<< テポドン発射の不安材料 | main | 核兵器から物理学学習 連載1 >>

つみきのいえ

2009.02.08 Sunday
0
    評価:
    長澤まさみ
    東宝
    ¥ 1,626
    (2008-10-24)
    コメント:国立新美術館の展示で見ました!フランス・アニメかなと思っていたら日本人の作品で、あれよあれよとアカデミー賞をとってしまいました。
    Amazonランキング: 1361位
    Amazonおすすめ度:
    レイトショーで観たかった。
    人生それは旅、そして満ちるもの
    過去の思いでがよみがえる

    アメリカで短編アニメ部門のアカデミー賞にネミネートされている日本人によるアニメです。文化庁メディア芸術祭の大賞にもなってます。六本木の国立新美術館に今、展示されてます。この文化庁メディア芸術祭は、数々の名作を輩出してますので、いつも初日に行くように注目してます。先端技術と芸術の結合という点は他にない展示です。先端的なので、意味を理解するのが自身の能力を超えているものもありますが、そのなかでも、地球儀型映像スクリーンは何かの利用を考えられます。「つみきのいえ」は、終始無言劇なので世界に通じます。一人の老人が洪水で水がついて浸水しても自宅にすみ続け思い出に浸りつつ生きます。些事に追われて地球温暖化を考えない人々を揶揄しているように思いました。ただ、この表現は新国立劇場で中国人作家のなんと言いましたか、散髪をして世間話をしているうちに水に浸かるっていう劇と同じですね!こちらは本当に水に浸る点が違います。両方とも2年ほど前の作品ですから、地球環境問題が盛んに議論された頃ですね!しかし、告発
    と冷笑だけではまだ本当に解決しないのです。これらの芸術には最大限の賛辞を寄せつつ、提言という視点が欠如している歴史的限界を感じます。地球温暖化の8割の原因である大企業を告発する勇気は芸術の対象だと思います。映画「エリン・プロコビッチ」は大企業を告発する勇気を描いた名作です。ともに考えたいですね!
    マンガにメーション|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ