<< 池上彰の「資本論」解説 | main | 国立能楽堂 >>

浅尾大輔推薦本『大搾取』

2009.08.02 Sunday
0
    評価:
    スティーブン・グリーンハウス
    文藝春秋
    ¥ 2,200
    (2009-06-25)
    コメント:ここまで言って委員会。内部留保を労働者に還元する会社。ほんとうにあるのですね。「搾取」の科学的規定をしっかりしてほしい。

    この本は、ニューヨークタイムズ記者グリーンハウスさんが書いた本です。
    千葉新聞の書評欄で知り早速パラパラ読んでみました!
    書評を書いているのは、なんとあのロスジェネ編集長だった浅尾大輔氏でした。解説は「年越し派遣村」の村長だった湯浅誠氏が書いてます。
    書評で目についたのは、内部留保を非正規労働者の福利厚生に使っているという経営者がアメリカにはいる!ってところでした。
    それは初めて聞きましたので、早速書店に走った次第です。
    アメリカは抵抗に対しては脅し、労働組合の組織率は1割程度など、民主主義にはあり得ない現状です。 アメリカ的帰納法で語られるので、少々読みづらいですが、まあ、オバマ氏の著書も似たよなもんです。 限りなく具体例が羅列されるため、ある程度の初歩的知識が必要ですが、その些事を捨象すれば、内容は簡単なのです。
    雇用を守れっつーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ