<< 公明党よ、おまえもか | main | 自公300超え、いいのか? >>

希望の民進!?

2017.09.28 Thursday
0

     

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     今日の衆院解散を前にして、国民から見ると政党的混乱が続いています。

     ジャパンタイムズでは、沽券を維持するために希望の党は民主党とタイアップするのだ!と書いています。

     外国にいると何やっているのかというぐらいにしか見えません。

     ここ、ヨーロッパでは北朝鮮問題の異常性についてやっと気づいたようですが、むしろナチス思想の台頭と移民問題という大きな自国問題の方が切実です。

     

       そのうえ、なんと前原氏がひどい。

     無所属で出るなんてことになっている。

     これは上からの民進党解党主義の台頭です。

     小池代表を擁して新党結成という話もあり、知事を辞任し国政進出ということになっている。さらに、山口公明党代表を首班指名するという大胆で意味不明な迷妄を発信しています。

     橋元元大阪府知事が裏で、「民主・希望」密約を公然と提案するあたり、何か画策しているフィクサーがいそうです。

      実は何のことない、前原氏の反共精神に基づき、反共非自民で結集した団体が「希望の党」だということがはっきりしてきました。 

     

     快刀乱麻か、解党乱麻か(笑)

     そこで、大胆予想します。

     

     小池党首

     橋元幹事長

     前原政調会長

     細野国対委員長

     

     以上の体制の新党で、政権を奪取する。

     その暁には、

     小池総理、

     橋元副総理兼幹事長、

     前原外務大臣、

     細野財務大臣

     となる。

     

     あるいは、首班指名で山口氏を!というなら、むむっこれは面白い。

     学級委員長にしていじめるというやり口に似ていますが、創価学会が色めき立ちますね。

     体制疲労を救う救世主として細川護熙元総理の立場に似ています。

     また、ソ連崩壊後の社会党政権、村山総理の場合に似ています。

     

     山口総理

     小池副総理

     橋元幹事長

     前原外務大臣

     細野財務大臣

     

     

     これでももう、旧自民党の影。面白いジグソーパズルというべきでしょう。

     つまり、民主主義を装った反革命と言わざるを得ないでしょう。国民は自民党の内紛を見学させられているのです。

     多くのマスコミもそれに気づいていても、報道できないのでしょう。

     当分、日本も混乱します。

     最終的に、野党が自民党と共産党の呉越同舟という都政と同じ構図になります。

     政権選択というのはまやかしで、共産党と自民腐敗勢力切り捨て、同時に国民生活切り捨てということになるでしょう。

     国民は「いざなぎ景気」ばりの上っ面経済で、逆に二極分化で苦しんでいるのですよ。

     マスコミも、東京新聞のあの革命家気取りの女性記者以外、反権力はいないのです。

     頼りは欅坂46、反体制アイドルだけか、ひらがな「けやき坂」か。

     

    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2017.12.13 Wednesday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ