<< とこ吹く風 6 不正コピー? CD | main | どこ吹く風 7 オムツ体験 >>

ユーロドル日記 16 IIFスタッフ・ノート:部外秘

2012.03.06 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:モブログ

     ロイターより。
     
     「部外秘」となっているのに、マスコミに漏れるところに、ヨーロッパの危機を感じます。
     IIFとは国際金融協会の略。
     この部外秘ノートには「ギリシャ国債の無秩序なデフォルトがあれば、非常に重大かつ有害な影響が生じる。そうしたすべての偶発債務を正確に集計するのは困難だが

    、1兆ユーロを超えないとも考え難い」と書かれているとのこと。
     「部外秘」としながらマスコミに流すと危機感が煽られるという戦略かもしれません。
     でも、こういう情報で一気にユーロ/ドルは売られています。不安心理をあおるからですね。
     
     「民間債権者」との債務交換で支持が得られないと、ECBが大損害となるとも書いているようです。
     民間債権者というのおそらく大きなファンドと民間銀行というということでしょう。
     国際的な狷狙令瓩魎待してのことです。
     マネーゲームはやめろってこと、そのうち資本主義経済機構の土台を破壊するぞ、と脅しているような文書でもあります。
     
     このところ、中国やインドネシアが成長率見通しを下方修正しているところをみても、新興国の成長は天井に来てあとは横ばいか下方という線をたどります。
     地球全体のことを考えれば、ちょっと一服してもいいのでは。
     だいたい、「金あまり」からこのヨーロッパ債務危機が来ているということから考えると、矛盾に満ち満ちた世界であります。
     これを資本主義の根本矛盾とは、言いえて妙なりです。
     過剰が貧困を作り出している。お米が一杯できる技術があるのに減反するようなものです。
     相対的貧困率もアメリカや日本は高いのです。
     だから分配!!!という政策や哲学は、資本主義の本質をとらえない代物です。
     俗に、格差是正運動が先進国をはじめとして広がりをみせています。それが、爆発的に広がらないのは、根本的に無理があるからです。
     もし、この運動の本質をとらえるならば、それは絶対的・相対的貧困の根絶ということになりましょうか。
     つまり、スローガンは「貧困の根絶」。「貧困の終焉」では自然になくなることになってしまいますが、「貧困の根絶」は明確な目的意識をもった行動なのです。
     そしてそれがテロや戦争を起こす原因を廃絶することになるのです。

    ユーロドル日記|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ