<< 科学12の大理論にマルクス | main | 中国共産党員 = 勲章!? >>

領土不拡大原則はどこに?

2019.01.21 Monday
0
    評価:
    不破 哲三
    新日本出版社
    ¥ 864
    (1998-01-01)

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

      ロシアとの交渉が迫る中、なぜか“北方領土”2島返還という話が政府内では先行しています。

     理由は4島返還が現実的ではないということらしいですが。

     

     しかし、そもそも論を語ると、第二次世界大戦が終了するころ、世界で定められた「領土不拡大原則」を唯一踏みにじった旧ソ連が日本領土だった千島列島を占領してそのまま現在に至ったのです(カイロ宣言、国連憲章参照のこと)。

     

     だから、その議論を抜きにして2島とか4島という話にはならないでしょう。もともと、領土不拡大原則を踏みにじったスターリンなどの思惑で、サンフランシスコ平和条約2c項で日本政府みずから「千島列島」を放棄したことになっているので、サ条約内で日本政府が返還を求めるのは矛盾しているのです。

     ところが、安倍政権、いや自民党政府は歴代、この話を抜きにしたまま交渉してきた結果、ロシアの思うまま顔色をうかがいながら交渉することになったのです。

     

     政府内部がいう「現実的な」対応を言うなら、この当たり前の交渉をすることが「現実的」なのです。それが、世界で通用する交渉というものでしょう。

     もし、ここでロシアに屈するならば、民主世界の敗北になってしまい、後世に禍根を残すことになるでしょう。

     

     実効的に支配してきたロシアも、その反省なしに戦争の火種を残し、侵略の口実をつくることになってしまいます。

     旧島民の願いや、現ロシア住民の願いは別に聞き入れることが大切ですが、原則論も理解させる必要があります。

     そのことを怠っては本質的な平和は訪れないということに留意すべきです。

     

    p.s.

       2019年1月23日、ロシアのラブロフ外相は日本は第二次世界大戦の結果を唯一認めていない国だと批判しています。千島列島返還を求めることは国連憲章違反だとも主張しています。ラブロフ外相は「千島列島返還」を言い出したとたん、少し噴出した雰囲気で述べているので、日本政府がいかに国際的議論を踏まえていないということがわかるシーンでした。

     そうです。

     旧ソ連が千島列島を占領したことを前提に国連憲章が作られているわけですから、その前の政治原則、領土不拡大原則を踏みにじったのは旧ソ連ですよ、という反論なしに返還請求できないことがいよいよ明確になったと思います。

     

     そうです。

     

     

     

    世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ