<< 領土不拡大原則はどこに? | main | 超富裕層26人で世界分割 >>

中国共産党員 = 勲章!?

2019.01.22 Tuesday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

      書くのが遅くなりましたが、先日のテレビ朝日の報道ステーションで、キャスターが中国IT企業ファーウェイのCEOにインタビューしていた内容が気になりました。

     今、問題になってるファーウェイ・カナダの副社長(CEOの娘)がアメリカ当局の要請で逮捕され軟禁状態になっていることとの関連でインタビューしたものと思われます。

     この中で、私はCEOの企業や逮捕に関連するインタビュー内容はともあれ、中国共産党についての発言が気に障りました。

     「中国共産党員」であることを強調してインタビューに応じるすがたは、“誇らしく”、世界に報道されることに自信をもっているという様子がよくわかりました。

     GAFAも恐れる5G技術をもつファーウェイの権力者であるCEOが「中国共産党員」である!!!

     しかも、それを活動の源泉とするような態度が、世界にないので驚きを隠せません。

     

     よく考えてみると、ロシア大統領だったエリツィンが旧ソ連時代にソ連共産党員だったことを隠さず語っていたのを思い出します。 

     マルクスの著作の一部を暗唱して入党したということでした。

     

     ところが。

     アメリカや日本では、「共産党員」であることは最大のマイナス要因であり、差別の対象になっています。その差別について永く裁判で争わないといけないくらいなのです。加えて、偏見の対象にもなります。

     もし大企業のトップが日本共産党員だったら!!

     テレビの「モニタリング」でも企画してほしいくらいの内容です。

     政府内、企業内、芸能界の「共産党員」はマッカーサーシズムの対象なのです。

     

     中国では「共産党員」であることが勲章であり、まるで紫綬褒章でももらったのように誇示し、国家に忠誠を尽くすのです。

     誰が共産党員であり、後援会員であり、サポーターであり、シンパであるか。

     それを暴くことは人類に対する罪であることを忘れてはなりません。

     それは思想信条の自由を保障する日本国憲法が最終的に擁護してくれるはずです。

     中国では、主張することで国家の擁護を期待しているのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ