<< テルマエ・ロマエの平和論 | main | 吉田秀和--一週間後の訃報 >>

ラテン語をしゃべる

2012.05.23 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:映画

     テルマエ・ロマエを観て急にラテン語が勉強したくなったので、初歩的なところからコツコツやっています。
     とはいえ、30年前から挑戦しては挫折することを繰り返していたので、虫食い状態で知っている程度です。
     
     トマス・モアの「ユートピア」はラテン語で書かれたので一度は原文を読んでみたいとか、高い目標を掲げています。

     そのモアを尊敬したシェイクスピアは「ジュリアス・シーザー」で、原文は前後英語なのに、「ブルータスよ、お前もか」というところだけ、ラテン語で書いています(Et tu,Brute?)。

     デカルトの「方法序説」はフランス語ですが、「我思う、故に我あり」はラテン語に翻訳されています。 「Je pense, donc je suis」=「Cogito ergo sum」(コギト・エルゴ・スム)

     ニュートンの「プリンキピア」は全部ラテン語。
     
     こんなところをみても、ラテン語は身近な存在で、朱鷺の学術名が「ニッポニア・ニッポン」というのもラテン語なのです。
     
     テルマエ・ロマエはthermae・romae。ローマの大衆浴場のこと。thermaeから想像がつくのは、therm*です。つまり、「熱」です。
     
     
     そして、
     inter,trans,ex,sub,superなどはすべて前置詞です。!!!
     英語でおなじみの接頭辞。
     audioは「聞く」(主格)、videoは「見る」(主格)!!
     これはもともとラテン語の動詞だったのか。
     ラテン語はまるでヨーロッパ言語、とくに南欧系言語のMS-DOSのようなものです。
     ラテン語を勉強すると、多くの言語がわかり安くなるともいわれる理由がここにあります。
     
      「テルマエ」で驚いたのは、死語になっているラテン語を、上戸彩と阿倍寛がしゃべっているところでした。
      ローマの道はすべてに通ずるのだ。

      Nihil tam laetum esse quam movies (映画ほど喜ばしいものは他にない)

    外国語習得への道|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ