<< 俺は今、何党か? | main | ジェンキンスさんの死から >>

ヘクター・トルヒーヨ

2017.12.11 Monday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     ヘクター・トルヒーヨ氏は、沖縄の多重事故で日本人を救出した直後、自らは別の車にはねられて死亡した英雄です。

     アメリカ海兵隊軍曹という肩書で報道されています。

     

     人としての任務を全うしたと思います。その結果が、死という事態で終結したことに痛ましい思いがします。

     当然、日本政府からも「英雄」として扱われることを期待し、深い哀悼の意をささげます。

     

    ・・・・・・・・

     しかし、個人と組織とは違うということをここではっきり認識する必要があると思います。

     「軍隊」として日本に来たからには、人間として日本人を守ってほしいと願うのは当然ですが、最終的に軍隊は国民から乖離して、軍隊や時の政府や要人を守るだけの、反国民的な組織になります。

     沖縄戦で見た旧日本軍の所業は、軍隊が国民を守ると意識がないことを露呈し、それは沖縄の人々は代々伝えられています。

     満州から国民を守らずに早々と引き揚げたのは旧日本軍幹部だったし、中国侵略の皇軍も中国人や日本人を組織として守ったという話は一つもありません。

     

     それは、アメリカ軍とてそうなのです。

     海兵隊がアメリカ内国民を救うことはないし、お笑いでありませんが、経済的に困窮する人を救うことはありえません。

     尖閣諸島や竹島侵入に対して、自衛隊の出動はなく、当然アメリカ軍の出動はありません。

     北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通っても撃ち落とすことはせず、情報提供のみです。

     日本国憲法に禁止されている「威嚇」という軍事行動に自衛隊を巻き込み、ともに演習しているのは、日本国民を守っているわけではありません。

     北朝鮮からの「漁船」の不法侵入も誰一人防げていません。

     ある人は言うでしょう。北朝鮮を「威嚇」で抑制し、その結果、国民を守っているのではないか、と。

     北朝鮮の目的はアメリカであり、追随するからついでに日本も攻撃するのだ、と言っていますから、結局、アメリカという得体のしれないものを"守っている"としか言いようがありません。

     国連事務次長が訪問してアメリカとの対話の道を切り開こうとしていますが、まだ五里霧中です。

     いずれにせよ、軍隊ではなにも解決できないのが歴史の教訓ですから、日本海のアメリカが軍隊を撤退し、対話の道を選ぶことを期待します。

     

     トルヒーヨ氏の死亡で、様々な議論が巻き起こると思いますが、軍隊賛美につながらないように注意をしないといけません。

     

     

     

     

    正義・道徳|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2018.01.17 Wednesday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ