<< 米国中間選挙考 | main | やっちゃえ! NISSAN >>

来た!! ボヘミアン・ラプソディ

2018.11.12 Monday
0

    JUGEMテーマ:映画

     

     この映画は最近公開された世界でも有名なロック・グループ「QUEEN」の結成から、ボーカルのフレディ・マーキュリーの死までを描いたものです。

     個人的には、経歴について色々と知っていたので、もっと大河ドラマっぽいのを期待していたのですが、あまりそれを求めないにしても社会性に乏しい映画になりました。

     ラストの方で、ゾロアスター教の父に善き事をせよという言葉どおりに、アフリカ・エイド・ライブに出演、大きな共感を呼びました。

     このブログでも漫画家の松本零士氏が絶賛している「ボヘミアン・ラプソディ」のCDを宣伝しているように、私の基調に流れる精神というか通奏低音は、この社会性であることは間違いありません。

     

     テレビの映画紹介では、最後の20分はみんなロック会場にいるほど興奮するぞ、という前宣伝でしたが、観客層は壮年が多く(QUEENはそういう世代のスターでしたが)落ち着いた雰囲気でした。だれしも、ビートルズの集団音楽に飽き、フレディー・マーキュリーの高音にしびれた世代なのです。

     

     そして、彼の名を高らしめた社会性のある「ボヘミアン・ラプソディ」は、謎に満ちつつ、英国の現実社会を色濃く反映した含蓄がありました。

     

     一人の青年が銃で人を殺してきたと母親に告白する

     刑務所に行く際の心境

     その現実と向き合い気がおかしくなる

     優しい「ママ」、ううう!

       もうみんなと会えなくなる

     夢うつつかもしれない

     ガリレオ、フィガロ、マニフィコ・・・・いやいや

     何言ってんだ!俺

     

     「オペラ」を超える何かを求めた彼らに、社会性あるオペラティズムを作らしめたのです。

     音楽会社EMIはそのリリースを認めず、理解されないプレッシャーがQUEENにはありました。

     

     ビートルズもそうですが、社会性が曲に出てきたら終了!!

     これがショー・ビジネスの限界です。

     それより向こうは死んでから他人が作るのですから。

     

     この作品についての感想は以上です。

     

    p.s.

     

      第91回アカデミー賞で5部門にノミネートされた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、2019年1月22日までに累計興行収入100億4168万7580円、観客動員727万904人に到達!!

     

     

     

     

     

     

     

    映画談義のパラディソ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ