<< トルストイ『復活』のマルクス | main | 安楽死の特集に怒り >>

参院 福井、高知・徳島、鳥取・島根の英断

2019.05.30 Thursday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     参議院選挙区の野党統一候補が決まりつつある中、驚くべきは福井選挙区と高知・徳島選挙区、鳥取・島根選挙区の統一候補が「日本共産党」の候補者であることです。

     これは歴史的に見ても、政治史的にみても、驚くべき事態であることを国民は認識すべきです。

     やがて、教科書に書かれる典型になるでしょう。

     福井、高知、徳島と言ったら東京・大阪から考えると人口も少ない「田舎」であって、反共偏見も根深いところだという認識が一般でしょう。

     そこに、「共産党」の候補者が野党統一候補として推薦されているというのですから、自民・公明は驚愕していることと思います。

     大都会での統一候補に共産党を押すということはなかなかできないかもしれませんが、政策共闘などで統一戦線を張っていくことが、今の安倍政権を覆していくには必要ですし、可能性はあります。

     

     

     この共闘で、今回の統一候補模索で、「共産党」とまともに話し合うという事態は、「安保法制」の闘い以来、積極的に行われているわけですし、水面下ではもっと前から善意の政党人なら「共産党」ともまともに話し合ってきたわけです。

     どうしても、「戦前」、「旧ソ連」、「中国」というイメージがあり、あらぬ「反共攻撃」のおかげで偏見の泥にまみれている「共産党」ですが、実際にあってみたらそれほどでもない、あまりにも普通ということが分かると思うのです。

     

     ざっくばらんに、天皇制や自衛隊、アメリカとの関係、中国との関係について聞きましょう。攻撃のなかで鍛えられ洗練された答えが返ってきますよ。きっと。

     「なんとなく自民党」とか、「親が公明党だから」という感じはもう古いのです。

     新しい「令和」というなら、このイメージから抜け出すことが「新しい」のです。

     

    p.s.

       この点に関連して、2019年7月の党首討論では、総理は枝野氏(立憲民主党党首)に、福井県で「共産党に入れるのか」と問いかける「人格を貶める」発言をして大ヒンシュクを買いました。後世のために記録しておきます。

     

     

     

    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ