<< キンタロー。は前田敦子の神性 | main | 歌舞伎の伝統は「勧善懲悪」 >>

朱蒙(チュモン)最後の決断

2013.02.02 Saturday
0

     81話もある韓流時代劇『朱蒙(チュモン)』がやっと観終わりました。
     日本の大河ドラマにすると2年分もある大作でしたが、国づくりの困難をつぶさに見せつけられました。
     外国の侵略に抗しての「国づくり」という視点のドラマは日本には皆無です。
     日本では「天下統一」を目指してのたたかいを描くことに集中されます。
     
     「朱蒙」は、扶余(プヨ)の国の王子だったことは前回のブログで書きましたが、異母兄らにいじめられ、後継者争いのため殺害されようとしました。
     チュモンは、出生した国を捨てて、かつては古い朝鮮民族の国で今は漢に支配されている土地を奪還して新しい国、高句麗(コグリョ)を建国します。
     自国を出るまでの苦難と建国の苦渋を余すところなく描いたのが、韓国で人気で、かつ日本でも人気の時代劇です。
     
     扶余の国にいるときイェソヤ姫と結婚し息子のユリをもうけましたが、扶余の影響の薄い地域をまとめ、漢の侵略を退けるため扶余にに置いたまま出国していたのです。
     そのたたかいで、扶余の敵にされたチュモンの妻子は人質となり、脱出しようとして命を落としたかのように見えました。
     諦めたチュモンは、若いころからの思慕の人でもあり、また高句麗建設に多大な影響を与えた商団のソソノ女性君長と政略結婚。 
     建国事業が軌道に乗ったそのときイェソヤ夫人と息子ユリが存命していることがわかります。時は建国以来10年以上たち、放置されたままの夫人と息子は賤民に身をやつし、息子は盗賊団として活躍していました。
     ここまで落ちぶれた夫人と息子を思いやってコグリョ城に引き取るのはよかったものの、チュモンの正妻となったソソノの連れ子との確執が大問題になります。
     ソソノは、扶余の第一王子テソに結婚を迫られたため、その強圧から逃れるため同じ商団のウテと結婚し、ピリュとオンジョをもうけたものの、ウテは賊に襲われて戦死していたのでした。
     正妻の2人の王子と元の妻の息子ユリ。
     王権争いはすでに扶余の中でチュモンが死ぬほど苦しんだ問題でした。
     それを察してソソノは息子とともにコグリョを出ることを決意します。朝鮮南方にまた息子とともに新しい国を建国するためです。
     チュモンは苦渋の決断を下し、ソソノの意思を尊重します。コグリョの心臓ともいえる鉄器博士モパルモまで同行させて、チュモンの深い思いやりを示しました。
     これがチュモンの最後の決断でした。
     
     ここからわかるのは、恐ろしいほどの謙譲の精神です。チュモンがソソノと結婚してイェソヤが身を引いたのと同じように、ソソノはイェソヤが入城して身を引いたのです。
     ソソノの子どもたちは奮起して百済(くだら)などを建国します。イェソヤの子どもは高句麗をさらに発展させます。
     今の朝鮮は皆兄弟なんだ!!という強いメッセージが伝わってきました。
     侵略者・漢の手先であるヤンジョンを捕まえ殺すシーンに侵略を許さない憎悪を強く感じました。
     さらに、高句麗が漢を倒す野望までもっていたなんて、一筋縄ではない支配欲もあったのです。
     あくまでもフィクションの「朱蒙」(チュモン)ならではのアピールでした。

    超約 韓流時代劇|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.07.12 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ