはなりません。
     FXで一番恐ろしいのは凪相場です。
     上がっても下がっても儲かるからです。いえ、それが投機なのですから、なにか問題がないと稼げないのです。 
     戦争でも飢饉でも、政治の失敗でも、あった方が儲かる仕組みです。
     
      わが亡きあとに洪水よ、きたれ!!!
     これが歴史を傍観する方法です。

     



    ユーロドル日記|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ