<< 佐川氏証人喚問の前に | main | 女性、土俵に上がる >>

中朝会談後の政治設計

2018.03.28 Wednesday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     中国の習近平氏と北朝鮮の金正恩氏が電撃で秘密裏に会談を交わし、「朝鮮半島の非核化」を約束したと言います。

     

     これは、訪問が電撃的であると同時に、その内容が電撃的過ぎて、にわかに信じられないという人も多かろうと思います。

     それもそのはず、北朝鮮は核弾頭ICBMを最近まで製造しつづけてきたし、中国も核大国の一つで核兵器を抑止力として推進する大国であるからです。

     

     君たち、何を呆けたことを言っているのか。

     

     と問いたくなる内容なので、正確に会談の内容が伝わっていないのではないかと勘繰るほどのニュースです。

     

     もし本当に、本質的にこの会談内容が正しければ、核兵器をなくすことを金正恩氏は考えていることになります。

     先日のブログでも予言したように、核抑止力は中国に頼り、北朝鮮は核放棄の代わりに、在韓米軍撤退を主張してくるはずです。

     そうなれば「三方一両損」または「三方一両得」ということになりはしないか、と思われます。

     アメリカの財政を考えても、在韓米軍撤退で約5000億円浮くことになり、アメリカも最近の恒常的窮地をまぬかれることになるからです。

     

     困るのは、在韓米軍撤退の肩代わりに日本のさらなる負担を迫ってくる可能性があることです。

     政治的にももっとも苦しい時期の安倍政権の間に、中国・韓国・アメリカ・北朝鮮で東アジア安保体制の枠組みを決めてしまうことになれば、「置き去り」の国として歴史的にも恥じる事態になるでしょう。

     日米会談の時期が、4月半ばと確定したということは、同盟国として、この「置き去り」解決のための花持たせの方法をアメリカと相談するという密談も想定されます(これは拉致被害者の関連で語られるはずです)。

     

     しかし、いずれにせよ、心憎いのは金正恩氏です。

     この負のキーパーソンがいなければ、すべて解決できないのですから、ノーベル平和賞受賞もちらついてきます。

     

    p.s.

       本当に平和的解決が米朝でなされるならば、東京発シベリア鉄道という夢もかないます。ロシアにとっても凄い会談となりましょう。

     韓国・北朝鮮会談も、日米会談の後の4月27日となった模様で、今後の東北アジアは時々刻々目が離せない状況です。

     この分では、北朝鮮がロシアへの、あるいは逆の電撃訪問も実現してしまいそうです。

     日本よ、遅れるな!!

     

     

     

     

    世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2018.05.18 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ