<< 空飛ぶ車を救急車に | main | 週刊新潮の反共主義 >>

桜桃小丸子byさくらももこ

2018.08.28 Tuesday
0
    評価:
    TVサントラ,ManaKana,KinKi Kids,DELiGHTED MINT,LOVE JETS,まる子,たまちゃんのお父さん,友蔵,山根くん,B.B.クィーンズ,野口さんwithまる子&ハマジ
    ポニーキャニオン
    ¥ 2,346
    (2004-10-20)

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

     

     「ちびまる子」の作者さくらももこさんが亡くなったとの報道がありました。

     作中のちびまる子の姉の声優も乳がんで亡くなったと聞いているので、これは偶然でしょうか。

     さくらももこさんもちびまる子もファンだった西城秀樹も最近亡くなりました。これも偶然でしょうか。 

     

     ともかく、漫画だけでなくエッセーも面白くてよく読んだものでした。

     この漫画の良いところは、普通の家族が三世代で地方都市の清水市に住んで、ばかばかしく愛おしい日常を楽しんでいるところです。それは、サザエさんにも通じるものがありますが、「地方都市」という現代性が好評を博した原因です。サザエさんは東芝事件で味噌をつけたし、東京のどこを探してもあの昭和の昔の世帯は見受けられないようになったのと対照的です。

     

     みんなで東京に出かけると言っては喜んだり、東京に行けば芸能人に会えると狂喜したり、その芸能人は坂田としお(アホの坂田)だったりするのです。

     ちびまる子は「うらら、うらら」を歌い、ヒデキに感激したり、ちょっとした駄菓子屋の菓子に一喜一憂するという次第です。

     「コマネチ」のたけしや青い髭剃りあとのナガシマも登場し、深い感傷に浸ります。

     

     家族も友達も普通の人間なのにまる子に振り回され、いや逆にふりまわされ、それぞれのキャラを発揮し一人ひとりの違いを明確にします。

     野口さんが笑ったり、花輪君が気取ったり、ももぞうじいちゃんがドジをしたり、ありそうな話をデフォルメしつつ本質に迫っています。

     

     エジソンは偉い人 そんなの常識   ・・・・おなかが減ったよ!

     

       これだって、書けないキュービックな歌詞です。

     

     現代の清少納言の名前にふさわしい、さくらももこさんでした。

     

     桜桃小丸子は、ちびまる子のことを中国語でこのように書くらしいです。

     

    マンガにメーション|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2018.10.19 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ