<< ルーブル美術館展を観る | main | 光の二重性格 連載30 >>

弘兼憲史のマンガ「マルクス経済学入門」

2009.03.11 Wednesday
0
    評価:
    弘兼 憲史,的場 昭弘
    幻冬舎
    ¥ 1,365
    (2009-02)
    コメント:全共闘っぽいのです。でも、ソ連はマルクスに従っていなかったという認識に到達している点で他にないのです。会社の幹部に「資本論」を薦めるのは現実ばなれしています。
    島耕作がマルクスかよ
    マルクスの予言
    これではマルクスに入門できないぞ!!

    200903101715000.jpg
    島耕作がマルクスを説明します。これはなかなか良い本です。マルクスはマルクス主義ではなく、生き方を「闘争」と描いている点で、他のものとは群を抜く解説です。マルクス・レーニン主義はマルクスの思想と違うのかと、わなわなと震える絵になっていたりするのが、すごいのです。搾取の3パターンや、環境破壊の原因を資本の節約としていたり、何より資本家の利潤の源泉が搾取にあることが明快です。マンガの主人公・島耕作が経営陣にマルクスを説明するところが面白いです。
    マンガにメーション|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ