<< Newsweekのこと | main | 金融危機とマクドナルドの反比例 >>

教科書のスティービー・ワンダー

2009.02.05 Thursday
0
    評価:
    スティーヴィー・ワンダー,ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー
    ユニバーサル インターナショナル
    ¥ 1,470
    (2006-01-25)
    【ディスク1】
    1. イズント・シー・ラヴリー(エディット) (3:19)
    2. 心の愛 (4:22)
    3. 迷信(4:00)
    4. ハイアー・グラウンド (3:07)
    5. 愛するデューク (3:52)
    6. マスター・ブラスター (4:49)
    7. エボニー・アンド・アイボリー (3:40)
    8. アップタイト (2:52)
    9. 汚れた街 (3:40)
    10. サンシャイン (2:56)
    11. レイトリー(4:05)
    12. パートタイム・ラヴァー (3:42)
    13. マイ・シェリー・アモール (2:51)
    14. イエスター・ミー (3:04)
    15. 太陽のあたる場所 (2:49)
    16. フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ (2:47)
    17. ステイ・ゴールド (3:33)
    18. オーヴァージョイド (3:42)
    19. フォー・ユア・ラヴ (4:03)
    20. キス・ロンリー・グッバイ(シングル・ヴァージョン) (4:08)
    21. リデンプション・ソング (3:47)
    コメント:いいねえ。愛とソウルを感じる。

    スティービー・ワンダーは、オバマ氏の就任記念コンサートで歌いました。盲目の詩人・歌手に多くの希望を見た人は多いでしょう。以前、日本の電話のコマーシャルにも使われていました。最近、中学2年生の英語の教科書を見る機会がありました。そこに、スティービー・ワンダーの「I just call to say I love you」が掲載されていて驚きました。いつも、カラオケで歌っていたナンバーなのです。いい歌なので歌うのですが、中学生も歌うのですね。内容的に簡単なので歌いやすいし、英語を学ぶ観点からも良い教材ですね。その他には、ジョン・レノンの「stand by me」が掲載されています。最近は、I just mail to say I love you ですが。 

    学習・教育・文化論|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ