<< こんなところに日本人妻 | main | 公明党よ、おまえもか >>

希望の党か?失望の党か?

2017.09.25 Monday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

       また政界再編が始まりました。年末行事ですね。

     小池都知事が代表となって東京「地方」から、国政を操る手法です。

     橋元大阪府知事が取った手法と似ています。

     「希望」を語らない政党は一つもないと考えます。「みんな」の党も当たり前の命名で勝利した場合とも似ています。

     その代表は、今はどこに行ったの?です。

     小池氏が出てきた日本新党も崩壊し、党首もどこに行ったの?です。

     今回は、地方で操縦、当たり前命名という過去の二重の過ちを重ね国民から一層の政治離反を作り出すことになりかねないと思います。

     これは政治的「野合」に他なりません。政策ではなく、単に勝ち馬に乗る手法なのです。

     「希望の党」とは「先崖」であり、「失笑」「失望」の党となる運命が見えています。

     

     さて、今回の解散は、安部氏の不利を隠す総選挙だといわれています。

     豊田議員の暴言問題や、加計学園、森友学園、強姦もみ消し問題、その他、政治の私物化を隠す意味合いがあると国民は考えています。豊田氏は無所属で出馬したとしても当然落とされるでしょうし、その他の問題に疑惑のある議員もふるい落とされ、首相自ら首を切らなくても「民意」に基づいて、判断されることになるという思いのツボです。

     この解散権の乱用自体も問題にすべきだと思います。

     

     豊田氏は国会議員なのに市会議員の守備範囲より狭い地域の政治責任を負わされ、無理解な支持者に振り回されて、自分の言っていることがわからなくなるぐらい精神消耗状態だったのではないかと推測されます。

     これは、豊田氏を弁護するわけではなく、都会の小選挙区制の最大の矛盾だということも、安部氏は今回の選挙で自覚しないといけません。

     強姦もみ消し問題も、検察審査会で不起訴相当となったわけですが、会見した女性の切迫性から判断してももう一度やり直したほうがいいかと存じます。

     加計・森友問題という身から出た錆のような「忖度」問題についての国民の注視をそぐため、北朝鮮に対する態度を強硬にしてきた節があります。これは歴史的な政治家がやった手法であって、国民はそれを見抜いています。

     双方、国内で不利になっているトランプ氏と安部氏のタッグは、世界政治の構造的腐敗として、多くの学者が暴露しないといけません。そういう、世論をインターナショナルに起こす必要があります。

     「希望の党」なんかに振り回されるのではなく、しっかり国政、世界を注視したいものです。

     現在、あたかも「核戦争」というような雰囲気を醸し出しています。

     

     戦争は禁止されています。

     

     その簡単な国際的合意そのものをもっと、マスコミとSNSが発信していきたものです。

     

     

     

     

    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2017.12.13 Wednesday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ