<< 日本経済は署名で動く!? | main | auスマートパスの賭博 >>

ギリシャ語の学び方 2

2012.06.30 Saturday
0
    JUGEMテーマ:学問・学校

     
    「1」では、「オイディプス王」の一節を引用して始めました。自分とは何者かという自問にも似た問いです。
     外国語を学ぶ際に必ず躓くのは、こういう内容よりも、変化形を覚えられないところから来ます。
     何回やっても覚えられない、と悩んで途中で投げ出すのが普通です。
     ところが、「何回やっても」という理由はほんとうの理由じゃないのです。
     だいたい、10回くらい繰り返して覚えられない、と勝手にきめつけているところに実は浅はかさがあるのです。
     1000回やれば覚えられます。
     実際の会話ではそれくらいやっているのです。この数字は多くはないと思いますよ。
     1000回とは言わないまでも、100回でも変化形は頭に入ります。そして、基本に馴れれば、あとは新幹線のように早くなる。
     そして、「オイディプス王」も読めるようになり、その味がつかめるようになるのです。
     外国語習得の最終目的は、「味がわかる」ということですから、変化形など朝飯前のエクササイズです。
     
     さて、マルクスは若いころは学位論文として『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学との差異』を書きました(マルクス・エンゲルス全集 40巻)。
     この結論部分で、エピクロスの理論として「抽象的な個別性の形式のもとで絶対的原理であることを知っている」原子論であると断じました。デモクリトスの原子論はそれに比して「原子は単に経験的な自然研究一般の普遍的に客観的な表現にすぎない」と退けています。
     マルクスは、エピクロスの原子論の中に、原子の研究にとどまらず人間意識原理の段階まで高めている、と解釈したのです。つまり、これはハイゼンベルグやシュレージンガーの量子論に近いのです。量子の質量と運動量は同時に計測できないというある種の人間意識・観測の限界を包含した原子論だったのです。
     それをマルクスは哲学的にエピクロスから学びとったのでしょう。
     
     ともあれ、マルクスはこれらをギリシャ語論文から分析してきました。ギリシャ語を学ぶならここまで学ぶぐらいの気持ちで取り組みたいものです。
     第3章「ατμοι αρχαι ,ατομα στοιχεια」(不可分な諸原理、不可分な諸構成要素)
     ・・・性質をになった原子がはじめてストイケイオン(στοιχειον)となる、あるいは、不可分なストイケイオン(ατομον στοιχειον)は諸    性質を与えられている(エピクロス)
     
     実は「オイディプス王」もこのような原理的な存在であると理解してよいのではないかと、私は思っています。
     そういう意味でギリシャ語から読んで行かないと、善意であれども翻訳者によってゆがめられてくる可能性があるからです。
     というのは、デモクリトス解釈の方が爐錣りやすい瓩らであります。


     P.S.
      最近発見したのは、トマス・モアの『ユートピア』に出で来る人たちの名前はギリシャ語をラテン流に読んで皮肉った名前だということです。
     たとえばポリロレス人は、ギリシャ語の「πολυς ληρος」(= much nonsense)を、ラテン語にしています。
     そもそも「ユー・トピア」もギリシャ語の「ου τοπος」(= not place)なのです。
     「トポス」と言えば、大阪の千林商店街にあった「主婦の店」安売りスーパーで、その後成長して「ダイエー」になり、また没落してソフトバンクに球団を売り渡しましたね。こう概観するとギリシャ語も近しい存在でした。

    外国語習得への道|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.07.12 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ