<< パリは燃えている | main | ジャルジャルが評価されない理由 >>

プロ野球契約更改での要求の正統性

2015.12.06 Sunday
0

     以下は、yahoo!ニュースからとった記事ですが、これらの要求は「珍要求」としてニュースになっています。
     しかし、これらは「珍」でもなんでもない普通の要求ではないでしょうか。
     年間で見れば高給取りの選手ではありますが、こんな条件の下で働かされているのには驚きます。
     また、虫駆除やランチの提供などは契約更改の一大事のときでなくても、普通に組合が取り上げるとか、フロントが気を使うとか、そういう態度があってもいいような代物です。
     この要求は氷山の一角ですが、まさに普通の人権が保障されていない選手の実態が垣間見えるニュースでしたし、何か言ってはいけないような雰囲気を醸し出す報道態度で、怒りさえ感じます。

     すぐできないとしても、要求実現プログラムを経営者は持つべきですね。



    【虫駆除】 
    14年DeNA・林は本拠横浜スタジアムのブルペンの虫駆除を要望。「夏場は凄く虫が飛ぶ。どうにかしてほしい」

        ・・・・ブラックな農場で働かされているような現場です。


    【球速表示】
    10年楽天・永井は「投げた後に(スコアボード表示を)振り返る投手がいる。一球一球見てるバカもいる」。同期入団の後輩・田中をちゃかし、バックネット裏の新設をアピール。

     ・・・・競技に集中できるように施設整備するのは球団の側の配慮です。


    【入場料値下げ】 
    04年中日・福留、同横浜・佐伯、12年中日・山井ら。福留は「首位を走っているのに、お客さんの足が遠のいている」。

     ・・・・球界全体の問題として、球団・球場関係者は考慮すべきと思う。


    【自主トレ用ランチ】 
    06年巨人・上原は、オフ期間のジャイアンツ球場での昼食提供を要望。「食事があれば自主トレする若手も増える」

     ・・・・若手対策や今では普通の「社食」はアスリートには必要不可欠。オフ期間になかったなんて聞いて驚きです。


    【サプリメントバー】 
    14年阪神・藤浪はプロテインなどを自由に摂取できるコーナーの導入を熱望。「日本代表(侍ジャパン)にプロテインバーがあって充実していた」

     ・・・先進的な設備を常に整えることに、関係者は経営的にも配慮すべし。

    スポーツしよう|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ