<< マイケルからのメール | main | 二科展への憂い >>

コンテンポラリー「三番叟」

2009.09.08 Tuesday
0
    池袋「あうるすぽっと」で二日間だけ行われる、野村万蔵の伝統狂言とコンドルズの近藤良平のコンテンポラリー狂言です。
    伝統狂言では、五穀豊穣を祝う農耕の踊りです。足を踏みならすのは地固め、鈴を振るのは種蒔きの表現だと言われてます。
    コンテンポラリー狂言の方は創作ダンスのようですが、一定の摺り足とリズムは継承してます。
    近藤良平と言えば、サラリーマンNEOのサラリーマン体操の振り付けや最近では野田秀樹の演劇に協力したり、ニュー盆踊りを池袋で披露したりと忙しいダンサーです。
    この伝統と革新の橋渡しを見ました!
    一体これは??
    言葉では表現できない身体活動です。根源となる農耕とどうつながるのかと、一部始終を眺めていましたら、カエルや龍のぬいぐるみを段ボール箱から取り出したりしたので、うーん( ̄〜 ̄;)これが豊穣への祈りなのかなぁ、などと思いながら見てました。
    真面目なのか、不真面目なのか、まさに狂った表現としての「狂言」を見たように思います。
    今の農政のデタラメとそれでも土地から離れることができない農民が狂いだして、虚構の祭りを開催していることを抽象化したものと解釈します。
    演劇はサクレ・クール|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ