<< 頭から血 | main | 決勝はマンチェスター・ユナイテッドvsリガ・デ・キト >>

建長寺朗読会

2008.12.20 Saturday
0

     建長寺に行ってそういう会の看板が、塔頭・同契院にあったのを覚えています。鎌倉春秋社からこの会の200回を記念して「子どもに伝えたい日本の名作」という本がでました。

     ここで宮沢賢治「よだかの星」から井上ひさし「ブンとフン」まで3年かけて朗読しました。なかには角野栄子「魔女の宅急便」もあり、多彩です。関東学院大学学生もボランティアで関わっていることも知りました。ちなみに、角野栄子は、今、鎌倉に住んでいるそうです。あの空とぶ少女キキが目に浮かびます。鎌倉文学館で魔女展を開催していたのはそのせいかとも、勝手に思いました。

     太宰治「走れメロス」の一節に関して、「メロスには政治がわからぬ」「けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった」。こういう人々との連帯、また、自分たちのなかにある不明を探る必要を思いました。

     夏目漱石「吾輩は猫である」の一節については、「ニャーニャー泣いていた事だけは記憶している」。こんなところまで記憶させる表現に込められた逆説的洞察に感動しました。

     鎌倉で書いた芥川龍之介「蜘蛛の糸」の一節、「いろいろ悪事を働いた大泥棒でございますが、それでもたった一つ、善い事を致した覚えがございます」。私の内心の鏡のような表現とその世界普遍性に私は驚嘆しました。

     そしてそれらを子どもたちに届けようとされる方々の努力に感服いたします。

     

    p.s.

     2018年9月、「魔女の宅急便」を書いた角野栄子さんはアンデルセン賞に輝きました。

    建長寺とは長く付き合いたいものです。

    鎌倉歴史文化研究所1|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2018.10.19 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ