<< ヘクター・トルヒーヨ | main | 阿蘇の火砕流が伊方原発に!! >>

ジェンキンスさんの死から

2017.12.12 Tuesday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     曽我ひとみさんの夫で拉致被害者の一人だったジェンキンスさんが亡くなりました。

     北朝鮮が拉致した人間を無理やり結婚させた象徴でした。

     

     彼の証言によると他国の人も同じように結婚させられていたというから、北朝鮮の残虐行為はワールドワイドです。

     日本軍も朝鮮人を屑のように扱ってきたので、「拉致」して連れてきたでしょうが、付いてきたとか、勝手に来たとか、仕事を求めてきた、という理由でまとめられています。

     朝鮮人は殴ろうが、殺そうがお構いなしだったであろうことは、関東大震災後の事態を見るなら、若い我々でも想像はつきます。歴史史料がないだけです。

     

     一時の韓流ブームは去ったとしても、そこで誇張されて示された朝鮮国民の矜持は見上げたものだと思いました。

     反日闘争や理想国家への憧憬を隠すことなく描くドラマに、日本人でさえ共感と共鳴を覚えたものです。

     

     金賢姫氏の証言では、横田めぐみさんはまだ生きているというかすかな情報があるようです。

     だとしたら、北朝鮮の"最終兵器"としての盾は「横田めぐみさん」になってしまう可能性があります。

     横田みぐみさんの両親は、トランプ大統領に戦争だけはやめてくれと言いたがっていたようですが、言いそびれたとも言っています。それだけ戦争が迫れば人質をいとも簡単に盾とする可能性が出てきます。

     

     ICANのノーベル賞受賞演説の最初の攻撃ターゲットはアメリカだったように、アメリカこそ最初に核兵器廃絶に向かうべきなのです。

     |詫襪箸らべて、核兵器ぐらい管理されている兵器がないぐらいなのですから、すべての核弾頭をまずは外すべきです。

     同時に、北朝鮮周辺での軍事演習をやめて撤退することです。

     この二つはすぐにでも大統領の強権でできることです。

     だいたい、違法な核兵器使用はしないと国防長官が証言しているくらいですから、アメリカを含む核保有国など以外の国が結んだ国際法で、核兵器使用違法となっているのに、その国際法は認めないからとって使用できるわけありません。

     それ以上の美辞麗句・醜辞悪句は無用の長物です。

     国際法で禁じた以上トランプ氏はもうすでに敗北しています。もし核兵器を使用したら刑務所で終身刑か、死刑の判断がくだされます。

     フセイン元イラク大統領でさえ死刑なのですから、核兵器使用で死傷者多数という事態になれば、当然、極悪人として死刑、歴史の教科書にはヒトラーと同じ扱いになるでしょう。

     

     ジェンキンスさんは、アメリカ軍人として最高司令長官の大統領をどのように評価していたかわかりません。ただ、拉致被害者を救いたい思いだけは人一倍強かったろうと推測したいのです。そのためには、アメリカの“古い名誉”を捨て、“名誉ある撤退”を選択すべきなのです。

     

     

     

    世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2018.09.14 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ