<< カンゴロンゴ的「第二次補正予算は何故悪いか」 | main | 「ガンダム」が講談に!! >>

パッくんと米軍

2009.01.27 Tuesday
0
    パッくんことパトリック・ハーラン氏は、お馴染み「英語でしゃべらナイト」の人気者です。パッくん・マッくんで売り出した漫才コンビの一人でもあります。先日、パッくんの実家訪問という番組内の企画で、押切もえさんでなどが訪問しました!何と10歳から8年間も新聞配達をして母子家庭の家計を支えたというのです!また、別の企画ではアポロ11号で月面着陸したバズ・オルドリンをインタビューしたとき、父親は空軍パイロットだったと言ってました!苦学してハーバードに行ったイメージと軍隊のイメージがあまり合わなかったけれども、All or Nothing、Winner gets allの国を感じました!アメリカは軍隊が身近なんでしょうね。何らかの形で経済的に生活と密接に存在するのでしょうね。日本では、テレビでは政治問題がからんであまり父親が自衛隊だとは言いにくい雰囲気があります。
    テレビーノTV|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ