<< 浜林正夫「世界史再入門」その2 | main | 龍口明神社の五頭龍伝説 >>

ベルギー幻想美術館という展覧会

2009.09.13 Sunday
0
    ベルギーはチョコレートやビールなど魅力的です。
    渋谷文化村のザ・ミュージアムでは、「ベルギー幻想美術館」という展覧会を開催しています。
    これは兵庫県姫路市立美術館のコレクションのなかからベルギーの画家の作品を集めた展覧会になっています。普通、海外や個人も含めて作品を集め展覧会を開催するのに、一つの美術館からもってきたベルギーの作品が並んでます。
    それほど、姫路市立美術館はベルギー作品を収集していたことに驚くと同時に、文化村の方も経営的に大変な台所になっていることを憂えます。
    シュールリアリズムのマグリットや世界の醜悪を皮肉ったアンソールの幻想が楽しめるうえ、あまりみたことがないベルギー画家がそうそうと展示されています。
    とくに印象的だったのは人間を描いた絵画です。
    クノップフやデルヴィル、デルヴォーはちょっと形式的ではありますが、面白い人間表現です。産業革命や女性の進出が影響したものでしょう。デルヴォーの女性の目が非常に大きいのが目に焼き付きました!
    東郷青児美術館でも、ベルギー展をやっているようで、ベルギーはやりなのかなぁ。
    美術を歩こうよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ