<< 世界一への執念と少数派 | main | TPPとPPAP=TPPAP? >>

ングギ・ワジオンゴの夢

2016.10.13 Thursday
0

    JUGEMテーマ:読書

     

     ングギ・ワジオンゴ氏。

     今年はノーベル文学賞の第一位に予想されています。

     村上氏は2位予想。文学賞はとかく「抵抗者」に与えられがちになっています。

     その方向性から行くと、やはりケニアのングギ・ワジオンゴに与えられそうです(間違っていたら御免)。

     だだ、どういう活動をしてきたかがあまり日本に伝わってきません。ネットでも、著名なアフリカ独立運動家3人分を文学で一人でやりあげた人というくらいです。

     一度だけ彼の講演を直接聞いたことがあります。また、その後、直接会って挨拶した記憶があります。

     そのとき、政府の弾圧にあって腕や足に傷があるところを見せていただきました。

     あの時なぜ、政府がこんな普通な人を傷つけるほど弾圧するのか、意味が分かりませんでした。

     まだ、自分が政治的にも精神的にも成熟していない時期だったのでしょう。

     『Burning Grass』(英語版)、『一粒の麦』などを読んでももう一つ意味が分からないかつての自分でした。

     

     あれから三十数年余、こんなノーベル賞候補になっているなんて夢にも思わなかったです。

     蔵にしまってある図書をまた引っ張り出して、読んでみてみなさんに報告しますね。

     

     

    P.S.

      ・・・君とよくこの店にきたものさ

        わけもなくお茶を飲み 話したよ

        学生で賑わった この店の

        片隅できいていたボブ・ディラン (ガロ『学生街の喫茶店』)・・・

     

     現代の吟遊詩人ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したと聞いたとき、電気ショックが走りました。

     しかし、ムベなるかなでもありますね。賛否両論ありますが、文学賞のフィールドが広がったと言わざるを得ません。

     選考委員も若くなったのかもしれませんし。

     この調子なら、ラップなんかもノーベル文学賞になりそうです。文学賞を目指す人は少し軸足を移して考えてみるべきでしょう。

     ケニアのングギ氏もシリアのアドニス氏もいいですが、日本国憲法9条の歌もいいと思います。

     

     

     

     

     

     

    文学ディスカシォーネ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ